コピー完了

記事TOP

システムエンジニア(SE)とは | 仕事内容や年収・必要なスキル・種類を解説

最終更新日:
システムエンジニア(SE)とは、具体的な仕事内容や年収、また、必要な資格やスキル・未経験でもなれるのか気になる方も多いと思います。システムエンジニアの仕事や実態について気になる点をまとめて解説します。

プログラミングスクールおすすめランキング3選

1位 DMM WEBCAMP 2位 プログラマカレッジ 3位 GEEK JOB
業界トップクラス、転職成功率98%を誇る転職保証付きのプログラミングスクール 正社員就業率96.2%!プログラマ専門の就職サポート体制(無料) 最短22日で就職可能。未経験者でも転職できる受講料0円のプログラミングスクール

>>>おすすめプログラミングスクールの詳細はこちら

目次を閉じる

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアをわかりやすく簡単に説明すると、情報システムを設計する技術者のことです。顧客のニーズをもとに、要望にあったシステムを設計・開発・テストするのが仕事です。

よく「システムエンジニアはきつい仕事だ」と言われることがあります。それは、「勉強することが多い」「常にトレンドを追いかける必要がある」「納期前には残業が多い」といったことにあるのでしょう。

システムエンジニアは男性が多いですが、最近では女性エンジニアも増えてきています。

>>>IT・Web業界おすすめの転職エージェントはこちら

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニアは、簡単にいうと「顧客へのヒアリングを通して、ニーズにあったシステムを設計する」のが仕事です。中には、コストなどのマネジメントも含まれています。

システムエンジニアの仕事は、具体的に以下のような流れとなっています。

  1. 要求分析・要件定義:顧客ニーズをもとに費用などから実現するシステムの内容を決める
  2. 基本設計:構築するシステム概要を決める
  3. 詳細設計:詳細なシステム内容を決める
  4. テスト:意図したとおり動作するか納入前にテストをする

以下ではシステムエンジニアのそれぞれの仕事の流れについて詳しく説明していきます。

要求分析と要件定義をする

顧客へのヒアリングや、換装・移行の場合は現行環境の調査も行ったうえで、コストや開発期間のバランスを検討し、顧客ニーズに合うのはどういったシステムなのかを検討し、具体化します。

基本設計をする

要件定義をもとに、システムにどういった仕組みや機能を持たせるのかを決めて設計する工程です。具体的には以下のようなことを決めていきます。

  • 具体的にどういった画面や操作を行うようにするのか
  • どんな情報をデータベースに入れるのか
  • 外部システムと連携させるのか

詳細設計をする

基本設計が終わると詳細設計を行います。詳細設計の段階では、基本設計で決めた実現していくべき機能や仕組み、サイトの外観などを具体的に設計します。

データベースであればOracleなどどのソフトウェアを使うか、開発はどんな言語で行うか、システムのパーティンション構成など具体的に作業ができる設計書に落とし込む作業を行います。

これを踏まえ、実際に開発を行うプログラマーやエンジニアに指示を行います。

【2019年最新】プログラミング言語の種類と選び方|将来性の高い言語はこちら

システムのテストをする

プログラマーやエンジニアによって開発されたシステムが、実際に意図したとおりに動作しているかをテストする工程です。

テストは、開発された部品ごとに行われる「単体テスト」と、すべての部品を合わせたときにしっかりと動作するかを確かめる「結合テスト」に分けて行われます。

ここで、問題がなければ顧客にシステムの説明を行い、納品となります。

システムエンジニア(SE)の平均年収

システムエンジニアの年収は、経験や持っているスキル、業種によっても変わりますが、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると平均年収は550.8万円です。

また、初任給(給料)は21万円程度で、一般的な他の職種と比べて大きく差はありません。

ただ、求人サイトなどでは経験を積んだエンジニアになると700万800万と年収がアップしていく傾向もあり、経験とスキル次第で一般的な職種と比べても大幅な年収アップが期待できます。


