コピー完了

記事TOP

転職時期、有利なタイミングはいつ?月別・年齢別傾向「1月がベスト」は本当か

最終更新日:
転職に有利な時期・タイミングは、実は人それぞれです。いつから転職活動をすべきかは年齢・年代で異なりますし、転職に有利な月は人によって違います。年間を通じた転職ニーズの傾向を分析し、一般的に転職しやすい時期や年齢別の特徴について解説します。

転職時期の有利なタイミングはいつ?

転職しようと思い立ったときに気になるのが、「いつ転職するのが一番いいのか」「一番いい時期に転職したい」といった転職のタイミングでしょう。

一般的に人事異動は、2月〜4月と8月〜9月に多く、その時期に求人が増加する傾向にあります。この時期を狙って転職活動を行えば、希望の求人を発見しやすいでしょう。


参照元:厚生労働省 東京労働局「一般職業紹介状況」

4月決算の企業が下半期に向けて求人を出していくことが多いため、特に8月〜10月は年間でも求人数が多い時期となります。

また外資系の企業は1月から予算が新たに組まれるため、10月〜12月に募集をかけています。

職種・業種で違いはある?

転職のタイミングは9〜10月と3〜4月、その後の1か月間が良い時期とされています。また、月ごとの傾向は職種や業種によって多少前後します。

たとえば、外資系の企業は1月から予算が新たに組まれるため10月〜12月に募集をかけます。

業界によって転職者の募集のタイミングは変わるため、特定の業界への転職を検討する方は業界研究とともに募集の時期を調べることが大切です。

>>転職サイトランキングをチェック
>>業界特化型のおすすめ転職サービスランキングはこちら

月別の転職求人数傾向

「1月が転職に有利らしい」などと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

結論を言うと、誰にとっても一律で転職時期に有利な月はありません。大切なのは「どの時期が良いか悪いか」というよりも、自分の転職の理由が時期と合っているかです。

月ごとの転職傾向を押さえ、自分に合ったタイミングで転職時期を決めましょう。

求人数多数:8〜9月・2〜3月

人事異動や半期のスタートで人が入れ替わるタイミングになるため、8月〜9月、2月〜3月は募集が増えやすい時期です。

求人を見つけやすい時期でもありますが、ライバルが増加するというデメリットもあるので注意しましょう。

>>求人数が多いおすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

穴場:5月

3月〜4月に採用したものの、その人がすぐに退職した場合、企業は穴を埋めるために急いで再募集をかけることがあります。そのため5月はライバルが少ないうえに良い求人に巡り合える可能性が高まります

募集が多い時期を逃しても諦めずに転職サイトなどで求人をチェックすると、良い求人に出会えるかもしれません。

>>>>転職サイトランキングをチェック

1月が転職に有利な時期と言われる理由

募集が増えやすい時期は8月〜9月、2月〜3月だと説明しましたが、ではなぜ1月が転職に有利だと言われるのでしょうか。

年度内に内定を出したい

年度末が近づいてきたことで、多くの企業は当初決めていた採用予定人数を充足させようという動きがあり、求人数が増えやすい傾向にあります。また多くの場合、転職が決まるまで約2か月かかります。

つまり、年度末までに当初の目標を達成しようとする企業の意図と転職にかかる期間が1月が転職に有利と言われる理由です。

1月は必ずしも有利な時期ではない

1月には上記のような理由から転職に向いている時期と言えるかもしれません。しかし、中途採用の場合は1年を通じて行われており、通年採用で求人数に大きな変化や差がないというのも事実です。

基本的には、新規求人数が最も少ないのが1月です。企業側も年明けの行事などでバタバタしていることが多いため、採用進捗も遅くなる傾向にあります。

1月が有利ということを信じ、転職のタイミングを逃すことがないように、自分が転職をしようと決めたタイミングで行いましょう

【年齢別】転職に必要なスキルまとめ

転職で重要になるのが年齢です。基本的に年齢が上がるほどスキルが必要になり、マネジメント能力が求められるようになります。年齢ごとにどのようなスキルが求められるのか解説します。

〜25歳:第二新卒

第二新卒とは、いったん就職したものの短期間で転職を希望する方のことを指します。

第二新卒の場合すでに就業経験があるので、教育コストが省ける、中途採用よりも早くなじみやすいなど企業側にとってのメリットがあります。そのため、現職の経験が浅くても転職できる可能性があります。

もちろん実績があるに越したことはありませんが、ある意味「若さ」も武器にできる時期です。年齢に関係なく、裁量のある仕事を経験したい方は、ベンチャー企業に転職するのも良いでしょう。

