コピー完了

記事TOP

フリーターが中途採用されるためのポイント | おすすめサービス6選と採用される人の共通点

最終更新日:
中途採用に内定できるフリーターの共通点や、採用されるためのポイントを解説します。また、転職活動に便利なサービスも紹介します。企業はフリーターのやる気やポテンシャルを信じて採用してくれるため、スキルがなくても内定の獲得は可能なので、諦めずに就職活動を進めましょう。

1位:就職shop 2位:DYM就職 3位:ウズキャリ既卒
登録企業8,500社はすべて未経験者歓迎のべ10万人以上が利用した就職支援サービス。 相談者の96%が就職。フリーター向けの正社員求人が多い就職支援サービス。 既卒・フリーターの内定率は86%入社後も寄り添ってくれる就職支援サービス。

>>>フリーター向け転職エージェントはこちら

フリーターの期間が長いと「正社員に転職できないのでは」「フリーターのままでいた場合の末路って…」と不安になる方も多いでしょう。

しかしフリーターでも一定の条件を満たせば中途採用で就職できます。諦めずに転職活動を進めましょう。

中途採用されるフリーターの共通点や、おさえるべきポイント、転職に役立つおすすめサービスを解説します。

フリーターでも中途採用される人の共通点

フリーターというだけでネガティブな印象を持たれて、選考を突破できないと思われる方もいるでしょう。しかし、条件を満たせばフリーターであっても中途採用される可能性は十分にあります。

長く働く意欲が感じられる

長く働く意欲が感じられる人は、フリーターであっても中途採用される可能性があります。

企業は採用・研修をする際に毎回、費用を払わなければなりません。一人前の人材を育てるのには多くのコストや手間がかかるので、途中で辞められると企業は大きな損失を被ります。

よって長く働いてくれそうな、熱意のある人は会社も歓迎してくれます。そのためポテンシャルを信じて採用するケースも少なくありません。その会社で働きたいという意欲を積極的に示しましょう。

ビジネスマナーが身についている

中途採用は基本的なビジネスマナーを身につけている必要があります。

昨今はスキルや業務経験のない第二新卒も転職を成功させていますが、それはまだ若いから成り立つ話です。会社がビジネスマナーを教えてくれるのは、限りなく新卒に近い場合のみです。

中途採用の社員に、業務を教える会社はあってもビジネスマナーは教えてくれる会社はほぼありません。そのためビジネスマナーが身についていないと大きく出遅れてしまいます。

向上心がある

会社では自ら動ける人間が好まれます。そして積極性や向上心を持った人間ならば、ポテンシャルを信じて採用することがよくあります。

面接でアルバイト先の悪口を言わないのはもちろんのこと、将来の展望や仕事に対する前向きな態度を見せた方が、面接官は好印象を抱きます。


フリーターが中途採用されるためのポイント4つ

フリーターが正社員への中途採用を成功させるために知っておくべき4つのポイントを紹介します。確実に転職できるように対策しておきましょう。

未経験者歓迎の求人に応募する

求人の中には「経験不問・未経験者歓迎」の求人もあります。経験不問・未経験者歓迎の求人は、フリーターでも採用される確率が高めです。

ただし経験不問・未経験者歓迎でも、なぜあえて未経験の業界に飛び込むのかという理由は聞かれます。なぜ未経験の業界に挑戦するのかを明確にしましょう。

就職しなかった理由を明確にする

フリーターの中途採用において、就職しなかった理由は聞かれやすい質問です。具体的かつ、納得できる理由を面接官に伝えられれば内定がぐっと近づきます。回答を必ず準備をしておきましょう。

なお、オーソドックスな面接の流れは次のとおりです。

面接の流れ

新卒採用に応募する

大学を卒業してから3年以内のフリーターしか使えない手法ですが、新卒採用に応募するのも一つの手法です。企業によっては、卒業してから3年以内なら新卒と同じ採用枠で就職活動ができます。

新卒と同じ枠で就活をするのであれば、職歴やスキル、ビジネスマナーは必ずしも必要ではありません。ただし、新卒とまったく同じレベルではなかなか採用されません。卒業してから身につけたことを、志望動機や自己PRに反映させましょう。

志望理由は具体的に書く

極論を言えば、志望動機はなんでも良いです。ただし向上心を感じられる動機であること、具体的かつ整合性が取れている動機であることが必要です。企業に応募した最たる理由を聞かれるので、言いよどんだり、矛盾が生じたりすると印象は悪くなります。

志望動機は内容を深堀りされても大丈夫なように作り込みましょう。詳しく聞かれることを想定して対策すべきです。

フリーターの中途採用に人気の支援サービスランキングTOP5

フリーターからの中途採用を目指す際に役立つサービスを紹介します。リクナビNEXTのような大手転職サービスや、既卒・フリーターの正社員転職に特化したサービスまで6種類を厳選して紹介します。

本記事で紹介しきれなかったそのほかのフリーター向け転職サイト・転職エージェントはこちらの記事で紹介しているので、あわせてご覧ください。

1位:就職Shop

■ポイント1:書類選考なしで面接に進める求人多数
就職Shopでは書類選考のステップなしで面接に進める求人を中心に取り扱っています。履歴書の段階で落とされるのではないかと不安を感じているニートの方にも安心です。

