Article square balloon green
2019-04-09

マイナビエージェントは求人・転職に使える?評判・口コミ | 登録・使い方の流れも

マイナビエージェントは転職エージェントとしては後発組ですが、採用サービスとしては老舗のブランドを持ち、20代、第二新卒や中小企業の求人の質が高くサポートも充実しています。他のサービスとの比較や、利用者からの評判、登録への流れについても紹介します。※初回公開日:2019/02/18
転職・求人情報求人・転職情報
Large

マイナビエージェントとは

マイナビエージェントは大手転職サービスのマイナビが運営している転職エージェントサービスです。

公開求人数で比較するとリクナビやdodaよりも少ないですが、豊富な未公開求人を保有しています。若手の転職に実績があり、サポートも丁寧なので、楽天リサーチの調査では20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれています。

その他20代におすすめ転職エージェントはこちらの記事をご覧ください。

マイナビエージェントの口コミ・評判は?

口コミや評判などから、マイナビエージェントがどのような特徴を持った転職エージェントサービスなのかについて紹介します。

「ヒアリングやフィードバックなどのサポートが丁寧」

まず、マイナビエージェントの特徴と言えるのがサポートの丁寧さです。大手企業故の豊富なノウハウを活かして求職者のニーズを引き出すことに強みがあります。加えてマイナビならではの選考対策のコンテンツも豊富で利用者からの評価も高くなっています。

「求人数が多く業種を問わず紹介案件数が豊富」

登録求人数の80%が未公開求人であり、業界首位のサービスと比べても遜色ない求人数を保有しています。とくに中小企業とのパイプが多く、すぐに求人を紹介してもらえる、との声が多いです。さまざまな業種・職種を検討できるため、納得して転職活動が送れるでしょう。

最近ではIT人材の転職に特化した「マイナビエージェント×IT」などのサービスも評判が高いです。IT業界での転職を考えている方は登録してみてください。

「第二新卒の求人の質が高い」

マイナビエージェントの求人やサービスの特徴は、20代の若手社員や第二新卒の転職に強みがある点です。業界専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるうえに、第二新卒向けのお役立ちコンテンツも豊富で、転職経験が少ない人にとって頼もしい味方になるでしょう。

第二新卒の転職は求人数が少なく、実績なども必要になり、新卒採用の就職活動と異なる部分があるため、以下の記事もご参照ください。

第二新卒とは | 転職活動に失敗しないためのコツとおすすめエージェント5選 | ボクシルマガジン
第二新卒が転職市場で内定を勝ち取るためのポイントとは?新卒と違い実績や即戦力が求められる第二新卒が、採用時に注目さ...

マイナビ転職やその他転職エージェントとの比較

マイナビはマイナビエージェントとは別にマイナビ転職というサービスも運営しています。

マイナビ転職との比較

マイナビエージェントは転職者一人ひとりに担当者がついて、その人に合った転職先を紹介し、転職をサポートしてくれるサービスです。

一方で転職サイトは掲載されている求人で情報収集して、自分が主体的に転職活動をするためのサービスです。両サービスの違いは以下の表を確認してください。

マイナビエージェント マイナビ転職
公開求人数 約7,000件 約6,000件
非公開求人数 2万件以上 なし
転職サポート あり なし
個別面談 あり なし

リクルートエージェントとの比較

マイナビエージェントと比較すると求人数はリクルートエージェントの方が多いと言われています。

ただし、サービスとしては後発組であるマイナビは、特に第二新卒向けや中小企業の求人数を急激に増加させており、実績を作るために特に注力して転職活動のサポートをしていると言われています。

dodaとの比較

dodaの方が公開求人、非公開求人ともに多くの案件を保有しています。ただし、これまでの新卒・転職サービスの実績からマイナビにしか求人を出さないという企業も存在するので、dodaだけの利用だとわからない求人も多数あります。

また、マイナビは首都圏・関西圏での転職に特化しているので、このエリアで転職したいという場合はマイナビエージェントの利用をおすすめします。


マイナビ転職などの転職サイト同士の比較をしたい方は、以下の記事で詳しく紹介しているのでぜひご参照ください。

【最新】転職サイトランキングおすすめTOP9 | 比較・選び方のポイント【口コミ・評価】 | ボクシルマガジン
2019年最新版!ユーザーの口コミや満足度・非公開求人数・登録者数・サポート力・求人の更新頻度から、絶対に押さえて...

マイナビエージェントの登録〜転職後の流れ

マイナビエージェントを利用して転職をする場合、どのような流れになるのかを説明します。

転職の目的を明確に

転職を試みる前に、目的を明確にしましょう。エージェントがサポートしてくれるとはいえ、転職には手間も時間もかかります。自分が本当に転職したいのか、転職するのならばどのような条件でいつまでの転職したいのか、なぜ転職したいのか目的を明確にすることが大事です。

マイナビエージェントに登録

転職の目的を明確にしたらマイナビエージェントに登録をしましょう。WEBサイトからいつでも登録できますが、手続きを引き延ばすとズルズル何もせずに結局転職しないということにもなりかねないので、すぐに登録しましょう。

登録する際に入力が必要な情報は正確に偽らずに記載し、写真などが必要な場合は忘れずに挿入してください。

面談(キャリアカウンセリング)

マイナビエージェントのサービスに登録するとキャリアアドバイザーから面談を申し込まれます。面談ではアドバイザーが転職者のキャリアに関する考え方をヒアリングして、おすすめの求人を紹介してくれます。ミスマッチが生じないためにも、具体的にどのような企業に転職したいかを説明できるようにしてください。

転職エージェントとの面談転職エージェントとの面談については以下の記事で詳しく紹介しています。

転職エージェントの面談とは | 目的や事前準備・服装・当日の流れ | ボクシルマガジン
転職エージェントに申し込むと、転職にあたって面談を打診されます。面談をすることで、条件にあった求人を紹介してもらい...

