コピー完了

記事TOP

おすすめの法律系資格6選 | キャリアアップ・転職につなげるためには?

最終更新日:
キャリアアップや転職のためには、資格を取得しておくと確実に有利になりますが、実はキャリアアップや転職に「有利になる資格」と「有利にならない資格」があります。 有利になる取得すべきおすすめの法律系資格の難易度や合格率、どんな仕事に活かせるのか、またおすすめの通信講座を紹介しています。

法律系の資格とは?

キャリアアップや転職を考えたときに、アピールポイントのひとつとなるのが資格です。その中でも法律系の資格は、より複雑化していくグローバルリスクに対応できる資格として需要が高く、キャリアアップや転職に有利となる資格です。

ひと口に法律系の資格といっても、行政書士などの士業もあれば、ビジネス実務法務検定のようにビジネスで必要な知識を確認できる資格もあります。

「宅地建物取引士」「行政書士」「中小企業診断士」「社会保険労務士」「ビジネス実務法務検定」「弁理士」の6つの法律系の資格について説明しています。

>>>人気の転職エージェントランキングTOP3をチェック

資格を取得すべき理由

キャリアアップや転職という目的があるのであれば、資格取得も方法のひとつです。今までの経験やスキルに加えて、資格という第三者の評価がプラスアルファとなって強い武器になります。

世の中にはさまざまな資格がありますが、資格の価値は社会・経済の動きによって変わってきます。コンプライアンスやリスクマネジメントの重要性が認知されている昨今では、特に法律系の資格に高い需要があります。

取得すべきおすすめ法律系資格6選

資格には幅広い種類と難易度があり、どんな資格を取るべきか悩む方もいると思います。ここからは、キャリアアップや転職につながるおすすめの法律系資格について、特徴や難易度を紹介していきます。

宅地建物取引士

不動産業界の営業職が持っているイメージが強いですが、実は一般企業でも必要とされています。法律では、不動産開業の場合、1つの事務所で従業員5人につき1人以上の割合で宅建士を雇わなければならないと義務付けられています。

宅建士の業務は不動産取引をする際の重要事項説明や契約締結で、宅建士の独占業務でもあります。しかし不動産業界だけでなく、不動産を担保融資して評価する銀行や、事業拡大を予定している企業などでも宅建士が求められています。

難易度:高
合格率:15.6%(平成29年度)
試験時期:10月第3日曜日

行政書士

店舗の営業許可や遺言書、外国人の永住許可など、人々の生活に密着した「すぐに会える法律家」として、官公署に提出する書類を作成できるのが行政書士です。

会社設立や遺産分割など役所に申請する各種手続きは、資格がなければできない業務なので、独立や開業だけでなく企業内でも活躍の場が広がっています。

難易度:高
合格率:15.7%(平成29年度)
試験時期:11月第2日曜日

中小企業診断士

経営コンサルタントの唯一の国家資格です。中小企業の経営診断をして、経営相談に乗ったり解決案を提案します。

国内の企業のうち99%が中小企業なので、景気に左右されることなく活躍の場があり、独立しなくても企業内の経営に近い場所でサポートをする立場として需要があります。

試験では「経済政策」、「経営法務」、「企業経営理論」など幅広い知識を問われるので、苦手分野がひとつでもあると合格基準に達しません。一次試験と口述試験を含む二次試験があり、応用力や論理的思考力を試されるので丸暗記では通用しません。

難易度:高
合格率:一次試験は21.7%・二次試験19.4%(平成29年度)
試験時期:1次試験は10月中旬・2次試験は12月中旬

社会保険労務士

社労士は独立する方も多いですが、企業に就職している企業内社労士も大勢います。企業内社労士は、就業規則や給与規定の作成や健康保険、年金、労働保険業務などを支援しており、総務人事部門で活躍しています。

社労士の試験は相対評価のため、合格基準が何点以上かは決まっていません。受験者の上位数%が合格となるので年によってバラつきがあり、平成27年度の合格率のように2.6%という低い年もあります。

試験は基礎的な問題が多いですが、8科目と幅広い知識を求められるので難易度は高くなってしまいます。

難易度:高
合格率:6.8%(平成29年度)
試験時期:8月最終日曜日

ビジネス実務法務検定

ビジネスパーソンとして身に着けておきたい法律知識の検定です。法務部門だけでなく、あらゆる場面でリスクを察知し、トラブルや不祥事の対策をたてる時に役立ちます。

ビジネス実務法務検定には1級から3級があり、転職やキャリアアップに求められるのは2級以上と言われています。民法と商法の法律知識の出題比率が高く、ビジネスの場面で問題となる法令を中心に出題されます。

