転職の失敗事例を理由別に解説 | 原因と成功確率を上げる方法

最終更新日:
転職は、必ず成功するとは限りません。入社してから「想像と違う」「なじめない」など、失敗と感じる経験をした人もいるでしょう。転職の失敗事例を紹介し、成功させる方法やおすすめ転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
求人・転職求人・転職おすすめエージェント(40代以上)

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

転職の失敗例【条件編】

転職に失敗したと感じる理由に、事前に提示された条件と違った、思っていた仕事内容と違うなどの条件面に関するものが多く挙げられています。

聞いていた条件と違う

まず気をつけたいのが、聞いていた、あるいは提示されていた内容と、実際の仕事が異なるケースです。

希望の仕事や業務に携われる、待遇が良いといった条件で転職する方は多いです。

しかし、希望していた業務に携われない、提示されていた労働条件より待遇が厳しいと感じるとき、転職に失敗したと感じている人が多いようです。

入社後に会社の業績が悪化した

ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職で多いのが、入社後に会社の業績が悪化することです。その結果、給料やボーナスが当初の予定していたがくより低かったり、残業を強いられたりする可能性があります。

転職する前に、本当にその会社が今後成長するのかをしっかり見極める必要があります。

面接時にうまく条件が伝わっていなかった

転職先に受かりたい気持ちが強く、自分のやりたいことを伝えきれないまま転職をした場合は失敗したと感じるでしょう。

転職先に受かることが目的ではなく、自分のやりたい仕事をするために転職活動をしていることを忘れないようにしましょう。

転職の失敗例【人間関係編】

条件だけでなく、人間関係がうまくいかないために転職に失敗したと感じる人も多いようです。

社風が合わずなじめない

組織で仕事をする際に、上司や部署のメンバーとの人間関係の構築は避けて通れません。人間関係がうまくいかずに非常に仕事をしづらいという結果になってしまいます。

転職の失敗の一つには、こうした「社風と合わない」「人間関係がうまくいかない」といった事例があります。退職の理由の一つに「人間関係」があがるケースが多いことを考えると、その転職は失敗と考えるのも妥当です。

会社・仕事を辞めたい | 4つの理由と対処法 ・時間が無い人におすすめの転職サービス | ボクシルマガジン
会社・仕事を辞めたい人に向けて、辞めたいと思う理由別にすべき対処法を徹底解説します。「給料が低い」「仕事がつまらな...

そもそも転職先の人間関係が良くない

自分が転職する以前に転職先の人間関係が良くなかったときは、転職後の仕事がやりにくい可能性があります。人間関係に問題があると楽しく仕事ができないため、転職する前に人間関係についても調べておきましょう。

転職の失敗例【40〜50代編】

転職後に失敗したなと感じる場合もあれば、転職そのものがうまくいかないケースも多くあります。

その中でも、40代〜50代での転職は特に失敗続きになりやすいです。その理由を解説していきます。

転職動機がキャリアアップ

40代〜50代の転職理由として、肩書きや年収をあげることも当然にあります。

しかし、転職面接の際にこれらのことを正直に答えると、採用担当者からあまり良い印象は持たれないのが事実です。

40代〜50代の転職希望者は、年収や肩書きについて答えるのではなく、自分の存在が会社にどのように貢献できるのかを説明しましょう。

40代・50代転職サイトおすすめランキングはこちら

企業の情報・準備不足

40代〜50代で転職失敗する原因には準備不足も挙げられます。自分の市場価値を知らないまま、転職活動を行うと失敗しやすくなります。

理想の希望条件を押し通すのではなく、自分がどのような価値を生み出せるのかしっかり分析し、現実的な転職活動を行うことが重要です。

入念な転職準備が成功につながる | 期間の目安や独自のチェックリストを紹介 | ボクシルマガジン
一般的に転職活動にかかる期間は3か月から6か月程度です。実はこの転職活動期間のうち、もっとも注意すべきなのが転職準...

