コピー完了

記事TOP

Wantedly(ウォンテッドリー)とは | 評判・使い方・転職サービスとの違い

最終更新日:
WantedlyはビジネスSNSの一種で20代若手社員やエンジニアなどが中心に利用しているサービスです。転職だけではなく、新卒の就職やインターンにも使用することができます。Wantedlyの評判や使い方(ログイン、退会方法など)について説明します。

Wantedlyとは

WantedlyはビジネスSNSの一種で、仕事上の人脈などを管理できるのはもちろんのこと、ビジネス情報の収集や転職の際に会社探しや選考エントリーにも活用できるWEBサービスです。

利用者は120万人以上おり、20代30代の若手ビジネスパーソンが多いです。

エンジニアデザイナーセールスなどIT・WEB系の職種を中心に、総合商社や大手外資系の企業の社員まで幅広い人材がWantedlyを利用しています。

Wantedlyの良い評判・メリット

まずは、Wantedlyにまつわる良い評判・メリットなど肯定的な側面について説明します。

気軽に企業とコンタクトがとれる

まず、Wntedlyのメリットとして挙げられるのが、気軽に企業とコンタクトがとれることです。

通常、他企業の人と直接会うというのは、面接のように選考されているのではないか、まだ興味があるというレベルでしかないのに、企業の中の人に時間を作ってもらうのは失礼ではないかと躊躇してしまいがちになります。

Wantedlyは、「話を聞きに行きたい」という応募ボタンを作り、選考に囚われないフランクな企業とビジネスパーソンのコミュニケーションを促してくれます。

自分に合った価値観の企業に出会える

Wantedlyは自分にあった価値観の企業に出会える可能性が高いです。

通常の求人サービスと異なり、あえて年収や待遇などの人材募集要項の掲載を運利側が禁止しているので、会社の価値観や仕事内容、人間関係にフォーカスして企業を探せます。

価値観があう企業からスカウトが来る

一般の転職サイトは求人企業や転職エージェントなどが、個人のプロフィールに関わらず手あたり次第スカウトメールを送っていることが多いです。

一方でWantedlyの場合は、企業側がプロフィールを見てから、ビジネスパーソンにスカウトメールを送るのが一般的です。

プロフィールを充実させておくことによって、企業側が個人の価値観を把握してからスカウトメールを送ってくれる確率が高まります。

Wantedlyの悪い評判・デメリット

一方でWantedlyには悪い評判もデメリットも存在します。3つデメリットを説明します。

応募前に給与や条件の確認ができない

まず、デメリットとして挙げられるのが、応募前に給与や待遇の確認ができないことです。

メリットの所でも説明したとおり、Wantedly側が給与や待遇などの条件の記載を禁止しているので、良いなと思った企業でもWantedlyでは待遇を確認できません。

気になる場合は、必要に応じて他の求人サイトや公式HPで待遇を確認するようにしてください。

労働環境の悪い企業が紛れている

Wantedlyは掲載費用が安く、創業間もない企業や、あまり利益が上がっていない企業でも活用できるサービスです。

さらに、Wantedlyのシステムでは、待遇などを事前に調べられません。

よって、Wantedlyで面白そうだったからというだけで、企業を選ぶと労働環境の悪い企業にひっかかる可能性があります。

プライベートを公開する必要がある

WantedlyはFacebookと連動しているため、Wantedlyから個人のFacebookにアクセスして、個人的な投稿を企業の人に閲覧される可能性があります。

プライベートと仕事をきっちり線引きしたい人にはデメリットとなりますし、Facebookの投稿に社会慣習上相応しくない投稿があれば、選考で不利な扱いを受ける可能性もあります。


Wantedly以外のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

Wantedlyの使い方

Wantedlyの使い方について説明します。

ログイン(登録)の方法

まずはWantedlyのログイン(登録)の方法について説明します。Wantedlyの登録方法は2つあり、Facebookと連携させるか、Emailで登録する方法があります。