20代向け転職サイト・エージェントおすすめランキングはこちら

〜30歳:職務経験

この世代では、会社に数年ほど勤めている方が多いため、ある程度の経験を積んでいる前提で選考が行われます。

そのため、経験や実績をアピールして、採用側に即戦力になると思ってもらえればスムーズに転職活動を進められるでしょう。

30代におすすめの転職エージェントランキングはこちら

〜40歳:マネジメント経験

30代を過ぎるとマネジメント側に就くことも多くなってきます。20代の時とは異なり、マネジメント能力もアピールできるようになっていなくてはなりません。

自分がどのようなプロジェクト経験があるのか、そこでどのようなマネジメント能力を発揮したのかなど、面接でアピールできるようにしておきましょう。

40代の転職に強いおすすめ転職エージェント比較はこちら

41歳〜:管理職

40代になると実績が求められます。この年齢の場合、募集会社は管理職を求めていることが多いので、転職サイトには掲載されていないことがほとんどです。ハイクラス向けの転職サイトを使うなど、エージェントを活用しましょう。

30代におすすめの転職エージェントランキングはこちら
おすすめの転職サイトランキングをチェック

人気転職サイトランキングTOP3

転職時期が決まったら、具体的な行動に移しましょう。求人を見つける方法はさまざまですが、まず思いつくのが転職サイトへの登録です。おすすめ転職サイトを紹介していきます。

1位:ビズリーチ(BIZREACH)

■ポイント1:ハイクラスの求人が多い
ビズリーチは年収750万円以上のハイクラスの転職を主とした転職サイトです。そのため管理職への転職を考えている方にはぴったりです。

■ポイント2:リクルーターの質が高い
ビズリーチのリクルーターは大手エージェントで経験を積んだ方が多く在籍しているので、経験と実績から他にはない自分に合った求人を紹介してくれます。

■ポイント3:有料登録でハイクラス求人に応募可能
ビズリーチにはプレミアムプランという有料プランがあり、このプランに登録すればよりハイクラスの求人に応募できるようになります。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら
30・40代・管理職向けハイクラス転職サイトの紹介はこちら

2位:doda(デューダ)

■ポイント1:求人数が多い
dodaで取り扱っている求人は3万件を超えており、業界トップクラスといえます。また中には非公開求人も多く含まれており、非公開求人から転職を成功させた方も多いのがdodaの特長です。

■ポイント2:全国対応
dodaは日本全国に拠点があるので、地方へ転職したい場合には強い味方になってくれます。他のエージェントは地方の求人は少なくなりがちですが、dodaの場合は地方の求人も豊富なのでUターン転職の場合におすすめです。

■ポイント3:海外転職に有利
dodaは海外にも拠点があるので、海外転職を考えている方にもおすすめです。

doda(デューダ)の口コミ・評判|利用するメリット・デメリットはこちら
未経験職への転職におすすめのエージェントはこちら

3位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

■ポイント1:転職決定数No.1
転職サイトを使っている方の約半数がリクナビNEXTを使って転職を成功させています。リクナビNEXTは最大級の転職サイトなので、思いがけない求人に巡り合える可能性もあります。

■ポイント2:新着・更新求人が毎週1,000件以上
リクナビNEXTは毎週1,000件以上の求人が更新されるので、常に新しい求人に触れる機会を得られます。

■ポイント3:限定求人87%
限定求人とはリクナビNEXTだけに公開されている求人のことで、87%もの求人がリクナビNEXTだけに公開されている求人になります。

リクナビNEXTの評判や口コミ、登録・ログインの利用の流れはこちら
第二新卒の転職におすすめのエージェント比較はこちら

転職の最適な時期・タイミングは人それぞれ

転職時期について解説してきましたが、最終的に転職のタイミングを決めるのは自分です。

職場の環境が悪いから仕事を辞めたい、もっと新しい仕事にチャレンジしたいという場合は、上記の時期に限らず、良い求人が見つかれば早く転職しましょう。

時期だけでなく、しっかり準備しないと転職は失敗してしまいます。転職成功のために必要なことは、次の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

転職時期が不安なら「転職サイト・エージェント」で対策を

転職エージェントに登録するとエージェントが無料で転職の相談も受けてくれるため、ぜひ一度利用してみてください。転職サイトでは、転職体験談などが掲載されているので、そちらもぜひご活用ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
ベンチャー企業とは | 意味・定義・特徴・例・中小企業・スタートアップとの違い
会社・仕事を辞めたい | 4つの理由と対処法 ・時間が無い人におすすめの転職サービス
転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか
転職したいと悩んでいる方へ | 理由や活動の流れ・転職先の見つけ方
ブラック企業とは - 見分け方|特徴や注意点・情報収集の方法
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
プログラミングスクールおすすめ13選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
社会人向けおすすめプログラミングスクール7選を比較|失敗しない選び方や学習方法