求人紹介

面談の結果をもとに、キャリアアドバイザーが転職者におすすめの求人について紹介してくれます。もちろん、自分のキャリア志向と異なれば、他の求人を紹介してもらうことも可能です。自分の目的に合致した求人を引き出すようにしてください。

ただしエージェントも人間であり、相性も大切です。合わないな、と感じたら相性の合うエージェントに交代することもできます。その際には同じくマイナビが運営するサービス「マイナビエージェントサーチ」でマイナビエージェント以外の中小コンサルタントを頼るのも良いでしょう。

応募・面接

目標となる会社が決まれば、キャリアアドバイザーが採用選考の手続きをしてくれるので、求人への応募、面接などができます。

キャリアアドバイザーが履歴書の添削や模擬面接のサポートをしてくれるケースが多いので、1人で転職するより内定をもらえる可能性があがります。

内定・入社・アフターフォロー

勤務開始のタイミングや給与や勤務待遇のような条件交渉は、自分で人事担当者と直接行うのは気がひけるかもしれませんが、キャリアアドバイザーが間に入って、条件交渉を行ってくれます。

転職後でも悩みがあれば、適宜、転職エージェントからのキャリアアップ支援を受けられます。聞いていた雇用条件と違う、もっと別の会社に転職するべきであったと気付いたときは、諦めずにまずマイナビエージェントに問い合わせてみてください。

マイナビエージェントの使い方

マイナビエージェントに登録したら、以下のような機能を使用して求人を検索しましょう。

転職ノウハウを知りたい方へ

サイト上部には初めて転職する人向け、2回目以降の転職の人向けでノウハウが掲載されています。また、20代、30代ごとでも分かれているのであわせてチェックしましょう。

公開求人の検索

マイナビエージェントのサイト中部では、業界・職種や勤務地別で求人を検索可能です。また詳細条件での検索では、業界・職種や勤務地別などの条件に加え、年収、社員数などの企業の特徴、年間休日や残業時間、フリーKWでの検索も可能となっています。

業種・職種・エリア・キャリア別の専門サイトも

マイナビエージェントには、業種・職種・エリア・キャリア別でそれぞれ専門のサイトが用意されています。

各サイトでは、専門性に合った転職のお役立ちコンテンツや、業界に特化した求人を探せるので、こちらも利用してみましょう。

第二新卒向け専用ページ

マイナビエージェントと一緒に使いたい転職サービス3選

マイナビエージェントリクルートエージェントdodaの3つのサービスについて紹介しましたが、転職サービスは1つの会社だけではなく、複数のサービスに登録しておくと、より希望の求人に出会える可能性が高くなると言われています。

マイナビエージェントと合わせて利用したい、特徴的な転職サービスを3つ紹介します。

ビズリーチ(BIZREACH)

求人随時更新 >ビズリーチ公式サイトをチェック

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

リクナビNEXT(リクナビネクスト)

毎週水曜日・金曜日求人更新 >リクナビNEXT公式サイトをチェック

■ポイント1:登録者限定求人85%はリクナビNEXTだけ
リクナビNEXT登録者のみが閲覧・応募できる求人が約85%あります。他Web求人媒体と比較してリクナビNEXTだけの割合です。

地元や好きな街で働きたいという人向けのI・Uターンの求人情報も紹介されています。

■ポイント2:転職者の8割が登録する転職サイト
2012年の調査で正社員転職者の8割がリクナビNEXTを利用しているというデータがあります。

■ポイント3:転職活動に活かせる豊富なコンテンツ
求人検索だけではなく、 グッドポイント診断による自己分析で強みを客観的に知れるコンテンツも用意されています。

リクナビNEXTの評判や口コミ、登録・ログインの利用の流れはこちら

パソナキャリア

■ポイント1:2019年オリコン顧客満足度調査転職エージェント第1位
パソナキャリアは、オリコンが利用者3,346人、対象企業38社について調査した結果、顧客満足度調査No1の転職エージェントに選ばれています。

■ポイント2:女性の立場に寄り添った手厚いサポート
女性の転職に親身に向き合ってきた女性のキャリアアドバイザーが何人も在籍しています。また、女性からの評価が非常に高いのも特徴です。

■ポイント3:年収アップが期待できる
転職後年収アップ率が67.1%と約7割近くになっています。高い可能性で年収アップが期待できます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら


▷その他おすすめのエージェントランキングはこちら

マイナビエージェントを利用して転職を成功させよう

転職エージェントサービスはキャリアアドバイザーから無料で転職サポートを受けられるサービスで、転職経験が少ない転職志望者にとっては頼もしい味方です。

マイナビ―エージェントは求人数ではリクナビエージェントやdodaに劣りますが、マイナビとしてのブランド力を活かした独自の求人を確保しており、また、業界内でシェアを高めるために丁寧な転職サポートを行っています。

転職エージェントを利用する際は、リクナビやdodaだけではなくマイナビエージェントにも登録しておいた方がいいでしょう。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事