コピー完了

記事TOP

営業職の仕事内容を業界別に解説 | 基本業務・向いている人の特徴・1日の流れ

最終更新日:
営業の仕事内容とは、自社の製品やサービスを販売して売上を作ることであり、営業の存在はすべての企業にとって欠かせません。未経験でも歓迎されることの多い営業の具体的な仕事内容とは?必要とされるスキルとは?法人営業は難しいのではないか?営業ならではのやりがいや年収にも触れながら、身近な存在である営業の疑問に答えます。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 パソナキャリア 3位:ワークポート
転職後の年収アップ率60%以上の実績がある大手転職エージェント 転職支援実績25万人、16,000社以上の取引がある豊富なサポート実績 転職決定人数No.1(※1)に選ばれた50万人の利用実績をもつ転職エージェント

※1:ワークポート公式サイト参照

>>>>営業の求人も探せる転職サイトランキングをチェック

営業とは

営業とは、自社商材を顧客に販売する営業活動を行う職種のことです。企業にとっては、売上をあげるために欠かせない重要な職種です。

インターネットが普及し、情報量が爆発的に増加した昨今は、消費者や法人顧客にとっては、自分たちに必要な製品やサービスを能動的に調べ、比較、検討し、購入しやすい環境が整っています。

そのため、単に商材をアピールするだけでは商材が売れなくなってきました。つまり、昨今の営業には自社商材を使い、どうすれば顧客の課題を解決できるのかを提案・提示する力が必要なのです。

営業の主な仕事内容

営業のあり方やアプローチ手法に変化があっても、営業の仕事内容自体は本質的には変わりません。一般的な営業の主な仕事は次のとおりです。

アプローチ先の検討・決定

ひと昔前は、購入した顧客名簿などをもとに、ひたすら電話をかける、飛び込み営業を行うなどの手法が行われていました。

しかし現在では、「Webサイト運営、セミナー、イベントなどをマーケティングが主体となって行い、集客・育成を経た見込み顧客に対してインサイドセールスがアポイントを取る」という流れが定着しつつあります。

営業活動・商談・見積もり

アポイントの取れた見込み顧客のもとへ新規開拓営業が訪れ、営業活動を開始します。商談を進めるなかで、見積もりのやり取りや条件の擦り合わせを行います。

商談で自社の製品やサービスの説明に終始するようでは受注につながりません。顧客の持つ課題をしっかりと把握し、顧客とともに解決するという意志を持って信頼関係を築く必要があるでしょう。

受注・手配

最終的な受注が取れても、営業の仕事が完了するわけではありません。顧客の要望に沿うよう、納期を含めたスケジュール調整・製品手配します。

生産部門や物流部門とも連携をとりつつ、顧客の要望を満たす調整能力が求められます。

納品・請求

納品が完了したら、請求・回収の段階に入ります。受注の段階で支払条件などを明確にしておくのはもちろん、予定どおりに入金が完了しているのか、経路との連携で確認するのも営業の業務といえるでしょう。

アフターフォロー

受注を経て顧客化できた後は、顧客の成功を助けるカスタマーサクセスを行うことで優良顧客として継続的に契約してもらわなければなりません。アフターフォローが重要になるのはこのためです。

不具合やトラブルの対応を迅速に行うのは当然として、顧客の課題が解決できたのか、そうでないならばどうすれば解決できるのかを考え、提案していきます。

>営業の求人が探せる転職サイトをチェック

営業の種類

商材を売るためには、すべての営業プロセスをひとりの担当者が担うケースは少なくなっており、分業化、専任化も進んでいるといえるでしょう。

  • 既存営業(ルート営業):既存顧客を対象にした営業。より深い信頼関係を築き、優良顧客として囲い込む
  • 新規開拓営業:取引のない相手を顧客化させる営業。足で稼いでいた従来と異なり、マーケティングとの連携が進む
  • 内勤営業:新規取引先を主に電話で獲得する営業。インサイドセールスとも呼ばれ、マーケティング・新規開拓営業との連携で効率性を狙う