年代ごとの年収については次の記事をご覧ください。

SEの年収が高い理由

システムエンジニアは、経験を積み、スキルを磨けば一般的な仕事に比べて給与アップが期待できます。理由は、主に以下の3点です。

  • IT業界全体が人手不足で、長期的にその傾向が続く
  • 専門性が高いので、誰でもできるわけではない
  • 納期前などに残業が増えるため、残業代が多い

システムエンジニア(SE)に必要な資格・スキル

SEになるのに資格・スキルは必要なのか、また必要ならどういった資格・スキルなのかを説明していきます。

システムエンジニア(SE)に資格は必要ない

現場でシステムエンジニアとして仕事をしていくうえで、必ずしも資格は必要ありません。しかし、資格を取得することで以下のようなメリットがあります。

  • 知識や技術が身につき、仕事の幅が広がる
  • スキルアップやキャリアアップにつながる
  • 転職の際にアピールでき、有利になる

また、最近は資格を取得していると給与に「資格手当」などを設けている企業もあります。資格は必ずしも必要ではありませんが、こうしたメリットがあることを覚えておきましょう。

【IT資格】エンジニア・情報系15選 - 転職に役立つ国家資格合格のポイントはこちら

システムエンジニア(SE)に必要なスキル

ITの技術や知識はもちろんのこと、システムエンジニアとして仕事をしていくためには、一定のスキルが必要となります。システムエンジニアにとって必要なスキルは、以下のようなものです。

  • サーバーやネットワーク、プログラミングなどIT関連の知識
  • マネジメント能力
  • 顧客やチーム内でのコミュニケーション力
  • 論理的思考力

IT関連の知識・スキル

システムエンジニアに必要なのは「プログラミング言語」「データベース」「ネットワーク」「セキュリティ」などIT関連の知識・スキルです。

IT技術の進歩は早く、必要とされる知識やスキルも幅広いので、日々に勉強が必要不可欠になります。

他にも、手順書や提案書を作成する文章作成能力や、海外の技術者とのやりとりができるように英語力があるとなお良いでしょう。

マネジメント能力

エンジニアの開発スケジュールはタイトになる場合もあります。納期に間に合うように作業スケジュールの管理を行い、メンバーに負担がかかるのを防ぐマネジメント能力が必要です。

人員調整・工程管理・作業見積もりについても勉強しておくといいでしょう。

コミュニケーション能力

システム開発は一人で行うものではなく、多くの人と関わり意思疎通をしながら進める必要があるため、コミュニケーション能力が必要です。

システムエンジニアは顧客から要求をヒアリングし、正確にニーズを汲み取らなければなりません。

チームをまとめたり、顧客の抱える問題を明確にしたりするためにもコミュニケーション能力は重要です。


IT業界の転職に役立つ資格については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ITエンジニアの種類

システムエンジニア(SE)はITエンジニアの種類の1つであり、ほかにもさまざまなエンジニアが存在します。

代表的なエンジニアの職種は次のとおりです。

職種 仕事内容
システムエンジニア ・クライアントからのヒアリング・要件定義
・システムの設計・開発管理
・システムの動作テスト・納品
プログラマー ・システムの開発・構築
・システムのテスト運用
・バグのチェック・改善
社内SE ・自社システムの運用・サポート
・パソコン・サーバーのメンテナンス
・自社システムの保守・情報機器の選定
インフラエンジニア ・インフラの設計
・インフラの構築
・インフラの運用
ネットワークエンジニア ・コンピューターネットワークの設計
・コンピューターネットワークの構築
・コンピューターネットワークの保守・運用
サーバーエンジニア ・サーバーの設計・構築
・サーバーの運用・保守
・サーバーに関連するセキュリティ・障害対策
Webエンジニア ・ Webサービスの設計・開発
・Webサービスの運用・保守
・各種Webシステム、サイトの構築

また、すべての開発を1人で手がけられる人材をフルスタックエンジニア(マルチエンジニア)と呼びます。

>>>エンジニアとは | 種類・仕事内容・年収を解説はこちら

プログラマー・社内SEとの違い

システムエンジニアのようなIT業界の仕事には、プログラマーがあります。また、システムエンジニアには社内SEと呼ばれる仕事があります。通常のシステムエンジニアとの違いを表でまとめました。

職種 仕事内容の違い
システムエンジニア ・要件定義
・基本設計
・詳細設計
・テスト 運用・保守
プログラマー ・プログラミング
・テスト
社内SE ・社内インフラ整備
・社内PC設定
・社員サポート
・経営視点

社内SEはシステムエンジニアの仕事に合わせて、上記の業務も行います。それぞれの違いについて詳しく説明します。

プログラマーとの違い

システムエンジニアは、顧客へのヒアリングを通して、ニーズを満たしたシステムの設計をするのが仕事です。したがって、実際の開発作業よりも主に設計図の作成がメインの作業になります。