■ポイント2:未経験歓迎の求人を中心に取り扱い
未経験者でも積極採用してくれる求人を中心に取り扱っているので、業務経験が十分にないニートの方でも採用される可能性があります。

■ポイント3:取材した企業から紹介
紹介する企業は就職Shopがすべて取材しているため、ニートの場合不安になりがちな職場の雰囲気や労働環境に関して第三者の視点から説明を受けられます。

就職Shopの評判・口コミはこちら

2位:DYM就職

■ポイント1:未経験やニートの就活に強い
DYM就職は、正社員未経験からでも正社員を目指せる就職支援サービスのため、ニートの方でも安心して利用できる転職サービスです。自らの長所を活かして就職を目指せます。

■ポイント2:書類選考を飛ばして面接から可能
DYM就職の特徴として、書類選考を飛ばしていきなり面接から行えます。自身の経歴に不安を持っているニートの方でも面接から挑戦できるので、自分の強みをアピールできます。

■ポイント3:不安事や悩みはエージェントに相談
就職活動で心配なことはエージェントに相談しましょう。ニートの立場に沿ったアドバイスをしてくれたり、内容によってはあなたの代わりに対応してくれたりします。

おすすめ転職エージェント評判・口コミ比較ランキングはこちら

3位:ハタラクティブ

■ポイント1:ニートを含めて若年層に特化した就職支援サポート
ニート、フリーター、既卒、第二新卒などを含めて、転職市場では需要が少ない求職者層に特化して就職支援を行っています。

■ポイント2:未経験者用の求人を常時2,300件キープ
未経験者用の求人を常時2,300件以上キープしており、実績の薄い求職者でも転職できるようにサポートしてくれます。

■ポイント3:厚生労働省の事業受託実績有り
2014年度から2016年度まで厚生労働省の若者キャリア応援制度の受託事業者として、若者の紹介予定派遣を活用した正社員への就職を支援していました。

ハタラクティブの転職サービス一覧|口コミ・評判はこちら

4位:JAIC(ジェイック)

■ポイント1:20代の就職・転職に特化
JAICは、就職率80.3%以上の実績を誇る就職支援サービスを提供しています。無料で「就職してから困らない社会人の基礎セミナー」を全国各地で開催しており、20代の就職と転職を全面的にバックアップしています。そのため、未経験の方にもおすすめです。

■ポイント2:レベルの高い研修を受けられる
無料で就活講座を受講でき、履歴書の書き方や面接対策などから、ビジネスパーソンとして必要な身だしなみ、電話対応、名刺交換などといった、ニートのままだと知らないことが多いビジネスマナーや営業の方法といったレベルの高い研修を幅広く受けられます。

■ポイント3:企業幹部と直接面談可能
研修を最後まで受けることで、集団説明会に参加でき、書類選考を飛ばして、企業幹部と直接面談ができるため、内定をもらえる確率が高くなります。

5位:ウズキャリ既卒

■ポイント1:ニート・第二新卒・フリーターの就職率86%以上
ウズキャリ既卒は、ニート・第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイトです。就職率は86%以上あります。

■ポイント2:ブラック企業を徹底排除
過去に就職成功した方から企業の情報を受け取っているので、ブラック企業は未然に排除されています。そのため、入社後の定着率は93%を誇っています。

■ポイント3:大手からベンチャーまで優良企業多数
大手企業からあまり知られていないベンチャーまで、若い人材を積極的に採用している企業を紹介しています。


その他のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

フリーター向けサービスを使って中途採用を成功させよう

フリーターからの中途採用を目指しても厳しいのではないか、面接で脅されるのではないかと心配になっている方も多いでしょう。きちんとした対策をすれば、フリーターでも正社員にはなれます。

近年はフリーターや第二新卒、既卒が正社員になるためのさまざまな転職サービスがあります。これらのサービスを使って転職活動をすれば、正社員になるのも夢ではありません。

フリーター向けの転職サイト比較記事一覧

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェントの最近更新された記事
フリーター向け転職エージェントおすすめ12選 | 30代以上も転職できる!
【2020年最新】転職サイトおすすめランキング10選 | 1800人の評判・口コミを比較
マイナビ転職の評判 | 1800人の口コミ調査から登録すべき理由を紹介
転職エージェントは複数利用・掛け持ちすべき?併用メリット・デメリット【注意点まとめ】
おすすめ転職サイト | 年代別・女性向け・未経験・ハイクラス・業種別完全まとめ
第二新卒の転職事情 | 失敗・成功を分ける!採用時に重視されるポイント
転職エージェントおすすめランキング!20代・40代・女性向け・比較に役立つ特徴・選び方
ニート・職歴なし・無職の就職支援サイト | 就活の進め方やおすすめ業界 - 30代はどうすべき?
転職サイト「未経験者歓迎」本当にOKか?年齢制限は?転職支援サービス9選
ニート向け転職エージェントおすすめ - 正社員就職を助けてくれるサービス10選