業界別営業職の違い

営業と一言でいっても、業界別で行う仕事は違います。業種別での営業の仕事を見てみましょう。

広告系の仕事内容

広告系での営業の仕事は、法人営業でありBtoBが中心になります。相手が企業中心であるため、一週間で見るとどの時期が忙しいといったことは特にないでしょう。
しかし、相手の取り扱う商品によって、ある月が忙しくなるということは考えられます。

仕事内容は、関係各所へのヒアリングやスケジュール管理、コスト管理などが主になります。
企業が相手なので、営業を成功させると大きな利益につながるという魅力があります。

人材系の仕事内容

人材系の営業は、サービスなどの無形商材を取り扱う法人営業です。人材業界では、新規顧客開拓のために飛び込み営業やテレアポも一般的です。そのため高い営業力が要求されます。

IT系の仕事内容

ITでの営業は、製品やシステム開発などのITに関するサービスを販売します。取り扱うサービスが専門的であるため、営業能力だけでなくIT全般のスキルも必要となります。

主に法人の元へ出向き、商品の内容や導入のメリットを説明し契約に結びつけることが仕事です。

メーカー系の仕事内容

メーカーの営業職の主な仕事は、自社の製品を売り込むことです。そのため、ほとんどの業務がBtoBとなります。内容としては、既存営業か新規顧客営業となります。

海外営業の仕事内容

海外営業は、メーカーがよく行っており、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店と取引を行います。メーカーの場合、直接現地で取引をするか、代理店や商社を挟んで取引することもあります。

日本での法人営業で求められるスキルだけではなく、語学力は必要です。また、外国人相手にもしっかりと営業のできる姿勢や気持ちも非常に重要になります。

外資系の転職に強い転職エージェントの比較はこちら

営業の一日

営業がどのような仕事か理解したところで、実際に営業職で働いている人の一日の様子を見てみましょう。実際に働いている人の一日を見ることで、仕事内容以外の部分も想像しやすくなるでしょう。

以下は一例です。

営業の一日の流れ

9:00:出社

出社次第、メールを確認します。顧客からの緊急の連絡がないか、また海外に顧客がいる場合は時差の関係で夜間にメールが来るので、朝のチェックは欠かせません。

10:00 :資料作成

夕方に行う定例会に使う資料を作成します。また、担当とミーティングを行いつつ、課題や要望、進捗状況の確認を行います。

12:00 :昼食

主にチームメンバーと昼食をとります。仕事の話だけでなく、プライベートの話もしながら交流を深めます。

13:00 :商談

顧客のもとを訪問し、自社製品の営業を行います。商談では仕事の内容だけでなく、時事ネタで盛り上げるなどによって、コミュニケーションがとても重要です。

15:00 :来客対応

社内のソースだけでは対応できない案件の場合、外部に協力を依頼し、案件の打ち合わせを行います。

16:00 :顧客との定例会

メインで担当している顧客との定例会をします。内容としては、進捗の報告や今後の方針などの打ち合わせを行います。

19:00 :会食

顧客との会食を通し、親睦を深めます。

営業の仕事は準備が重要

上記で紹介した一日の流れはあくまで一例に過ぎません。
しかし、ほとんどの営業の仕事に商談はつきものです。自分がしっかりと準備をしていないと、顧客との商談の際に、うまくコミュニケーションをとれません。

相手会社のことや自社製品のこと、どのように商談を進めていくかなどの準備を怠らないようにしましょう

>営業の求人が探せる転職サイトをチェック

営業に向いている人の特徴

多くの企業では、未経験者でも営業職の応募を受け付けています。自分が営業に向いているどうか気になる人は多いのではないでしょうか。いくつかの特徴を紹介します。

ヒアリング力・理解力が高い

結果を残す優秀な営業は、顧客の話から課題を聞き出して整理する「ヒアリング力・理解力」を持っています。

顧客は営業に対して警戒心を抱くものであり、買わなくてもいいものを買わされてしまうと思っています。こうした顧客の警戒心を解き、信頼関係の第一歩を築くのは、相手の話を聞き、理解することなのです。