これに対してプログラマーは、システムエンジニアから渡された設計書に基づいて、実際に製品やシステムをプログラミングをします。

システムエンジニアとプログラマーの大きな違いは「実際にプログラミングをするかしないか」です。

社内SEとの違い

システムエンジニアとの違いがわかりにくい仕事に社内SEがあります。

一般のシステムエンジニアが、プロジェクト単位や顧客先の常駐型で仕事をすることが多いのに対して社内SEは、特定の企業の社員として自社システムの運用やサポートを行います。

社内SEの仕事は、自社のIT担当者としてパソコンやサーバーなどの機器のメンテナンスから、自社システムの保守、情報機器の選定や外部業者との折衝などです。

エンジニアの種類ごとの仕事内容と年収はこちら

システムエンジニア(SE)になるには

システムエンジニアになるためには、どういった方法があるのでしょうか。「フリーランスのSEを目指す場合」「未経験から転職して目指す場合」といったケースについて見ていきましょう。

フリーランスのSEを目指す場合

最近は、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えており、システムエンジニアでもその傾向があります。

フリーランスで働く場合は、企業の社員として働く場合と異なり、即戦力である程度上流工程の仕事を依頼されることが多くなります。

したがって、「会社でエンジニアとして経験を積んでから独立」する方法がもっとも良いでしょう。

また、働き方の形態としては在宅のエンジニアもいますが、「出向型・常駐型の案件で業務委託契約を結ぶ」エンジニアのほうが多いです。

未経験から転職して目指す場合

システムエンジニアに必要なことは、顧客やチームのメンバー、プログラマーといった人たちと円滑にコミュニケーションをとる「コミュニケーション力」と、ヒアリングしたものを実際の設計に落とし込むための「ITの知識や技術」です。

未経験からでも目指せますが、IT技術や知識は必須なので、次の方法でスキルを習得するのがおすすめです。

  • プログラミングスクールで学ぶ
  • 資格を取得する

また、「未経験歓迎」の求人に応募し、仕事をしながら実戦で学ぶ方法もあります。応募するときの志望動機は、内定につながる重要なポイントです。

「未経験歓迎」の求人が多いおすすめの転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

未経験エンジニアとしてキャリアチェンジするなら

未経験エンジニアとしてキャリアチェンジしたい方は、テックキャンプ プログラミング教養など転職支援付きのプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

時間や金銭面の問題で通うのが難しい方は、「自宅でサーバーを立ててプログラミングを独学していた」「学生時代にスマホアプリを作ったことがある」のようなPRが出来ると面接通過率が高くなるため、質問を想定して面接の対策を立てておきましょう。

システムエンジニア(SE)の将来性

現代社会においてプログラミングの重要性は年々高まっており、今後さらに必要な技術になると考えられます。

プログラミングを行うプログラマーやエンジニアの需要は高まっているので、システムエンジニア(SE)は将来性のある職種といえるでしょう。

IT業界・エンジニアは人手不足のため、初心者や未経験者でも就職・転職しやすく、また平均年収も高いため、おすすめの職種です。

SEを目指す方に。人気プログラミングスクールTOP5

初心者・未経験者がシステムエンジニアを目指してプログラミングスクールを利用する場合は、次のサービスがおすすめです。

転職保証をしてくれたり24時間受講できたりするため、忙しくても確実に転職ができます。

1位:就職支援が充実している人気スクール「DMM WEBCAMP」

■Point1:マンツーマンの指導に通い放題
DMM WEBCAMPはマンツーマンの指導かつ、期間中はいつでも通い放題という良い環境で学べるため、確実なWebスキルが身につきます。

■Point2:学習継続率は他スクールと比較しても高い
プログラミングの勉強はスクールに通っても挫折しがちですが、他スクールと比較しても高い継続率を有しています。プログラミング初心者に配慮されたカリキュラムで学びやすいと評判です。

■Point3:エンジニアへの就職保証付き
就職サポート体制が充実しており、エンジニアへの就職保証付きでサービスを提供しています。専属のアドバイザーによるキャリアサポートが行われるため、業界未経験の方や転職経験がない方でも安心して選考に臨めます。

DMM WEBCAMPのサービス詳細・料金価格

内容 詳細
学べる言語 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Railsなど
受講できるコース ・転職コース 専門技術講座
・ビジネス教養コース
価格・料金 【3か月プログラム】
・一括払い628,000円(税別)
・分割払い26,000〜/月(税別)
【転職コース 専門技術講座】
・受講料828,000(税抜)
(条件を満たすと最大70%キャッシュバック)
【ビジネス教養コース】
・128,000円(税別)30日
・218,000円(税別)60日
・298,000円(税別)90日
受講場所・地域 ・DMM WEBCAMP 渋谷校
〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目19番11号パークウェースクエア24階
・DMM WEBCAMP 新宿校(2019年11月16日オープン)
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-5-10成信ビル 4階
・DMM WEBCAMP 難波校
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14難波フロントビル 4階
授業形態 オフライン / マンツーマン

