コピー完了

記事TOP

フリーターから正社員就職できる支援サイト・サービス | 方法と準備・利用メリット

最終更新日:
現在フリーターとして生活している方の中には、正社員としての就職を考えている方も多いかと思います。就職を考えるときに気になるのが「そもそもフリーターから正社員に就職するなんてできるのか」「どうやったらフリーターから正社員に転職できるのか」といった疑問かもしれません。フリーターとして過ごしてきた方が正社員に就職するための具体的な方法を解説します。

1位:就職shop 2位:DYM就職 3位:ウズキャリ既卒
登録企業8,500社はすべて未経験者歓迎のべ10万人以上が利用した就職支援サービス。 相談者の96%が就職。フリーター向けの正社員求人が多い就職支援サービス。 既卒・フリーターの内定率は86%入社後も寄り添ってくれる就職支援サービス。

>>>フリーター向け転職エージェントはこちら

これまでフリーターとして過ごしてきた方からすると、正職員で就職するというのはかなり難しく、高いハードルに思えるかもしれません。

しかし、企業はフリーターかどうかよりも、志望者の能力や、持っている能力・スキルが企業にどのように役立つのかを重要視することが多いです。

フリーターに偏見を持つ企業もあるかもしれませんが、偏見を持つ企業は良くも悪くも見た目を重視するので、気にせず就職活動を進めましょう。

また、ニートからの就職をお考えの方はこちらもご覧ください。

フリーターから正社員就職できる支援サイトランキングTOP9

フリーターの方におすすめの就職サイトを紹介していきます。

それぞれのサービスでは、面接練習やキャリア形成などのサポートを受けられます。サイトを活用することで、一人で就職活動を行うよりも、より確実にゴールに近づけます。

1位:就職Shop

■ポイント1:書類選考なしで面接に進める求人多数
就職Shopでは書類選考のステップなしで面接に進める求人を中心に取り扱っています。履歴書の段階で落とされるのではないかと不安を感じているニートの方にも安心です。

■ポイント2:未経験歓迎の求人を中心に取り扱い
未経験者でも積極採用してくれる求人を中心に取り扱っているので、業務経験が十分にないニートの方でも採用される可能性があります。

■ポイント3:取材した企業から紹介
紹介する企業は就職Shopがすべて取材しているため、ニートの場合不安になりがちな職場の雰囲気や労働環境に関して第三者の視点から説明を受けられます。

就職Shopの評判・口コミはこちら

2位:DYM就職

■ポイント1:未経験やニートの就活に強い
DYM就職は、正社員未経験からでも正社員を目指せる就職支援サービスのため、ニートの方でも安心して利用できる転職サービスです。自らの長所を活かして就職を目指せます。

■ポイント2:書類選考を飛ばして面接から可能
DYM就職の特徴として、書類選考を飛ばしていきなり面接から行えます。自身の経歴に不安を持っているニートの方でも面接から挑戦できるので、自分の強みをアピールできます。

■ポイント3:不安事や悩みはエージェントに相談
就職活動で心配なことはエージェントに相談しましょう。ニートの立場に沿ったアドバイスをしてくれたり、内容によってはあなたの代わりに対応してくれたりします。

おすすめ転職エージェント評判・口コミ比較ランキングはこちら

3位:ハタラクティブ

■ポイント1:ニートを含めて若年層に特化した就職支援サポート
ニート、フリーター、既卒、第二新卒などを含めて、転職市場では需要が少ない求職者層に特化して就職支援を行っています。

■ポイント2:未経験者用の求人を常時2,300件キープ
未経験者用の求人を常時2,300件以上キープしており、実績の薄い求職者でも転職できるようにサポートしてくれます。

■ポイント3:厚生労働省の事業受託実績有り
2014年度から2016年度まで厚生労働省の若者キャリア応援制度の受託事業者として、若者の紹介予定派遣を活用した正社員への就職を支援していました。

ハタラクティブの転職サービス一覧|口コミ・評判はこちら

4位:JAIC(ジェイック)

■ポイント1:20代の就職・転職に特化
JAICは、就職率80.3%以上の実績を誇る就職支援サービスを提供しています。無料で「就職してから困らない社会人の基礎セミナー」を全国各地で開催しており、20代の就職と転職を全面的にバックアップしています。そのため、未経験の方にもおすすめです。