Facebookと連携させる

簡単なのはFacebookと連携させる方法で、ログイン画面から「Facebookで今すぐログイン」を選択して、「Facebookで今すぐログイン・登録」をクリックすれば簡単にアカウントを登録できます。

ただし、前提としてFacebookアカウント保有していること、ログイン中であることが必要です。

Emailで登録する

2つ目の方法としてEmailで登録する方法があります。Facebook連携と同じようにログイン画面からEmailで登録を選択して、登録画面で必要事項を入力して登録します。

採用までの流れ

Wantedlyの特徴は気軽に話を聞きに行けることです。

各職種の募集画面にある、「話を聞きに行きたい」ボタンをクリックするだけで、エントリーが完了するので、あとは企業の中の人と相談して具体的な日取りを決定します。

スカウトの仕組み

Wantedlyでは企業側からビジネスパーソンに対してスカウトを送れる機能があります。

スカウトを受けるためには、個人のスキルや経歴などのプロフィールを具体的に埋めなくてはなりません。

プロフィールが充実していないユーザーに対して、充実しているユーザーのスカウト数は2〜4倍です。

プロフィールを記載する際は、具体的に以下のような点に気をつけてください。

〈プロフィールづくりのポイント〉

  • 経験実績・スキルを簡単に記載する
  • 専門分野や好きな分野を記載する
  • ブログやSNSのリンクを記載する

退会の仕方

一度アカウント登録しても、任意のタイミングで退会可能です。

退会する場合は、右上の自分のアイコンをクリックして、メニューの中から「アカウント設定」を選択して、「アカウント管理」→「アカウントを削除する」を選択します。

プレミアムプランについて

通常の会員プランの他にもWantedlyにはプレミアムプランというプランも存在します。

プレミアムプランは月額2,980円を支払うことで、以下で説明するような機能を使用できます。

初回無料、一週間無料などのキャンペーンを実施している場合もあるので、転職を考えている方は使用しても良いかもしれません。

〈プレミアムプランの機能〉

  • 企業からのスカウトされるチャンスが増える
  • 企業に自分のやる気をアピールできる
  • 自身のプロフィールを見た企業を確認できる

Wantedlyの活用方法

Wantedlyはどのようなシチュエーションで活用できるのでしょうか。具体的な4つのパターンについて紹介します。

インターンで活用する

Wantedlyは就職・採用だけではなくインターンにも力をいれています。

学生だけでも10万人以上が登録しており、企業が出している求人の約30%は学生向きです。

また、Wantedlyインターンという専用のアプリも開発・運営しています。

新卒就活で活用する

新卒就活の際にもWantedlyは活用できます。

Wantedlyのユーザーは若手のビジネスパーソンは多く、若手を採用したい企業が新卒採用を含めて積極的に展開しています。

また、採用コストが安いため、有名求人サイトには掲載されていないようなスタートアップ企業などにも巡り会えるかもしれません。

転職で活用する

もちろん、転職でもWantedlyを活用できます。Wantedlyは、まず企業の中の人に会って話を聞くという、企業とのライトな付き合いから可能になります。

また、事前のミスマッチが少なくなることにより、書類選考で落とされることは極めて少なくなりますし、会社の雰囲気を知ってから転職できます。

>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

エンジニア職で活用する

Wantedlyに登録している職種として一番多いのがエンジニアであり、エンジニアの採用にWantedlyを使用する企業もたくさん存在します。

エンジニアとして自分の仕事観や能力などをきちんと知ってもらったうえで、オファーが欲しいという方にも良い就職・転職ツールとなるでしょう。

>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職サイトはこちら
>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職エージェントはこちら

Wantedlyのサービス

WanatedlyにはビジネスSNSだけではなく、そこから派生した2つのサービスが存在します。

「Wantedly people」「Wantedly chat」というサービスについて紹介します。

Wantedly people(名刺アプリ)