難易度:中〜高(2級)
合格率:1級10.9%・2級39.5%・6級69.0%(平成29年度)
試験時期:7月第1日曜日・12月第2日曜日

弁理士

知的財産を権利化するために、特許庁へ手続きの代理や鑑定などを行う知的財産のスペシャリストです。その他にもグローバル化を背景に、国際出願やコンサルティング業務が増えています。

また出願手続きは独立した弁理士に依頼せず、企業内弁理士が社内で完結させる傾向にあります。したがって、弁理士の資格を取ることで、キャリアアップや転職の後押しをしてくれます。

弁理士の試験は、司法試験に次いで難易度が高いと言われる難関試験で、マークシート式、論文、口述(面接)の3段階で実施されます。

難易度:高
合格率:6.5%(平成29年度)
試験時期:5月下旬

>>>人気の転職エージェントランキングTOP3をチェック

資格取得につながるポイント

おすすめの法律系資格を紹介しましたが、キャリアアップや転職に役立つ資格はどうしても難易度が高くなります。ここからは、資格を取得するために必要な学習ポイントを解説します。

スケジュールを立てる

多くの方が仕事をしながらの受験となるので、学習の時間を確保するのも大変なはずです。そのため資格合格を目標にするのであれば、合格するためのスケジュールを立てるのが効果的です。

まずは試験日から逆算して、自分が勉強に費やせる時間を算出し、学習範囲の優先順位をつけて計画を立てましょう。出題範囲が広い資格は、効率的に勉強しなければ試験日に間に合わなくなってしまいます。

eラーニングの活用

いつでもどこでも利用できるeラーニングは、働きながら資格取得を目指す方に向いている学習方法です。

口述や実技には弱いですが、比較的に安価で受けられるうえ、学習の進捗や理解度を簡単に把握できます。また最新の情報が反映されやすい点も、eラーニングを活用するメリットです。

通信講座を利用

カリキュラムが組まれた通信講座は段階を追った学習体系になっているので、学習計画がすでにできています。その学習計画に沿って学習すれば、自分で細かなスケジュールを立てくことなく仕事と両立した資格勉強ができます。

また厳選された教材は充実しているうえ、解説DVDがセットになっている場合もあるので、教材だけでは得られない効果が期待できます。

>>>人気の転職エージェントランキングTOP3をチェック

オンライン資格講座【スタディング】

オンライン資格講座【スタディング】は、通勤時間など忙しい時間の隙間で資格の勉強ができることが特徴。スマホ・PC・タブレットのデバイスを使い1講座30分程度の短い時間で学習ができます。さらに嬉しいポイントとして通信講座の価格が大手と比較して5分の1程度で安いこと。受講費用を気にせず資格勉強に集中できます。

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーは、司法試験など法律系の難関国家資格を得意とする「初学者向け」の通信講座です。リーズナブルな価格設定で、Facebookグループなどでの質問対応やカウンセリングなどフォローも充実しています。

効果的な教材探し

効果的な教材とは、短時間で出題範囲の知識を得られる教材です。書店に平積みされている教材や、合格体験談で評判の良い教材などから探してみましょう。

気をつけなければいけないことは、最新のものを使うということです。知り合いから譲り受けたものや、古本屋で購入したものは情報が古いので、使用しない方がいいでしょう。
資格によっては出題範囲が変わることもあるので、今年度出版の教材を使用してください。

キャリアを考えた資格取得を

ここまで、おすすめの法律系の資格と学習方法のポイントを紹介してきました。資格取得で一番重要なことは、どの資格を目指すかということです。そのためには、資格を取るときに「目的」を考えてください。目的がなく資格取得を目指すと、合格までモチベーションが保てなかったり、単なる資格マニアになってしまいます。

どういう仕事をしたいのか、どの立場にいきたいのか、自分のキャリアを考えることが目的を持った資格取得につながります。キャリアアップや転職をするうえでアピールポイントとなるように、自分のキャリアに必要な資格を取得を目指しましょう。

以下の記事では、法律系以外の資格についても詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

人気の転職エージェントランキングTOP3

転職活動をしている人に、人気の転職エージェントランキングTOP3を紹介します。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれに自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ

ビズリーチ(BIZREACH)

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
社会人向けおすすめプログラミングスクール7選を比較|失敗しない選び方や学習方法
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】
「とりあえず3年」転職のタイミングとしてあり?第二新卒の転職で失敗しないために