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

2位: 第二新卒・フリーターにおすすめ「ProEngineer(プログラマカレッジ)」

■Point1:未経験からでもプログラマになれる正社員就業率96.2%
プログラマカレッジ20代第二新卒フリーター向けに特化しており、正社員プログラマーへの就職をサポートするサービスで正社員就業率は96.2%です。

■Point2:就職対策も充実している
マンツーマンで就職対策のアドバイスを行い、ビジネスマナーに関する研修なども受講できます。

■Point3:チーム学習・個別指導で現場に必要な知識が身につく
チームでも個別指導でも学べるので、仲間と一緒にモチベーションを維持しながら通いたい方でもマンツーマンで集中して学習したい方でも効率よく学べます。

ProEngineerのサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 Java、PHP、HTML、CSS、MySQLなど
受講できるコース 個別研修コース
平日5日間コース
週3夜間コース
価格・料金 無料(ProEngineerを通じて要就職)
受講場所・地域 東京
授業形態 オフラインチーム学習/オフラインマンツーマン学習
無料体験・カウンセリング 無料体験面談あり

3位:無料で学べるスクール「GEEK JOB(ギークジョブ)」

■Point1:就職コースは完全無料で利用できる
GEEK JOB経由で就職するならば、完全無料でPHP、Java、Rubyなどが学べます。IT業界・エンジニア正社員への転職率は97.8%を誇り、累計300人がGEEK JOBで転職に成功しています。

■Point2:最短1か月で転職できる
通学型の個別指導方式でプログラミング学習を行うため、質問がしやすく短期間でも内容の濃い授業を受けることができ、最短1か月で転職できるようなスキルが身につくため、プログラミング初心者でも安心して通えます。

■Point3:就業中でも通学しやすいスケジュール
週10時間以上の学習であれば、夜間(21時)、土日を含めてメンターと相談しスケジュールの調整が可能です。社会人や大学生など、それぞれのライフスタイルに合わせて学習できます。

GEEK JOBのサービス詳細・料金価格

内容 詳細
学べる言語 【プログラマーコース】
・PHP
・Java
・Ruby
【インフラコース】
・Apache
・MySQL
・Linux
受講できるコース 転職コース(無料)
・プログラマーコース
・インフラコース
Webアプリ学習コース(有料)
価格・料金 【転職コース】
GEEK JOB経由の就職で無料
【Webアプリ学習コース】
・社会人:129,600円
・大学生:64,800円
受講場所・地域 東京(九段下、四ツ谷)
授業形態 オンライン型・通学型(オフライン)
教室学習・自宅学習+質問

>>GEEK JOBの評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

4位:テックキャンプ エンジニア転職

受講者の99%は未経験ですが、600時間のコンテンツと最高の学習環境が用意されおり、現場で活躍できる即戦力のエンジニアになれます。

また、テックキャンプ エンジニア転職の転職成功率は98.5%で、卒業したのにも関わらず転職できなかった場合、受講料は返金されます。

プログラミングの学習にも、エンジニアへのキャリアチェンジもすべて専属のサポートスタッフがついてフォローします。

>>テックキャンプ エンジニア転職の評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

5位:Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

日本最大AI学習プラットフォームによって、実務でも通用するAIスキルをたった3か月で身につけさせる、会員数47,000人以上のプログラミングスクールです。

Aidemyでは、画像認識、自然言語処理、アプリ開発等のコースから自由にコースをカスタマイズすることができます。JDLA(一般社団法人 日本ディープラーニング協会)認定プログラムとして、E資格対策コースも開講しています。業界初の合格保証制度もありますので、E資格を取得しつつ実務レベルで使える実装能力を身に付けたい人にはおすすめです。

パーソナルメンターがSlack上で24時間以内に必ず返信をします。添削課題ではコンサルタントからフィードバックをもらえる他、オンラインカウンセリングや転職相談のサービスもあります。

