結婚前後で転職、男女別おすすめのタイミングとは | 成功させるポイント【寿退職】

最終更新日:
「結婚」というライフステージでの大きな変化は転職するタイミングの一つです。結婚で転職する場合、結婚前と後のどちらが良いのでしょうか。転職を成功させるために知っておくべきポイントやメリット、女性ならではの転職の際に気をつけることなど紹介していくので、是非参考にしてみてください。
求人・転職求人・転職情報(その他知識)
Large

女性が結婚する際の転職のタイミング

人生のライフステージの中で、女性にとって転職を考えるタイミングは、子育てや介護などがあげられます。

しかし、女性にとって人生のもっとも大きな変化であり、転職を考えるタイミングといえば「結婚」です。

結婚する際の転職するタイミングについて説明していきます。

>>>女性向け転職エージェントおすすめ比較はこちら

転職は結婚前にすべき4つの理由

タイミングとして覚えておくべきことは、「転職は結婚前に」ということです。それには、次のような理由があります。

  • 結婚後の転職だと、企業からすぐに産休や育児休暇を取得すると思われてしまうケースがある
  • 結婚前の方が選べる仕事の幅が広い
  • 転職後1年間は育児休暇を取得できない場合がある
  • 結婚後の仕事への負担がない

結婚にともなって引っ越しをする場合

ただし、結婚に伴って引っ越しをする場合は、事情が異なってきます。もし引っ越しをするのであれば、結婚後に転職をしましょう。

結婚式や引越しなどのたくさんのやるべきことが終わった後に転職活動をする方が、じっくりと落ち着いてできます。

転職活動を成功させるためには、心と時間の余裕が必要です。

転職先を選ぶ際の注意点

結婚に伴って転職先を選ぶ場合は、環境が変わり新生活が始まるため、今までの独身時代と違う観点で生活に合った転職先を選ぶ必要があります。

転職先を選ぶ際の注意点は下記のとおりです。

  • 時短勤務などの柔軟な働き方ができるか
  • 産休・育休の制度があり、取得実績が高いか
  • 残業や出張の割合はどの程度か
  • 女性社員の比率は高いか

など

男性が結婚する際の転職のタイミング

女性が転職を考えるタイミングといえば結婚であると説明しました。

しかし、男性の場合はどうでしょうか。男性が結婚を機に転職を考えるタイミングについて考えてみましょう。

男性も転職するなら結婚前

女性は結婚前に転職するのがおすすめと説明しました。では、男性の場合はどうなのでしょうか。

結論からいうと、男性の場合も結婚前に転職する方が良いと考えられます。

それは、男性は家族の生活や収入を安定させる必要があるためです。新しい環境で収入が安定してから結婚するのが良いでしょう。

男性が結婚を機に転職する場合

もし結婚を機会に転職する場合は、どういった点に注意する必要があるのでしょうか。

結婚後に男性が転職を考える場合の理由としては、家族を養っていくために十分な収入を得ることと、仕事と家庭との両立といったことが挙げられるケースが多いです。

当然ながら転職を考えるのであれば、これらの条件をクリアした求人を選ぶ必要があります。

寿転職のメリット

結婚を機に退職する場合は「寿退職」と言いますが、結婚を機に転職するケースを「寿転職」と表現することがあります。

実は、寿転職にはいろいろなメリットがあります。それはどういったものでしょうか。

結婚後の新生活に合わせられる

結婚をすると生活の変化だけでなく、仕事でもさまざまな対応が必要です。会社や役所での手続き、取引先へのあいさつなど非常に手間がかかります。

しかし、結婚後に転職すると新しい会社では、そんな必要はまったくありません。最初から結婚後の新生活に合わせて仕事ができるのも寿転職のメリットです。

将来を見据えた準備ができる

結婚は、さまざまな手続きや生活の変化など大変なことがたくさんあります。

しかし、すべてが終わってから転職することで、腰をすえて仕事ができるというメリットがあります。

じっくりと落ち着いて成果をあげることや、将来を見据えて挑戦したい仕事に取り組むこともできます。

転職のハードルが下がる

結婚による転職に限らず、多くの転職に当てはまることですが、転職を経験することで自分の市場価値をしっかりと把握できます。

そして、新しい環境でこれまでとは違う能力やスキルの習得といった経験を積むことが可能です。これらは自分の価値を高めることとなり、次の転職を優位に進めることにもなるでしょう。

結婚が理由の転職は不利ではない

転職によっては不利になることがあるという意見を見かけることがあります。しかし、結婚を機に転職することはけっして不利ではありません。

とくに男性の場合は、結婚を機に家庭を持って長く働きたいという積極的なアピールにもつながります。

また、結婚や妊娠をひかえた女性を積極的に採用する企業も増えています。

こうしたところでは、産休・育休制度、時短勤務などの制度も充実しており、転職先としても仕事と家庭の両立といった点で魅力的です。

結婚後の転職を成功させる方法

結婚後の生活にはさまざまな変化が想定されます。こうした中で、転職を成功させるためにはどのようなポイントに気をつける必要があるのでしょうか。

転職を成功させるには?|失敗から学ぶ5つの術を徹底解説 | ボクシルマガジン
転職を成功に導くには戦略的に転職活動を進める必要があります。失敗例から学ぶ必要な準備5つと、後悔のないキャリア形成...

育休・産休の取得実績

まず確認したいことは、「育休の取得実績」です。制度としては設けられていても、実際にはなかなか取得できる環境にないケースもあります。

したがって、子供を産む予定がある場合は、実際に育休の取得実績はある企業に転職することをおすすめします。

取得実績があると安心して休めますし、トラブルになることも避けられるでしょう。

残業や出張の有無の確認

結婚によって、家庭で過ごす時間を大切にしたいと考える人も多いと思います。そうした場合は、残業や出張が少ない企業に転職することがおすすめです。

こうした残業や出張の状況についても、転職後に初めて気づくということがないように、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

求人サイト・転職エージェントを活用する

転職活動をする際に、求人サイトを活用する人は多いのではないでしょうか。こうしたサイトでは、条件を絞って企業を探せるため、ミスマッチは少なくなります。

求人サイトによっては、出産や子育てなどを踏まえて時短勤務など女性が求めるキーワードで検索できるサイトもあるので、活用しましょう。

また、転職エージェントを利用すると専門のキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進められます。

女性キャリアアドバイザーが多数在籍しているエージェントもあるので利用するのも良いでしょう。

>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

将来を見据えて転職を考えよう

結婚は、ライフステージの中でも生活に大きな変化のあるものです。結婚を機に転職を考えるという人も多いのではないでしょうか。

結婚を機に転職をしようとする場合は、「結婚前に転職をする」ことがおすすめです。しかし、引越しや地方へのUターンなど、結婚後にならざるを得ないケースもあります。

よく結婚での転職は不利になると言われることがありますが、そんなことはありません。現在では、男性でも女性でも結婚をひかえた人材を積極的に採用し、柔軟に働かせてくれる企業も増えています。

また、男性の場合は、結婚を機に安定してしっかりと働きたいという積極性がアピールできて良い結果につながる傾向もあります。

実際に求人を探す場合は、今回紹介したように「育休や産休の取得実績」など、生活の変化を踏まえて条件をクリアできるものを探しましょう。

転職エージェントなどのサービスを活用するのも良い方法です。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事