コピー完了

記事TOP

フリーターは正社員へ転職すべき?活動で感じる困難と成功の秘訣

最終更新日:
年齢が上がるにつれて、フリーターと正社員の年収格差が広がり、採用も厳しくなるため転職するなら早めに決断しましょう。フリーターから正社員を目指す際の進め方と、フリーターでも利用可能な転職サービスのおすすめを紹介します。

1位:就職shop 2位:DYM就職 3位:ウズキャリ既卒
登録企業8,500社はすべて未経験者歓迎のべ10万人以上が利用した就職支援サービス。 相談者の96%が就職。フリーター向けの正社員求人が多い就職支援サービス。 既卒・フリーターの内定率は86%入社後も寄り添ってくれる就職支援サービス。

>>>フリーター向け転職エージェントはこちら

フリーターは仕事の時間に自由がききやすい一方で、雇用が不安定のため徐々に正社員との給料格差は広がっていきます。

よって、「安定した生活を送るために正社員に転職しようかな」と考えているフリーターの方も多いのではないでしょうか。

そのような方を対象に、正社員に転職した方が良いのか、転職するためには何をすれば良いのか説明します。

目次を閉じる

フリーターから正社員に転職すべき?

正社員とフリーターの差は広がる一方

20代では正社員とフリーターの給料にほとんど違いはありません。ただし、給料格差は徐々に広がっていきます。正社員は毎年のように昇給する一方で、フリーターの場合昇給しない、または昇給幅が小さいというのが現実です。

この差が20代後半、30代、40代と徐々に広がっていき、正社員と給料を比較すると実感するようになります。また、結婚や子育てなどにも支障が出て、収入の格差を感じることがあるかもしれません。

30歳からは転職が厳しくなる

フリーターから正社員になろうとすると、年齢があがればあがるほど採用されづらくなります。20代前半のうちは企業も人材のポテンシャルを信じて採用するので、正社員経験がなくても採用される可能性はあります。

30代になると、即戦力になれるか、どのようなスキル・実績を持っているかという観点から採用の可否を判断されるため求人数が減り、基準も厳しくなります。

フリーターから正社員への転職を狙うならば、20代のうちの方が良いでしょう。ただし、30代でも成功している事例はあるので、諦める必要はありません。

定職に就けなかったからフリーターになる

2017年の総務省の労働力調査によると、フリーターは約152万人いると言われています。その中の多くの方が定職につけなかった理由からフリーターになっているそうです。

ただし、フリーターから正社員に転職したという方もたくさん存在するので、タイミングによっては正社員になれる可能性もあります。

フリーターが転職する際の進め方

フリーターから正社員に転職する際の、転職活動の進め方について説明します。結論から言えば、それほど難しいことはないので安心してください。

一般的な転職の流れと変わらない

フリーターから正社員を目指す転職活動は、通常の転職活動と変わりません。求人を探して、履歴書など必要書類を作成・提出、面接などの選考を経て、内定となります。さらに詳しい転職活動の流れについては下記の記事を確認してください。

求人が多くなる時期を把握しよう

1年で最も求人数が増えるのは3月と9月と言われています。これは多くの企業が4月、10月入社を見込んで採用活動を行っているためです。

フリーターは正社員よりも時間をコントロールしやすいこともあり、求人が多くなる時期を狙って転職活動がしやすいです。

内定をもらえる確率は正社員と比較して低くなっているため、ピンポイントの企業を狙うのではなく、並行していくつかの企業の選考を受けるべきです。

求人サイトや転職エージェントを活用しよう

求人サイトや転職エージェントを活用して転職活動をしましょう。フリーターから正社員に転職する際にわからないことが多いので、サポートを受けた方が転職活動を進めやすいです。

特に転職エージェントは、求人の紹介だけではなく、履歴書の書き方や面接対策、入社後の準備など広範なサポートをしてくれるため、効率的に転職活動をしたい際にはおすすめです。

フリーターが転職する際におすすめの転職エージェントについては次の記事を確認してください。

履歴書・職務経歴書の書き方を押さえよう

履歴書や職務経歴書は転職活動において、とても重要です。たいていの場合、一次審査として書類審査があり、面接もこれらを元に質問が行われるため、選考に終始関わってきます。丁寧に書くのはもちろん、嘘を書いてもいけません。

転職時の履歴書の書き方は、次の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

転職の際にフリーターが感じる障壁

フリーターから正社員に転職する際は、フリーターだからこそ感じる障壁があります。どのようにその課題を

フリーター期間が評価されにくい

まず、フリーター期間が職務経歴として評価されにくいことがあります。フリーター期間は職務経歴として評価されにくい傾向があり、安易な理由だと面接で深く聞かれる可能性があります。

フリーターをしていた理由を明確にし、きちんと説明できるようにしましょう。前向きな理由であれば問題がない場合もあります。

面接が受けられない

面接が受けられないのもフリーターから正社員の転職にあがりがちです。業界未経験歓迎やフリーターから正社員に転職できる求人は、年齢があがるほど減少しています。

また明文化はされていませんが、書類選考の時点で実質的に業界未経験者・フリーターを落とすようにしている場合も考えられます。面接が受けられる確率が低く、やる気を失うフリーターの方も多いでしょう。