■ポイント2:レベルの高い研修を受けられる
無料で就活講座を受講でき、履歴書の書き方や面接対策などから、ビジネスパーソンとして必要な身だしなみ、電話対応、名刺交換などといった、ニートのままだと知らないことが多いビジネスマナーや営業の方法といったレベルの高い研修を幅広く受けられます。

■ポイント3:企業幹部と直接面談可能
研修を最後まで受けることで、集団説明会に参加でき、書類選考を飛ばして、企業幹部と直接面談ができるため、内定をもらえる確率が高くなります。

5位:ウズキャリ既卒

■ポイント1:ニート・第二新卒・フリーターの就職率86%以上
ウズキャリ既卒は、ニート・第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイトです。就職率は86%以上あります。

■ポイント2:ブラック企業を徹底排除
過去に就職成功した方から企業の情報を受け取っているので、ブラック企業は未然に排除されています。そのため、入社後の定着率は93%を誇っています。

■ポイント3:大手からベンチャーまで優良企業多数
大手企業からあまり知られていないベンチャーまで、若い人材を積極的に採用している企業を紹介しています。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちら

6位:いい就職ドットコム

■ポイント1:既卒・第二新卒向けの求人1万件以上

既卒や第二新卒が正社員就職をするための支援サイトで、既卒・第二新卒向けの求人も1万件以上あります。

■ポイント2:気になる企業は個別で紹介してくれる

社風や先行難易度など、Webページだけではわかりにくい企業の特徴を面談で紹介してくれます。東京・大阪・名古屋・横浜の4拠点があるので、近くの拠点で相談しましょう。

■ポイント3:求人掲載企業の社長や先輩社員を招いたセミナーも

社長や先輩社員を招いたセミナーにも参加できます。中にはセミナー後に1次選考会を受けられるものもあるので、すぐにでも就職したい方にはおすすめです。

20代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

7位:UZUZ オーダーメイド型就活サポート

■ポイント1:20時間を超えることもある徹底的なサポート

既卒・第二新卒の就職に特化したオーダーメイド型の就職活動サポートを提供しています。

■ポイント2:既卒・第二新卒・フリーター向け就活メディアも

フリーターが就職しやすい業界はどこなのか、といったフリーターが気になる情報も掲載しています。

■ポイント3:入社後のアフターフォローで定着率94.7%

入社後3か月間、初めての環境や人間関係に慣れるためのフォローを行うため、既卒やフリーターの方でも安心して就職できます。

フリーターの就職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

8位:女子カレッジ

■ポイント1:20代女性の就職に特化

第二新卒やフリーターなど、 社会人経験の少ない20代の女性が対象の転職サイトです。登録すれば20代の女性に特化した就職講座を無料で受講できます。

■ポイント2:就職支援実績14,000人以上

事務や営業への就職に強みがあり、就職成功率はなんと80%以上。ニートやフリーターからの就職のコツまで教えてくれます。

■ポイント3:入社後定着率94.3%

登録すれば書類選考が免除され、「育休・産休制度が整っている」「土日休み」などの女性が働きやすい優良企業20社と面接できます。就職後も、いつでも専任のアドバイザーに無料で相談できるため、入社後定着率94.3%と高い数値を誇っています。

女性向けのおすすめエージェント比較ランキングはこちら

9位:マイナビジョブ20's アドバンス

■ポイント1:3・4月限定の就職未内定・既卒向けサービス

2018年4月~2019年3月に大学・大学院・短期大学・専門学校を卒業していて、内定がなかったり、既卒の方向けのサービスです。

■ポイント2:適性診断でキャリアカウンセリングも

毎年数千万人が受験するマイナビの適性診断の結果をもとにキャリアカウンセリングを行ってくれます。

■ポイント3:既卒・未就業を積極的に採用する企業に出会える

面談と研修の終了後、企業とマッチングできる選考会に、書類選考なしで参加できます。既卒・未就業者を積極的に採用している企業が多く参加しているので、就職できる可能性が高まります。


その他のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

フリーター就職支援サービス3選

就職サイト以外にも就職支援サービスがあり、フリーターの方も活用できます。地域に根ざしているものが多いので、雰囲気を確かめるためにも実際に施設に足を運び、自分にあったものを選びましょう。