>>>転職に失敗しないためのエージェントをチェックしてみる

転職失敗後に取るべき行動

転職に失敗したと感じても、何も行動しないのはよくありません。次に転職する際や今後もその会社で働くためにも、失敗したと感じたら重要なのは何か行動することです。

失敗理由を振り返る

まず欠かせないことは、失敗した理由を振り返り、明確にすることです。転職がうまくいかなかった理由としては、社風や部署、人間関係、やりたい仕事ができない、などいろいろ考えられます。

失敗して次に活かすためには、原因の分析は欠かせません。必ず転職に失敗したと感じる理由を明らかにしましょう。

すぐに転職活動する

約束していた待遇と大幅に変わり、これ以上働くことに限界を感じるのであれば、再度の転職もやむを得ません。

しかし、転職後3か月ですぐに転職活動する際には注意が必要です。応募先の企業からすれば、短期間で転職している方の転職理由は当然気になるからです。

転職を検討する場合は、応募先の企業が納得できるような合理的な説明が必要です。

転職時期、有利なタイミングはいつ?月別・年齢別傾向「1月がベスト」は本当か | ボクシルマガジン
転職に有利な時期・タイミングは、実は人それぞれです。いつから転職活動をすべきかは年齢・年代で異なりますし、転職に有...

会社内で異動する

もちろん、「今の仕事をそのまま続ける」という選択もあります。転職したばかりの仕事は、慣れないもので、うまくいかないことや不満もあるかもしれません。

しかし、「我慢できるレベル」「少し嫌なだけ」というのであれば、そのまま続けるという選択肢も重要です。あるいは今の会社の中で別の部署や別の職種に異動できるか調整するのも一つです。

前の会社への出戻り

転職後に「前の会社の方がよかった」と感じる人もいるのではないでしょうか。出戻りがスムーズに認められる人には特徴があります。

  • 退職前に実績と信頼を得ていた
  • 人間関係が良好
  • 真面目に仕事に取り組める

ただ単に以前に勤めていたからといって、誰でも出戻りが認められるわけではありません。転職を考えている人は万が一の出戻りも視野に入れ、現職を全力で取り組みましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談することで、客観的に今の状況を判断してもらいましょう。
エージェントの方はさまざまなケースを扱ってきているので、今の自分の状況を打破するために取るべき行動をアドバイスしてくれます。

サービス名
おすすめ度
求人の数・質
特徴
リクルートエージェント
4.5
4.5
女性や中高年の求人も多くサポートが手厚い転職エージェント
パソナキャリア
4.2
4.1
パソナキャリアは、求人の質が高く、女性の立場に沿ったサポートもある転職エージェント
ビズリーチ
4.0
4.0
ビズリーチは、年収1,000万を超える求人が3分の1を占めており、スカウトが届く転職エージェント
JACリクルートメント
3.8
4.0
JACリクルートメントは、コンサルタントの質が高く、ハイキャリア案件が豊富な転職エージェント
キャリアカーバー
4.4
4.3
優良な企業の求人が多く40代に強い転職エージェント



転職エージェントおすすめランキング - 評判・口コミを徹底比較【最新】 | ボクシルマガジン
転職者の口コミ評判、サポート、求人数などから総合的に評価して全20サービスのランキングを一挙公開!あまり知られてい...

転職に失敗しないための対策

転職に失敗して無職になると、いろいろと大変なこともあります。そもそも失敗しないためには、「目的の明確化」「情報収集」が不可欠です。

転職の目的を明確化

失敗を防ぐために必要なことの一つは、転職の目的を明確にすることです。なんのために転職するのか。

そして、転職によってどんな働き方をしたいのか、どの程度の年収が欲しいのかなど、転職後のイメージを抱くことが重要です。

綿密な情報収集

また、情報収集をすることで、転職の失敗を防げます。つまり、転職しようとする企業がどういった企業か調べておくということです。

就業条件を確認する

面接の際に提示された就業条件だけを信じるのではなく、内定時にもしっかり確認しましょう。最初に提示された条件しか確認していない場合に、条件が理由で転職に失敗したと感じているようです。

口コミなどを確認する

「残業代が出るのかどうか」「会社の雰囲気はどうなのか」「財務状況は健全なのか」といった情報を事前に口コミなどを利用し確認することで、入社後のミスマッチをできるかぎり少なくなります。

転職を成功させるには?|失敗から学ぶ5つの術を徹底解説 | ボクシルマガジン
転職を成功に導くには戦略的に転職活動を進める必要があります。失敗例から学ぶ必要な準備5つと、後悔のないキャリア形成...

