コピー完了

記事TOP

転職ドラフトでエンジニアなら年収アップ!?評判や利用・登録手順

最終更新日:
転職ドラフトはエンジニアの転職に特化して作られたサイトであり、レジュメを登録するだけで企業からスカウトを受けられます。上手く活用すれば年収アップも可能です。転職ドラフトの利用方法や活用メリット・デメリットまで詳しく紹介していくので、転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

転職ドラフトとは

転職ドラフトとはエンジニア向けの転職サイトです。ただし、通常の転職サイトとは採用過程が異なり、企業からスカウトを行うドラフト方式により採用が進められます。

転職ドラフトに登録すれば、あとは企業からの指名を待つだけなので転職活動をスムーズに進められます。

指名を受ける際には年収や仕事情報など勤務条件が提示されるので、十分に情報を得たうえで企業を選択できるのも嬉しいポイントです。

また、デザイナーの転職を応援するために「デザイナードラフト」というサービスも提供されています。

>>>IT業界・エンジニア向けの転職エージェントはこちら
>>>デザイナー向けの転職サイトはこちら

転職ドラフトの良い評判・メリット

転職ドラフトはドラフト方式で採用を行うため、企業間で競争が生まれ、高待遇が提示されやすくなっています。

また、スカウトを待つだけで簡単に転職活動を行える点も良い評判につながっています。転職ドラフトの良い評判・メリットは次のとおりです。

  • 年収アップが期待できる
  • 企業からスカウトを受けられる
  • 他のエンジニアの情報を確認できる
  • 自己推奨機能がある
  • ランク制度がある

各メリットについて説明します。

年収アップが期待できる

転職ドラフトではエンジニアの実力が正当に評価されるよう、採用においてドラフト方式が取られています。

採用候補者への指名は提示条件がすべて開示された公開制による競争入札で行われており、交渉権は1社のみに与えられるわけではありませんが、自社を選択してもらうために通常よりも好条件が提示されやすくなります。

提示条件を企業同士で確認できるため競争原理が働き、給与額が上がりやすくなるので市場価格よりも高い年収を期待できます。

企業からスカウトを受けられる

転職活動を行う際は、通常であれば自ら求人に応募する必要があります。

しかし、転職ドラフトでは登録したレジュメをもとに企業がスカウトを行うため、応募者自らアクションを起こす必要はありません。

入札があれば提示条件を確認して、指名の「受諾」または「辞退」を選択するだけなので非常に楽に転職活動を進められます。

また、企業間ごとの提示条件を比較できるので、市場価値の相場をしっかりと把握したうえで好条件の企業を選択して選考に進めます。

他のエンジニアの情報を確認できる

転職ドラフトでは自分の情報だけではなく、他者のプロフィールや入札状況も閲覧可能となっています。

入札状況を見比べられるため、エンジニア業界における自分の立ち位置を客観的に判断したうえで今後のキャリアプランを構築できます。

また、評価が高い人物のプロフィールを参考にして、企業から評価されるポイントやスキルの分析も行えます。

取得した情報を上手く活用して、レジュメの改善やスキルの向上を行えば好条件の入札を獲得できる確率を高められます。

自己推奨機能がある

転職ドラフトではスカウトを待つだけではなく、自己推薦機能を使って自ら企業にアプローチも行えます。

ドラフトで声がかからなかった企業でも自己推薦は可能なため、気になる企業があれば積極的に機能を活用しましょう。

ただし、自己推薦機能はすべての企業に利用できるわけではなく、自己推薦枠を持つ企業にしか使えないのでご注意ください。

また、自己推薦枠は随時更新さるため、枠が追加された際に見逃さないよう定期的にチェックを行いましょう。

ゴット級やスター級など格付け制度がある

入札状況に応じて独自のランク制度が設けられており、スキルに応じた年収の相場を把握する指標として活用できます。ランクによる年収の目安は以下のとおりです。

ランク 年収
レジェンド級 1,000万円
ゴッド級 900万円台
ウィザード級 800万円
スター級 600万円700万円

他のエンジニアのランクも確認できるので、スキルやキャリアに応じてどれぐらいの年収が望めるのか容易に把握が可能です。

今後の転職活動やキャリアプランを考える参考にもなるので、積極的に情報を見て活用していきましょう。

【2019年最新】プログラミング言語の種類と選び方|将来性の高い言語一覧はこちら

転職ドラフトの悪い評判・デメリット

転職ドラフトは転職活動をサポートしてくれる便利な機能が多く備わっていますが、デメリットも存在します。利用を開始してから後悔しないよう、デメリットも把握しておきましょう。

転職ドラフトの悪い評判・デメリットは次のとおりです。

  • レジュメ審査のハードルが高い
  • ドラフトは奇数月のみ開催
  • 自分で企業を選べない

各デメリットについて説明します。

レジュメ審査のハードルが高い

転職ドラフトは誰でも登録できるわけではありません。登録を行う際にキャリアやスキルをレジュメに記す必要があり、レジュメの情報をもとに審査が行われます。

審査に通過すれば登録は許可されますが、審査は非常に厳しく簡単に突破できなという点は留意しておかなければいけません。

通過率を上げるためにレジュメは適当に記さず、すべての項目を詳細に記すようにしてください。ただし、だらだら長文を書くだけでは意味がないので、端的にわかりやすい文章を心がけるようにしましょう。

審査が通らない場合は他のサービスの利用も視野に入れておくといいでしょう。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職サイトはこちら