ハローワーク

ハローワークとは公共職業安定所のことで、就業先の紹介や、雇用保険の手続きや失業保険の手続き・支給を行っています。民間の支援サービスと違い利用料がかかりませんが、求職者で混雑していることが多いです。

就業先の案内だけでなく、失業保険の手続きのために訪れる方も多く、紹介までにかなり時間がとられる可能性があります。

若者サポートステーション

若者サポートステーションは「サポステ」とも呼ばれ、働くことに悩みを抱えている15~39歳までの方を対象とした就職相談窓口を開設しています。

サポートステーションは全国のNPO法人や民間企業が支援しており、施設の総数は全国で173か所となっています。

「意外と近くにサポステがあった」という方も多く、ハローワークに行くのは大変に感じる方は、まず最寄りのサポステを探してみるのもおすすめです。

ジョブカフェ

ジョブカフェとは都道府県が主体的に設置している就職支援施設で、地域の特色を生かした就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業紹介を行っています。

主に15歳から34歳の方を対象としていますが、地域によって対象年齢に違いがあります。最寄りのジョブカフェに行くときには、事前に対象年齢を確認しましょう。

フリーター就職の準備手順

フリーターから就職する場合、いくつかのポイントを押さえておくことで、希望する就職先にたどり着きやすくなります。それぞれのポイントをしっかりと押さえ、確実に就職をつかみましょう。

自己分析

まず大切なのが自己分析です。自分がどのような状況にいるのか、そして何が強みなのか、どのような仕事を希望しているのかを分析しましょう。

基本的なことに思えるかもしれませんが、自己分析をすることで自分に合った企業にたどり着きやすくなります。

志望キャリアを計画

次に自己分析をもとに、キャリアプランを考えましょう。どんな仕事をしてみたいのか、10年後はどんな自分になっていたいのかなど、具体的に考えるのがポイントです。もしイメージしにくい場合は業界や企業分析をした後に考えてみましょう。

業界・企業分析

働きたい業界や企業について網羅的に分析しましょう。志望している業界はもちろん、志望していない業界も調査すると、新しい発見があるかもしれません。

履歴書など必要書類の作成

キャリアを計画したら履歴書などの応募書類を作成しましょう。転職サイトの中には、履歴書や職務経歴書などの書類の添削を行ってくれるサイトもあるので、積極的に活用していきましょう。

自信のない方は、そういったサポートのある転職サイトの利用も視野に入れてください。

企業への応募

自分の就職したい企業が明確になったら、さっそく応募しましょう。1社2社の企業に厳選するのではなく、いくつもの企業に応募するようにしましょう。最初はなんとなく応募してても、面接してみたら自分に合った企業だったなんてこともありえます。

面接

次に面接です。面接では正直にこれまでの自分について伝え、自分が企業に入りたい理由や、企業に貢献できるポイントを具体的に説明できるようにしておきましょう。

フリーターと正社員の違い

フリーターと正社員は年収待遇の面で大きな差があります。全体的にフリーターの方がリスクが高く、働くうえでは注意が必要です。フリーターとして働くことのリスクについて具体的に解説します。

生涯年収

平成27年賃金構造基本統計調査によると、正規職員と非正規職員では次のような賃金差があります。

正規 非正規
男性 178,012,400円 98,152,400円
女性 130,528,400円 76,927,800円

この収入の差に加え、正規雇用は納める年金の半分を企業が負担するため、正規採用の方が収入の面でかなり有利であるといえます。

福利厚生

フリーターは保険をはじめとして、必ずしも福利厚生が充実しているわけではありません。フリーターには失業保険がなく、リストラされると次の仕事まで貯蓄を切り崩して生活しなくてはなりません。

クレジットカードやローン

フリーターは、社会的信用が低いために借金をするための審査が通らない、ということも起こりえます。家や車を買う際にはローンを組む方が多いと思いますが、フリーターの場合はローンを組むことが難しく、かなりのデメリットとなってしまいます。

フリーターでも正社員就職は夢じゃない

フリーターであっても、これまでの経験や支援サイトをうまく活かせば、正職員に転職できる可能性は高まります。「フリーターだったから」とネガティブに考える方も多いかもしれませんが、これまで努力してきたことをアピールすれば、採用してくれる企業は必ずあります。

就職活動というと、気が重く感じてしまうかもしれませんが、まずは支援サイトに登録だけでもしてみましょう。さまざまなサポートを得られるので、スムーズに就職活動を進められます。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事