転職先が決まるまでは退職しない

転職先が決まる前に退職をしてしまうと、すぐに転職先が決まらなければ金銭的に追い込まれる可能性があります。その結果、早く転職先を見つけようとしてしまい、本末転倒になってしまうかもしれません。

転職後3年間は再転職しないほうが良い

転職失敗後に取るべき行動として、「すぐに転職活動する」ということについて説明しました。

しかし、すぐに転職活動をする場合は、パワハラなど待遇がとても悪い状況に限られます。短期間での転職を繰り返すことは、採用担当者から良い印象は持たれません。

自分が思っていた感じと違う、周りの人と仲良くできないなどの理由ですぐに再転職するのは避けたほうがいいでしょう。

再転職のためには3年必要

上述したとおり、短期間での転職を繰り返すことは採用担当者からの印象は良いものではありません。「一つの企業で長期間働ける」「会社にしっかりと貢献した」と次の転職でアピールするには3年間働いていれば十分アピールできます。

転職してすぐ転職はOK?入社後に退職・辞めたいなら取るべき手段【中途・新卒】 | ボクシルマガジン
入社後・転職後に、明確な目的があり転職先を決められそうな場合はすぐやめても問題ない場合があります。転職してすぐに転...

3年以内に辞めたい場合

転職先のパワハラなどが原因で3年以内に転職をすることもあります。このようなやむを得ない場合は、正直に面接で転職理由を伝えるようにしましょう。

自分がうつ状態になっていることに気づかない可能性もあります。仕事がつらいときの対処法について知りたい方は下の記事をご覧ください。

仕事が辛いときの原因と対処法 | 心の限界サインとは | ボクシルマガジン
「仕事が辛い」という思いが長期に渡って消えない場合は、ひどいストレス状態にある恐れがあります。心身が限界を感ている...

転職の失敗原因を理解し成功につなげよう

転職を成功させるには、他の方の転職失敗原因を知ることが大切です。

また、転職に失敗したと感じても、取るべき行動はいくつもあります。中でも、転職エージェントに相談することで解決策が明確化しやすくなります。

転職の際におすすめな転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。20代〜30代だけでなく、40代〜50代と幅広い年齢層の方が利用しているサービスです。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:失敗を通じて転職を成功させるためにアドバイス
公式サイトの中に転職ケーススタディがあり、成功事例と失敗事例が公開されています。さらに、業界・職種別にわかれているので、自分にあった事例を参考にできます。

リクルートエージェントの評判・口コミ|サービス詳細と特徴はこちら

マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:失敗しない転職先を紹介
マイナビエージェントは、大企業から中小企業まで幅広いパイプがあるため、求職者が本当に知りたい転職先の情報を提供しています。そのため、情報不足で転職に失敗することは少ないと考えられます。

■ポイント3:一人に対して親身にアドバイス
転職をどのように進めたら良いかわからない方でも、エージェントが親身にサポートすることで転職に失敗することが軽減しています。

マイナビエージェントの評判・口コミ|サービス詳細と特徴はこちら

ビズリーチ

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:外資系や大手企業の求人も豊富
ハイクラスの求人が豊富なため、外資系や大手企業の求人が他のエージェントと比べて多いです。また、管理職や役員の求人も多く取り扱っているので、40代・50代の方でも利用しやすいでしょう。

■ポイント3:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

ビズリーチの評判・口コミ|サービス詳細と特徴はこちら

転職サイトを活用することで40代の転職を非常に成功させやすくなります。
こちらの記事では40代向けの転職サイトを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

40代転職サイトおすすめランキング | 中高年の転職方法・成功ポイント | ボクシルマガジン
40代におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。書類選考・面接を突破するための方法も解説。40代の転職は...

転職サイト・エージェントおすすめ | 20代 30代 40代・女性向けはこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
Large
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事