コミュニケーション能力・調整能力がある

相手の話を聞くだけでは商談は成功しません。顧客の課題を正確に把握したうえで、自社製品がその課題をどう解決するのか、相手に正確に伝えるコミュニケーション能力が必要です。

これは、対顧客に限らず、営業活動を行ううえで連携する必要のある生産、物流、経理、マーケティング、インサイドセールスに対しても同様であり、同時にそれぞれの意見を擦り合せていく調整能力も求められます。

粘り強く取り組める姿勢

特に法人相手の営業では、1度の商談で受注まで持ち込めるケースはまれだといえるでしょう。競合他社の存在もあり、少しの油断が受注を取り逃がすことにつながりかねないのです。

こうした長期にわたる案件でも、粘り強く顧客に向き合う姿勢が必要です。

PCスキル

営業の分業化が進み、営業資料などはマーケティングが準備してくれる場合もあるかもしれません。しかし、個別の営業先に特化した資料までは、とても手が回らないのが実情です。

PCスキルを高めることで、提案資料作成、データ分析、プレゼンテーションのスピードやクオリティ向上させることが重要です。

>>>>転職サイトランキングをチェック

営業のやりがいとは

営業の仕事がどのようなものかわかったところで、実際に営業職で働いている人はどのような点にやりがいを感じているのでしょうか。

成果が目に見えてわかる

営業活動の成果とは、商材をどれだけ販売したかであり、その売上が数字として表れます。
新規顧客を開拓したことで、会社にどれくらいの利益をもたらしたのか目に見えてわかります。売上を上げることで、仕事のモチベーションにもなります。

成績が報酬に直結しやすい

一部の企業では、営業成績に応じてインセンティブを設けている場合があります。このケースでは、努力や工夫の結果が数値化されるに留まらず、報酬にも直結します

インセンティブがない場合でも、個人の成績が数値化されるため、キャリアップに有利に働きます。

顧客に貢献できる

営業職は人との関わりの仕事であり、自分が営業して持ち込んだ製品が顧客のさらなる利益につながることをやりがいに感じる人も多いみたいです。特に、誰かの役に立つという点で営業職は魅力的な仕事です。

営業がきついと感じる理由

営業にはやりがいが多い一方で、中にはきついと感じる人もいるのです。営業がきついと感じる理由は人それぞれですが、以下の理由が多く挙げられています。
自分が営業職に合うかどうかしっかり判断しましょう。

常にノルマを意識

営業職には基本的にノルマや目標が設定されています。具体的には「契約獲得件数」や「受注金額」などです。ノルマを達成できなかったら、減給されることもあります。そのため、ノルマを意識し続けることがきついと感じる理由になるみたいです。

休日出勤がある・残業が多い

営業職には残業が多いというイメージがあると思います。営業職に残業が多い原因として、ノルマを達成しないといけないからが挙げられます。

しかし、すべての営業職に残業が多いわけではありません。残業が多いと言われる業界は、不動産、金融、自動車販売などです。

人間関係の構築が難しい

営業の仕事は顧客との人間関係が非常に重要になります。自分のことを信頼してもらえると、次回からの営業も上手く進みやすくなります。

このような人間関係を構築するには、自分に合う合わない関係なく、相手に対して自分を信頼してもらう必要があります。自分の好き嫌い関係なく、幅広い人間関係を構築することがきついと感じる理由となります。

営業におすすめな転職サイト

サービス名 特徴 年代
キャリトレ 登録者の70%が20代であり、大手企業の求人も多数 20代〜30代前半
リクナビNEXT 営業職の求人が非常に多い 20代〜60代
ビズリーチ 年収600万以上のハイキャリア向けの求人が豊富 30代40代
ミイダス 自分の市場価値を把握しながら転職できる 20代〜30代
doda 国内トップクラスの求人数で、非公開求人が多数 20代〜60代

