コピー完了

記事TOP

転職を成功させるには?|失敗から学ぶ5つの術を徹底解説

最終更新日:
転職を成功に導くには戦略的に転職活動を進める必要があります。失敗例から学ぶ必要な準備5つと、後悔のないキャリア形成をするためのおすすめ転職サイト・エージェントを紹介します。さらに、未経験や女性の方が転職を成功させるためのコツも説明します。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>転職サイトおすすめランキングはこちら

転職を成功させるには

転職活動をする上で「どうやって転職活動を行えばいいの?」「ぴったりの転職先を見つける方法は?」と不安に感じる方は多くいます。

転職において、何をもって成功とするかは人それぞれ異なります。したがって、転職サイト・エージェントを選ぶ際も、公表されている転職成功率の数字を鵜呑みすることはおすすめできません。

転職を成功に導くために、まずは転職活動における軸を明確にし、適切な転職サイト・エージェントを選びましょう。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

失敗例から学ぶ転職成功の術

転職に失敗したという方の多くが、準備不足を原因としてあげています。

次の5つは、転職失敗者の方の多くが反省していた点です。

  • その会社で働いている人に会えばよかった
  • 他己分析すべきだった
  • 企業研究不足だった
  • なんとなく転職を始めてしまった
  • 面接がうまくできなかった

それぞれ説明していきます。

企業研究不足

失敗例の中に特に多くあるのが、企業研究不足です。

例えば、「その会社に憧れて入社したが、実際の仕事内容は思っていたものと違っていた」や「給与がとても高いから入社したが、残業がとても多かった」などがあります。

雇用条件や仕事内容を確認することはとても大切です。残業が多くてもなんとかやっていけるだろうと思っていても、働いてみると想像以上に大変でつらいことは少なくありません。

今の会社を転職したいと思っている理由が、仕事内容が合わない事である方は特に注意してください。なぜなら再び同じような理由で、転職したいと後々思う可能性が高いからです。

そのためにも、同じ業界の方に話を聞いたり、今の会社を志望したときの企業研究に何が足りなかったのかを見つめ直しましょう。

企業研究を進めていく中で、気になることが1つでもあったら、うやむやにせず確認してください。

現社員から実際の話を聞く

自分の気になっている企業で働いている、現社員の方の話を聞くことは大切です。
仕事のイメージが掴めるだけでなく、ホームページを見るだけでは分からない情報を知ることができます。

例えば、会社の雰囲気や、実際どれ位残業しているかは話を聞いてみて初めてわかります。

また、企業研究を進めていくと気になることが出てくるかもしれません。それを解決できるのも、実際に働いている方とお話をする利点です。

これらの理由から、人脈を使って、その会社で働いている人に話を聞くことをおすすめします。

自分周りに、その会社で働いている人がいない場合は、その会社と近い業種の人から話を聞いてみましょう。

他己分析をする

自己分析することは、転職に必要不可欠です。

しかし、自分を客観的に見る他己分析も必要です。

友人に自分がどういう人間であるか聞いてみたり、転職サイトの診断をしてみたりと方法はさまざまです。

自己分析では気づかなかった強みや弱みを知ることができます。自分について多く知っていればいるほど、面接で話す内容も増えて内定に繋がりやすいです。

なんとなく転職活動をしてしまった

転職活動を始める前に最も大切なのは、転職する理由を明確にすることです。

「こんなキャリアを築きたい」「こんな業種で働きたい」「もっと給与の高いところで働きたい」など、転職したいと思うきっかけは人それぞれです。

明確化することで、希望に見合う企業が見つかりやすくなり、自分がどういう仕事をしたいかもわかるようになります。

転職理由を面接で聞かれることもあるため、そのためにも明確化することは大切です。

なんとなくの理由のまま転職して、前の会社を辞めなければよかったと後悔する方も多くいます。前の会社に戻ることは不可能ではないですが、面接などを受ける必要があります。

また、いくら円満退社したとは言えども「退社した元社員」という事実は払拭できないため、必ずしも前の会社から雇ってもらえるわけではありません。

面接で失敗してしまった

転職活動をしていく中で志望動機は必須であり、面接でも必ずと言っていいほど聞かれます。ここでの回答は採用されるかどうかに深く関わってきます。

社風などについて回答しても具体性が全く無く、熱意が伝わりません。自分がこれまでの経験を生かして、どのようなことを入社後にやりたいのかを伝えましょう。そのためにも企業研究を怠ってはいけません。