Wantedly peopleは個人用の名刺管理アプリの一種です。名刺をアプリを使って撮影することによって、スキャニング、システムに記録できます。

また、データをその場で検索、相手もWantedly peopleに登録している場合は、相手とSNSのようにつながれます。代表的な特徴は以下のとおりです。

〈Wantedly peopleの特徴〉

  • 基本利用料が無料
  • 同時に複数の名刺を読み取れる
  • 共通の話題を提供してくれる
  • 自己アピール機能がある

Wantedly chat(ビジネス用チャット)

Wantedly chatはビジネス用のチャットツールです。

社内のコミュニケーションはもちろんのこと、チャットグループのURLをシェアすれば社外メンバーもチャットに加えられます。

また、高い信頼性とセキュリティ水準を持つデータセンタで情報を保存、通信にはSSLを用いた暗号化通信を採用することにより、セキュリティにも力をいれています。

〈Wantedly chatの特徴〉

  • メンションの一覧化で情報の抜け漏れを防ぐ
  • ファイル共有機能でやりとりがスムーズ
  • ナレッジの共有が簡単

Wantedlyで自分に合った企業を探そう

Wantedlyは、一般的な転職サイトよりも、より企業の持っている価値観や仕事内容に迫れると評判のビジネスSNSです。

ビジネスパーソンとしてはFacebook連動して簡単にアカウント登録&ログインが簡単にできますし、企業としても採用のための料金が安いというメリットがあります。

関連ツールのWantedly peopleWantedly chatも併用すれば個人のビジネスの効率化が期待できるでしょう。

IT業界向けの転職サイトはこちら
IT業界向けの転職エージェントはこちら

Wantedly以外の人気の転職エージェントTOP3

ここからはWantedly以外の、人気の転職エージェントを3つ紹介していきます。

1位:リクルートエージェント

■Point1:10万件以上の非公開求人を保有
10万件以上の非公開求人を保有し、たくさんの福岡の良質な求人案件を保有しています。

■Point2:年間4万人程度の転職実績
年間40,000人程度の転職実績があり、国内でもトップクラスのエージェントです。

■Point3:土日・20時以降の対応OK
平日は忙しくて相談できないという場合も予約すれば、土日・20時以降に対応してくれます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼される転職エージェントNo,1
楽天リサーチの調査によると20代に信頼されている転職エージェントで1位に輝いています。

■Point2:キャリアドバイザーに業界出身者が多い
キャリアアドバイザーを各業界からヘッドハンティングしているので、業界毎の特性を把握したキャリアアドバズをしてくれます。

■Point3:サポートが充実
転職エージェントの中でも親身なサポート力に定評があります。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:doda(デューダ)

■Point1:10万件以上の案件を保有
10万件以上の求人案件を保有していて、福岡県の良質な求人も保有しています。

■Point2:メーカーやIT系の求人に強い
メーカーやIT系の求人に強く、福岡県で盛んな産業とマッチしています。

■Point3:キャリアアドバイザーがしっかりとサポート
応募書類の添削、面接サポート、面接の日程調整から年収交渉など面倒な手続きをすべて代行、協力してくれます。

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(エージェント別評判・口コミ)の最近更新された記事
アマゾンジャパン(Amazon)への転職を成功させる方法 | 採用情報や評判・口コミからわかる特徴と転職のポイント
GEEK JOBの評判まとめ | 卒業生や在校生のリアルな口コミを調査
Geekly(ギークリー)の評判 は悪くない | 口コミ調査からわかる特徴
Forkwell(フォークウェル)で成功させるエンジニア転職 | 特徴・評判・利用方法
転職エージェントおすすめランキング - 評判・口コミを比較 【年代別・女性向け】
大手転職サイトおすすめ7社比較 | マイナビ、doda、enなどの特徴や得意業界を調査
ハタラクティブは未経験でも転職できる!取材でわかった本当のメリット
ファナックの評判・口コミまとめ|転職を成功させるポイントと特徴を解説
リブズキャリアの評判・口コミ - 女性向け転職サービス | スカウトやエージェントも
ミイダスの評判・口コミの真相 | 年収査定・面接確約オファーは信用すべき?