>>Aidemy Premium Planの評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら


未経験でもシステムエンジニアになれる

システムエンジニアは、ITエンジニアの中でももっとも一般的な職種の一つで、「顧客ニーズをもとにシステムを設計、構築する」のが仕事です。また、一般的な仕事に比べて高い収入へのアップが期待できる仕事でもあります。

未経験でも文系でもエンジニアになっている人も多くいますが、必要なことは次のスキルを身につけることです。

  • IT関連の知識・スキル
  • マネジメント能力
  • コミュニケーション能力

努力することで、高い収入も期待できるので、キャリアップを視野にぜひ目指してみましょう。

また、エンジニアに就職・転職する際は、次の記事を参考に転職サイト・エージェントを利用すると良いでしょう。

SEへの転職を目指すなら転職エージェントを活用しよう!おすすめ3選

マイナビIT AGENT ワークポート リクルートエージェント
求人の80%が非公開求人、ITに限定したマイナビの転職エージェント 転職決定人数No.1(※1)に選ばれた50万人の利用実績をもつ転職エージェント 20万件以上の非公開求人をもつ転職支援実績No.1(※2)の転職エージェント

(※1 リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選出)
(※2 「転職市場定点調査」にて日本の有料職業紹介事業者の中で転職を支援した実績No.1)

ここからは、SEへの転職を目指す人におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

マイナビIT AGENT

■ポイント1:ITやWebエンジニアに特化したサービス
マイナビIT AGENTは業界に精通したキャリアアドバイザーによって、キャリアプランの相談なども含めた手厚いサポートが受けられます。また、クリエイター向け「マイナビクリエイター」のサービスも展開しています。

■ポイント2:非公開求人割合が業界トップクラス
8割が非公開求人で、約15,000社以上ある取引先の企業からの豊富な求人を取り揃えているため、自分に合った仕事がきっと見つかります。

■ポイント3:求人票にない情報の提供
企業との直接に強いつながりを持っており、人事を飛ばして直接現場から依頼されるような、求人票に掲載されない独自の情報もあります。

ワークポート

■ポイント1:総合型の転職エージェントながらITに強い
ワークポートは、もともとIT業界に特化して転職サービスを提供していたこともあり、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り揃えています。IT業界の求人数は約2万5,600件以上です。

■ポイント2:プロのスタッフが豊富な求人から紹介
経験豊富な担当者が、希望に合う求人を厳選して紹介してくれ、IT業界に精通した転職コンシェルジュによる手厚いサポートが特長です。転職相談実績は50万人以上を誇ります。

■ポイント3:システムやツールでのきちんとした管理
転職管理の「e-コンシェル」や、面談予約システムなど便利なツールで転職活動を管理でき、初めてワークポートを使う方や、転職未経験の方でもわかりやすいシステムになっています。

リクルートエージェント

■ポイント1:業界トップクラスの求人数
求人数が非常に多く、90%がリクルートエージェント独自の非公開求人となっており、その数は約10万件ほどになります。そのなかでも、IT企業の求人数は約2万4,800件以上で、非公開求人を合わせると約4万7,500件以上になります。幅広い職種の求人を抱えているため、エンジニア職の求人も多数あります。

■ポイント2:豊富な経験と知識を持ったキャリアアドバイザー
IT業界の動向や専門分野にも精通したキャリアアドバイザーが、カウンセリングを通じてキャリアプランや転職の悩み事などさまざまな相談に乗ってくれます。

■ポイント3:充実した転職サポート
キャリアアドバイザーが、履歴書の書き方や面接の対応の仕方などから、内定後の条件交渉の代行までさまざまなサポートをしてくれます。

エンジニア向けのおすすめ記事一覧


この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(職種・仕事内容)の最近更新された記事
ITフリーランスエンジニアの年収|会社員との違いや独立後の案件の取り方
営業職の仕事内容を業界別に解説 | 基本業務・向いている人の特徴・1日の流れ
経理の転職サイト・エージェント8選 | 未経験や税理士の方にも
データサイエンティストとは | スキルセット・仕事内容・将来性を徹底解説
フロントエンドエンジニアとは | 仕事内容と年収・スキル - 将来性について
Webエンジニアとは | 仕事内容・年収・スキル・未経験からの転職方法と将来性
インフラエンジニアとは | 仕事内容や年収・スキル・資格 - 未経験からの転職方法
SIerとは | SEとの違いや業界の実態、仕事内容についてわかりやすく解説
ITエンジニアとは | 仕事内容・種類・年収・未経験から転職する方法
エンジニアとは|仕事内容と種類ごとの年収・特徴・未経験からの転職ポイント