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

紹介したサービスの詳細は下記の記事をご覧ください。

営業の平均給与・年収ランキング

営業の平均給与・年収は、職種や業種、ポジションによって異なるので一概には言えません。

転職サービス「doda(デューダ)」が行った調査「平均年収ランキング2018」によれば、MRが709万円、医薬品メーカーが596万円、医療機器メーカーが562万円と、営業職で全体の上位に入ったのはいずれも医療関係の営業職でした。

職種別平均年収ランキング上位50で、営業職は6つランクイン(出典:doda プレスリリース)

これに限らず、条件次第では成績によって基本給以外にもインセンティブが発生する求人もあります。実力があれば、高い給与水準を狙えるのが営業職です。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

営業の仕事内容を理解してキャリアアップを

未経験でも歓迎されることの多い営業は売上を作って企業を支える、なくてはならない重要な存在です。

その仕事内容は、やりがいを持ってスキル向上を怠らなければ、報われることの多い魅力的な職種といえるでしょう。

難しいと思われることの多い法人営業も、サービス精神を忘れず、誠意を持って取り組めば成果を出せます。ぜひ営業職にチャレンジしてみてください。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

希望の営業職に転職するために人気の転職エージェントTOP5

希望の営業職への転職を目指すには転職エージェントを使ったほうが、成功確率は格段に上がります。求職者に、人気の転職エージェントを5つ紹介します。

1位:リクルートエージェント

■Point1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000名以上の転職支援を行っています。

■Point2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人は約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■Point3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方も安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:パソナキャリア

■ポイント1: 1万6,000社以上の求人
パソナキャリアは、1万6,000社以上という非常に多くの求人があります。求人数も4万件以上と豊富に用意されています。

■ポイント2:オリコン顧客満足調査で2年連続総合1位を獲得(※)
オリコン顧客満足満足度調査の「転職エージェント部門」で2年連続総合1位を獲得した実績があります(2019年・2020年)。

■ポイント3: 専任アドバイザーによるサポートで年収アップ率が67.1%
専任アドバイザーによる親身なサポートで、転職者の67.1%が年収アップしているデータ(※)もあります。年収アップしたい人にもおすすめです。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

※パソナキャリア公式サイトを参照

3位:ワークポート

■ポイント1:総合型の転職エージェントながらITに強い
ワークポートは、もともとIT業界に特化して転職サービスを提供していたこともあり、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り揃えています。IT業界の求人数は約2万5,600件以上です。

■ポイント2:プロのスタッフが豊富な求人から紹介
経験豊富な担当者が、希望に合う求人を厳選して紹介してくれ、IT業界に精通した転職コンシェルジュによる手厚いサポートが特長です。転職相談実績は50万人以上を誇ります。

■ポイント3:システムやツールでのきちんとした管理
転職管理の「e-コンシェル」や、面談予約システムなど便利なツールで転職活動を管理でき、初めてワークポートを使う方や、転職未経験の方でもわかりやすいシステムになっています。

ワークポートの評判・口コミ|総合評価とサービスの特徴こちら

4位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

5位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(職種・仕事内容)の最近更新された記事
ITフリーランスエンジニアの年収|会社員との違いや独立後の案件の取り方
経理の転職サイト・エージェント8選 | 未経験や税理士の方にも
データサイエンティストとは | スキルセット・仕事内容・将来性を徹底解説
フロントエンドエンジニアとは | 仕事内容と年収・スキル - 将来性について
Webエンジニアとは | 仕事内容・年収・スキル・未経験からの転職方法と将来性
インフラエンジニアとは | 仕事内容や年収・スキル・資格 - 未経験からの転職方法
システムエンジニア(SE)とは | 仕事内容や年収・必要なスキル・種類を解説
SIerとは | SEとの違いや業界の実態、仕事内容についてわかりやすく解説
ITエンジニアとは | 仕事内容・種類・年収・未経験から転職する方法
エンジニアとは|仕事内容と種類ごとの年収・特徴・未経験からの転職ポイント