やはり解決策としては、より多くの求人に応募するしかありません。

面接でうまく自分をアピールできない

「面接でうまく自分アピールできないことが多い」とフリーターの方は感じています。フリーターには就職活動経験があまりない方が多いため、自分をどのようにアピールするべきか、面接で気をつけるポイントを知らない方も多いです。

就活時の面接のコツを知りたい人は下記の記事をご覧ください。

フリーターが転職を成功させるには

フリーターから正社員への転職が難しいと感じている方に向けて、転職を成功させるためのポイントについて説明します。

自己分析を徹底する

まず自己分析を徹底しましょう。転職活動において自己分析は重要です。

徹底した自己分析により自分の強み、アピールポイントなどが明確になるだけではなく、潜在的に自分がどのような企業に就職したいのかなども見えてきます。

フリーターからでも正社員になれそうな求人にかたっぱしから応募するのではなく、まずは自己分析から始めましょう。

将来像を明確にする

将来像を明確にすることも、フリーターから正社員に転職するうえで重要です。どのように働きたいか、どのような人間になりたいか考えましょう。

キャリアプランまできちんと考えて転職活動をした方が、正社員として働く未来が明確にイメージでき、志望動機や将来のビジョンなど面接で聞かれがちな質問についても答えやすくなります。

向上心を持つ

向上心を持つことも重要です。アルバイトの場合、マニュアルベースで対応できる仕事も多いですが、正社員はマニュアルがないことをする、あるいはマニュアルを作るのが仕事です。

そのため、フリーターの経験がそのまま正社員として活きることは多くありません。自分は新しいことにでも必死で勉強をして仕事をする意欲は非常に重要です。

社会人としての自覚を持つ

社会人としてのマナーを身に着けているのも大事です。面接の際はスーツを着る、尊敬語・丁寧語・謙譲語を使いこなす、時間に遅れないなどは当たり前ですが、実際にすべてをきちんと守ることは難しいです。

社会人としての自覚を持ったうえで、相手に不快だと思われないマナーを身に付けなければなりません。

転職に失敗するフリーターの特徴

転職に挑戦したものの、失敗したというフリーターの方も多いでしょう。採用される理由はさまざまですが、転職に失敗した理由の大半はパターン化できます。転職に失敗するフリーターの特徴について説明します。

フリーターをしていた理由が明確でない

よくある失敗がフリーターをしていた理由を説明できないことです。ネガティブな理由からフリーターになる方も多いですが、そのままネガティブな理由を面接官に伝えても好印象を与えられないでしょう。

フリーターをしていた理由、フリーターをして得られた経験については必ずと言って良いほど聞かれるので、面接官に好印象を持ってもらえるような説明を考えましょう

企業研究が不十分

フリーターの中には、とりあえず正社員になりたいと思って突然転職活動を始める方もいます。

しかし大抵の場合、このような転職活動は上手くいきません。なぜなら、企業が求める人材像とマッチしていない、企業について知らないまま面接を受けてしまい的外れな応答をするなどのことが多いからです。

フリーターから正社員への転職では複数の企業に応募しなければならないと説明しましたが、きちんとそれぞれの企業研究をしなければなりません

誠実さに欠ける

そのままの経歴で勝負すると、フリーターになった理由を説明できない、自己アピールできるポイントがないなどの理由で、経歴を多少偽って面接に臨むという方もいるかもしれません。

ただし、そのようなケースはばれてしまうことが大半です。話を重ねていくと矛盾点が生じますし、話しぶりや態度からも偽っているニュアンスは滲みでてきます。きちんと自分のことを自己分析した結果に基づいた自己PRをしなければなりません

フリーターからの転職に有利な転職サイトランキングTOP8

フリーターから正社員に転職する際には転職サイトサービスを使った方が良いと説明しました。おすすめの転職サービスについて4つ厳選して紹介します。

本記事で紹介しきれなかった、転職をサポートしてくれる転職エージェントのおすすめはこちらの記事で紹介しています。

1位:就職Shop

■ポイント1:書類選考なしで面接に進める求人多数
就職Shopでは書類選考のステップなしで面接に進める求人を中心に取り扱っています。履歴書の段階で落とされるのではないかと不安を感じているニートの方にも安心です。

■ポイント2:未経験歓迎の求人を中心に取り扱い
未経験者でも積極採用してくれる求人を中心に取り扱っているので、業務経験が十分にないニートの方でも採用される可能性があります。

■ポイント3:取材した企業から紹介
紹介する企業は就職Shopがすべて取材しているため、ニートの場合不安になりがちな職場の雰囲気や労働環境に関して第三者の視点から説明を受けられます。

就職Shopの評判・口コミはこちら

2位:DYM就職

■ポイント1:未経験やニートの就活に強い
DYM就職は、正社員未経験からでも正社員を目指せる就職支援サービスのため、ニートの方でも安心して利用できる転職サービスです。自らの長所を活かして就職を目指せます。