ドラフトは奇数月のみ開催

ドラフトは毎月開催されるわけではなく、奇数月のみにしか開催されません。

ドラフトに参加できる回数は多くても1年に6回のみとチャンスは少なく、一度チャンスを逃すと次の開催まで長い期間待たなければいけません。

登録月によっては次のドラフト開催まで期間がある場合もあり、スムーズに転職活動を進められない可能性があります。

転職ドラフトの日程に合わせてしか転職活動を行えず、希望の時期に転職できないのは大きなデメリットとなります。

自分で企業を選ぶことはできない

自己推薦機能は備わっているものの、転職ドラフトにおける採用はスカウトが中心です。基本的には指名を受けた企業の中から就職先を探すため、指名が入らなければ選考には進めません。

すでに気になる企業がある方は、指名を待ち続けるのは時間の無駄になってしまうため、直接問い合わせるか、他のエージェントを利用したほうが良いかもしれません。

転職ドラフトの仕組みを十分に理解せず利用を開始してしまうと、希望する結果が得られないので注意してください。

転職ドラフトの利用・登録手順

転職ドラフトを利用するための登録手順をまとめました。

手間のかかる手続きもありますが、手を抜くとドラフトを受けられなくなってしまうため、めんどくさがらず時間をかけて登録を行いましょう。

アカウントを作成する

転職ドラフトに登録するにはアカウントの作成が必要となります。

アカウントを作成は転職ドラフトの公式サイトから行えます。

ENTRYボタンを押すと登録画面が開くので、ユーザー名やメールアドレスなどの基本情報を入力し、アカウント作成ボタンをクリックしてください。

登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、記載されたURLをクリックし登録を完了させましょう。

レジュメを作成し審査を受ける

アカウント登録後に転職ドラフトのサイトからログインを行うと、レジュメ作成画面が開きます。

基本的なプロフィールや所有しているスキル、これまでの経験などを入力してレジュメの登録を完了させてください。

レジュメの内容をもとに登録の可否が決まります。入力項目は多いですが、アピールポイントがしっかりと伝わるよう手を抜かず詳細に記載してください。

求人企業からの指名

レジュメ審査を通過すると、晴れてドラフトの対象候補となります。

審査に通過した時点で自動的にエントリーされるため、ドラフトを受けるために特別な手続きを行う必要ありません。

また、レジュメを見た企業があれば、指名の有無に関わらず足跡情報として記録されるので、どのような企業に興味を持たれているのか随時確認できます。

企業との面談・内定

指名を受けた中に興味を持てる企業があれば、指名の受諾を行ってください。

受諾をすれば企業とメッセージのやりとりが行えるようになるので、面談の日程を調整し、面談において両者が合意に至れば内定となります。

なお、面談は1社のみではなく複数社受けられるので、気になる企業があれば積極的に面談に進んでください。

Moffersとの違い 

Moffersは転職ドラフトと同じスカウトサービスを行うサイトです。Moffersと転職ドラフトの違いについて説明していきます。

求人情報の多さ

転職ドラフトはMoffersに比べて圧倒的に多い求人の取り扱いを行っています。

そもそも転職ドラフトはエンジニアの転職に特化して作られたサイトであり、情報量は非常に豊富です。

また、単に求人数が多いだけではなく求人の種類も豊富で、求人の質でも勝っています。エンジニア業界における求人においては他を抜きん出ており、安心して転職活動に利用できます。

スカウトする企業の幅

年収確約型スカウトサービスを最初に始めたのは転職ドラフトです。

今ではMoffersでも同様のサービスを利用できますが、求人の幅でも転職ドラフトが一歩リードしています。

初期からサービスを提供しているため、多くの企業が転職ドラフトでスカウトを行っており、大企業から中小企業、ベンチャー企業まで多様な会社からオファーが期待できます。

転職ドラフトで自分に合った企業に出会おう

転職ドラフトはレジュメさえ登録すれば、あとはスカウトを待つだけで転職活動を行えるので非常に便利です。

ドラフト方式が採用されているため通常の採用に比べ企業間で人材の獲得競争が生まれやすく、好条件が提示されやすいのも嬉しいポイントです。

また、提示条件を比較できるので、自分の市場価値を把握したうえで納得した企業選びを行えます。

自分の実力を正当に評価してくれる企業に転職したいという方は、転職ドラフトを活用してみてはいかがでしょうか。

エンジニア向けおすすめ記事一覧



本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(エージェント別評判・口コミ)の最近更新された記事
アマゾンジャパン(Amazon)への転職を成功させる方法 | 採用情報や評判・口コミからわかる特徴と転職のポイント
GEEK JOBの評判まとめ | 卒業生や在校生のリアルな口コミを調査
Geekly(ギークリー)の評判 は悪くない | 口コミ調査からわかる特徴
Forkwell(フォークウェル)で成功させるエンジニア転職 | 特徴・評判・利用方法
転職エージェントおすすめランキング - 評判・口コミを比較 【年代別・女性向け】
大手転職サイトおすすめ7社比較 | マイナビ、doda、enなどの特徴や得意業界を調査
ハタラクティブは未経験でも転職できる!取材でわかった本当のメリット
Wantedly(ウォンテッドリー)とは | 評判・使い方・転職サービスとの違い
ファナックの評判・口コミまとめ|転職を成功させるポイントと特徴を解説
リブズキャリアの評判・口コミ - 女性向け転職サービス | スカウトやエージェントも