時々、経験の部分で見栄を張る方がいますが、返って逆効果です。自分の経験をありのまま話してください。

入社後に多くの仕事を任される場合や、それが上手くいかないと「期待はずれ」とみなされてしまう場合があるからです。

また、面接での嘘や見栄は、面接官に見抜かれやすく、落とされる要因ともなり得ます。正直に話すことは、面接で失敗しないための術の一つと言えるでしょう。

転職成功者が実践していた4つのポイント

転職を成功させるためにチェックすべき重要なポイントは、次の4点です。

  • 譲れない条件を決める
  • 退職せず在職中に転職活動する
  • スピーディーに転職活動を終える
  • 複数の転職方法を組み合わせる

実際、これらを実践していた方が転職成功者の中に多くいました。
それぞれを詳しく説明します。

譲れない条件を決める

成功させるためには、絶対に譲れない条件を決める必要があります。
次の4つは、代表的な条件の例です。

  • 年収 
  • 待遇
  • 勤務地
  • 職場環境

内定が出たとしても、その会社が自分の考える条件を満たしていなければ転職成功とは言えません。

ですが、全ての条件をクリアするのは難しいので許容範囲を各条件ごとに決めておきましょう。

退職せず在職中に転職活動する

現在の仕事を続けたまま、転職活動を行ったほうが収入面のリスクは低くなります。

在職中に転職活動をするとなると「面接を受けに行けないのでは」と不安になる方もいるかもしれません。

しかし、企業によっては就業時間後に面接してくれるところもあるので、諦めずに交渉してみましょう。

転職エージェントは面接時間の日程調整も行ってくれるので、心配な方は登録して任せるのも一つの手段です。

スピーディーに転職活動を終える

転職活動がスピーディーに終わる人は、転職に成功しやすい事が多くあります。

転職を早く終えられるというのは、条件を整理し、スケジュールをうまく調整できているという証拠です。

転職するまでの期間は、およそ3〜6カ月が目安と言われています。転職活動が長引くと中だるみになってしまい、モチベーションを保つのが難しくなります。なるべくスピーディーに終わらせるようにしましょう。

複数の転職手法を組み合わせる

転職活動をはじめたら、面接に至るまでのルートを複数考えてください。

一般的に転職活動で多く用いられる手法は、転職サイトと転職エージェントの併用です。

転職サイトそれぞれに利点と欠点があり、中には面接対策があまりできないところもあります。

そのため、一つのサイトだけに登録のでなく、いくつかのサイトに登録しておいた方がサービスを満遍なく受られるでしょう。それぞれの強みを活かすことが、転職成功への第一歩です。

転職サイトを利用する以外にもエージェントやダイレクトリクルーティング、SNSなどさまざまな転職ルートがあります。

ケース別転職成功のコツ

転職は誰でも簡単に成功するものではありません。自分の強みや弱みを把握して、戦略的に転職活動を進めましょう。ケース別に転職を成功させるコツを紹介します。

未経験の方

未経験でも転職したいという場合は、やる気をアピールしましょう。未経験でも志望動機を論理的かつ意欲的に伝えれば、やる気を買って採用につながる可能性があります。

また、必要な資格の取得や経験不足を補うための勉強も進めましょう。面接の際に、仕事への熱意とともにスキルをアピールできれば成功がぐっと近づきます。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちら

女性の方

女性は一般的に結婚や出産などのライフイベントでキャリアが中断しやすいため、企業側が採用に慎重になる傾向があります。転職を成功に導くためには、キャリアプランだけでなくライフプランの設計が不可欠といえます。

独身の方は、今後結婚の予定や意志があるか、結婚後はどのように働くかなどを明確に思い描いておきましょう。

既婚者の方は、家事や育児により時間の制限があるかないかという点が正規雇用と非正規雇用の分け目となる可能性があります。生活リズムをふまえ、無理のない働き方を選びましょう。

女性にとって働きやすい環境が十分に整備されている職場はまだ多いとは言えませんが、女性を積極的に採用する企業は増加傾向にあります。さまざまな求人を比較検討し転職を成功させましょう。

在職中の方

働きながら転職活動を進めるのは楽なことではありませんが、経済的なリスクを回避できるという安心感があります。

転職活動中に現職の仕事が忙しくなった場合は、転職活動を一時中断するという判断も必要になります。スムーズな転職活動のために、仕事の動向を見ながら比較的時間に余裕のある時期に集中的に進めるようにしましょう。

また、事前のリサーチも重要です。応募や面談の時間が作れないときも、求人数や希望する職種の応募条件をチェックし、準備を進めましょう。

転職時期の決め方や最適なタイミングについてはこちらの記事を参考にしてください。

成功に欠かせない転職サイト・エージェント

求人情報を探す際には、転職サイトや転職エージェントへの登録が欠かせません。おすすめの転職サービスを紹介します。

リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3,000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職成功実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれに自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

ビズリーチ(BIZREACH)

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413人のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが、転職成功へ導いてくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

その他おすすめの転職サイトはこちらの記事で紹介しています。


薬剤師や医師、看護師といった業界特化の転職サイトランキングはこちらから。

転職を成功させキャリアアップを

転職を成功させるためには、スピーディーかつ要領よく進めていくことが大事です。業務で鍛えたスキルを活かせばよりスムーズに転職活動を進められるでしょう。

また、ポイントやコツをおさえることで、転職活動を効率的に進められます。転職を成功させキャリアアップにつなげましょう。

「希望にそった求人がみつからない」、「応募した求人に書類選考・面接が通らない」という方のほとんどは、転職サービスの選び方に失敗をしています。転職サイト・転職エージェントは、サービスごとに得意不得意があるため、3つのポイントから自分にあっているサービスを賢く活用する必要があります。

  • 年齢
  • 性別
  • 希望職種

登録、利用する転職サービスの数は、2~3サイトに絞ると、最新の求人情報のチェックや企業からのスカウト管理がしやすいです。
最新の求人を見逃さないように、大手転職サイトで1つ、自分の年齢にあっているサポートが受けられる転職エージェントを最低1つ以上活用がおすすめです。年齢やサービスの特徴別にサービスを比較記事から、自分に当てはまるものから選び、登録・活用してください。

年齢・特徴別 おすすめ転職サービス一覧

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】
「とりあえず3年」転職のタイミングとしてあり?第二新卒の転職で失敗しないために
フリーターは正社員へ転職すべき?活動で感じる困難と成功の秘訣
仕事したくないときの心理 | 理由と解決策・対処法 - 転職のコツやポイント
ニートの就活を完全攻略 | 履歴書の空白期間や注意点を知ろう
ニートが就職を成功させるには?おすすめの就職支援・業界・職種
フリーターの就職は難しい?おすすめ職種・業種と正社員になるメリット
ニートを脱却し再就職する方法 | 働きたい、仕事をしたいなら取るべき行動とは
プログラミングスクールおすすめ13選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い