■ポイント2:書類選考を飛ばして面接から可能
DYM就職の特徴として、書類選考を飛ばしていきなり面接から行えます。自身の経歴に不安を持っているニートの方でも面接から挑戦できるので、自分の強みをアピールできます。

■ポイント3:不安事や悩みはエージェントに相談
就職活動で心配なことはエージェントに相談しましょう。ニートの立場に沿ったアドバイスをしてくれたり、内容によってはあなたの代わりに対応してくれたりします。

おすすめ転職エージェント評判・口コミ比較ランキングはこちら

3位:ハタラクティブ

■ポイント1:ニートを含めて若年層に特化した就職支援サポート
ニート、フリーター、既卒、第二新卒などを含めて、転職市場では需要が少ない求職者層に特化して就職支援を行っています。

■ポイント2:未経験者用の求人を常時2,300件キープ
未経験者用の求人を常時2,300件以上キープしており、実績の薄い求職者でも転職できるようにサポートしてくれます。

■ポイント3:厚生労働省の事業受託実績有り
2014年度から2016年度まで厚生労働省の若者キャリア応援制度の受託事業者として、若者の紹介予定派遣を活用した正社員への就職を支援していました。

ハタラクティブの転職サービス一覧|口コミ・評判はこちら

4位:JAIC(ジェイック)

■ポイント1:20代の就職・転職に特化
JAICは、就職率80.3%以上の実績を誇る就職支援サービスを提供しています。無料で「就職してから困らない社会人の基礎セミナー」を全国各地で開催しており、20代の就職と転職を全面的にバックアップしています。そのため、未経験の方にもおすすめです。

■ポイント2:レベルの高い研修を受けられる
無料で就活講座を受講でき、履歴書の書き方や面接対策などから、ビジネスパーソンとして必要な身だしなみ、電話対応、名刺交換などといった、ニートのままだと知らないことが多いビジネスマナーや営業の方法といったレベルの高い研修を幅広く受けられます。

■ポイント3:企業幹部と直接面談可能
研修を最後まで受けることで、集団説明会に参加でき、書類選考を飛ばして、企業幹部と直接面談ができるため、内定をもらえる確率が高くなります。

5位:ウズキャリ既卒

■ポイント1:ニート・第二新卒・フリーターの就職率86%以上
ウズキャリ既卒は、ニート・第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイトです。就職率は86%以上あります。

■ポイント2:ブラック企業を徹底排除
過去に就職成功した方から企業の情報を受け取っているので、ブラック企業は未然に排除されています。そのため、入社後の定着率は93%を誇っています。

■ポイント3:大手からベンチャーまで優良企業多数
大手企業からあまり知られていないベンチャーまで、若い人材を積極的に採用している企業を紹介しています。

6位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

■Point1:圧倒的な求人数
転職者の約80%が利用すると言われており、求人数も他のサービスと比較して多いです。

■Point2:9割が正社員求人
リクナビNEXTの求人の9割は正社員求人で良質な求人を抱えています。

■Point3:フリーターから正社員を目指せる求人も
検索にフリーターから正社員が目指せる求人、未経験者歓迎のカテゴリーがあります。

リクナビNEXTの評判や口コミ、登録・ログインの利用の流れはこちら

7位:WomanWill(マイナビ)

■Point1:女性の向けの転職サービス
女性向けの転職サービスで、女性が求人を選びやすいようにさまざまな配慮が施されています。

■Point2:働き方の志向から求人を選べる
オンキャリ系・オフキャリ系という2通りの働き方が用意されており、自分に合った求人を選べます。

■Point3:コンテンツが充実
求人だけではなく就活経験が少ない人に役立つコンテンツが多数掲載されています。

>>女性の転職サイトおすすめ | 20代〜40代の世代別サービス・選び方はこちら
>>女性向けのおすすめエージェント比較ランキングはこちら

8位:エン転職

■Point1:会社情報がわかりやすい転職サービス
職場の写真が多かったり、社員&元社員からの口コミがあったりと一社一社の会社情報を丁寧に紹介しています。

■Point2:豊富な求人数
求人数が豊富で、フリーターから正社員を目指せる求人もたくさんあります。

■Point3:入社後の活躍もサポート
内定を獲得すれば終了ではなく、入社後最大3年間は転職者をサポートしてくれます。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちら


その他のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

フリーターからの転職事情を知り正社員になろう

年齢が上がるほど正社員との年収格差は広がり、転職の難易度があがります。よって転職するのならば早めの方が良いです。

また、自分一人で転職活動をしても勝手がわからず失敗するケースも多いので転職サービスを活用しながら転職活動をした方が成功確率は高まります。

フリーター向けの転職サイト比較記事一覧

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
無料のプログラミングスクールおすすめ12選|無料の条件や有料との違いを比較
適職診断おすすめ10選 | 転職への活用方法からメリット・デメリットまで
転職してすぐ転職はOK?入社後に退職・辞めたいなら取るべき手段【中途・新卒】
ビジネススキルとは | 仕事に必要な5つの重要ポイントを解説
ベンチャー企業とは | 意味・定義・特徴・例・中小企業・スタートアップとの違い
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう