コピー完了

記事TOP

Googleへの転職を成功させる方法 | 採用情報と口コミ評判からわかる企業の特徴

最終更新日:
中途採用でGoogleに転職したいと考え、企業の実態や口コミ評判などの情報が気になる方も多いでしょう。本記事ではGoogleの採用情報や口コミ評判についてまとめているので、ぜひ転職を考える際の参考にしてください。

Googleは、一部の激務な部署を除いて全体的に職場環境は整っていて、エンジニアの待遇が良いと言われています。

一昔前は面接で奇抜な質問を投げかけると話題になっていましたが、今は行っておらず応募者の実力をきちんと測定できる選考を行っているようです。

Googleの評価と特徴まとめ

Googleの口コミ評判の調査結果から評価と特徴をまとめました。

項目 評価(5点満点)
総合評価 4.5
待遇面の満足度 4.5
働きがい・成長 4
社員の士気・風通しの良さ 4

人事・仕事・職場風土のすべての項目において、高い評価を誇ります。

Googleの特徴と転職を成功させるポイントは次のとおりです。

【Googleの特徴】

  • 検索エンジン「Google」や動画サイト「Youtube」を運営しているIT企業
  • 福利厚生が充実しており、働きやすい環境
  • 中途採用の職種は事務系・技術職と幅広く募集
  • 平均残業時間は長くないが、部署によって度合いは異なる
  • 採用は職種特化でスキル・経験を重視
  • 給与水準は業界内でもトップクラス

【転職を成功させるポイント】

  • 仕事の大変さは部署によって異なるため、事前の確認が大事
  • 一般公開されていない求人と出会うために転職エージェントの利用がおすすめ

Googleの企業情報

項目 詳細
代表者 ピーター・フィッツジェラルド
設立 2001年2月
本社所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
資本金 1000万円(2015年12月31日現在)
従業員数(連結) 非公開

事業内容

Googleは検索エンジン・オンライン広告・ソフトウェア・ハードウェア・クラウドコンピューティング関連の事業展開をしています。

主なサービスとしては、検索エンジン「Google」や動画サイト「Youtube」が有名です。

今後の事業展開や海外展開

Googleが今後、力を入れていく事業は次のとおりです。

  • ウェアラブルデバイス
  • 自動運転車
  • ロボット開発

ウェアラブルデバイスとは、体の一部に装着できるコンピュータデバイスであり、Googleでは「Google Glass」が有名です。

そのほかにもハードウェア開発や企業の買収など、巨大市場になる可能性のある産業に攻め込んでいます。

また、Googleは世界50か国に70拠点以上のオフィスを構えており、検索エンジン「Google」は世界の主要国の9割以上を占めてます。

Googleの採用情報

Googleといえば検索エンジンを思い浮かべるかもしれませんが、3兆円以上の収益の多くをネット広告で稼いでいる世界最大の広告会社でもあります。

また、携帯用OS「Android」の開発、動画サイト「YouTube」の運営なども行っている、私たちの生活に根差した企業です。

世界的な企業といえども、選考方法はオーソドックスで書類選考から、何回かの面接を経て内定となります。中途採用はもちろんのこと新卒採用も行っています。

Googleの募集職種

画像参照元:Google公式サイト職務内容

Googleの募集職種はエンジニアセールスマーケティングデザインなど幅広いです。

ベースの待遇は同じですが、給料は部署によっても異なります。日本の企業だと営業部門が高報酬になりがちですが、Googleはテックカンパニーのため、エンジニアの待遇が得に良いようです。

エンジニアリング、テクノロジー

エンジニアリング、テクノロジーなどGoogleの根幹を支える職種です。

Googleは検索エンジンのGoogleやAndroisのOS、YouTube以外にもさまざまなプロダクトを開発していて、機械学習や自動運転など流行の技術でも最先端です

また、待遇も良く、優れたエンジニアであれば数千万円の年収になることもあります。

職種も細分化されており、次のような職種が募集されています。ソフトはもちろんのことハードやデータなども扱います。

  • ソフトウェアエンジニア
  • テクニカルプログラム マネージャー
  • プロダクトマネージャー
  • エレクトリカルエンジニア
  • テクニカルソリューション
  • システムエンジニア(SE)
  • テストエンジニア
  • コーポレートオペレーション/オーディオビデオエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • ソーシング/サプライ チェーン
  • システムインテグレータ
  • オペレーションエンジニア
  • デベロッパーリレーションズ
  • メカニカルエンジニア
  • テクニカルライター
  • セキュリティエンジニア/プライバシーエンジニア
  • インダストリアルデザイナー
  • ネットワークデプロイメントエンジニア
  • マニュファクチャリングエンジニア
  • データサイエンティスト

セールス、サービス/サポート

セールス、サービス/サポートはGoogleの開発したサービスの営業、顧客サポートを行う部署です。

Googleの収益のほとんどは検索連動型広告を主軸とする広告収入によって支えられており、広告主をフォローして収益を生み出すセールスやサポートの仕事は非常に重要です。

顧客層も広く、Fortune 500に載るような大企業から街の中小・零細企業までGoogleの何らかのサービスを使用しています。

募集されている職種は次のとおりです。

  • アカウントマネージャー
  • ビジネスパートナーシップ
  • ニュービジネスセールス
  • ソリューションコンサルタント
  • プログラムマネージャー
  • アナリスト
  • トレーナー/インストラクショナルデザイナー
  • ストラテジー/オペレーション

マーケティング/コミュニケーション

マーケティング/コミュニケーションはGoogleのマーケティング、広報的な役割を担います。

プロダクトの販売戦略やブランディングなどはもちろんのこと、データを解析するアナリスト、戦略をクリエイティブに落とし込むクリエイティブデザイナーなどさまざまなポジションがあります。

募集されている職種は次のとおりです。

  • マーケティング
  • 広報
  • アナリスト
  • マーチャンダイジング
  • クリエイティブデザイナー
  • コミュニケーション
  • コピーライター、コンテンツ
  • イベントプランナー

デザイナー

Googleの優れたサービスはデザインにもこだわっており、Googleにおいてデザイナーの仕事は重要です。

Googleが求めているデザインとはただ意匠が魅力的なだけではなく、UI/UXが優れていることを指します。Googleのプロダクトは何十億人ものユーザーが使用するので直感的に操作しやすく、プロダクトの個性が引き立つデザインを求められています。

募集されている職種は次のとおりです。

  • UXエンジニア
  • ビジュアルデザイナー
  • モーションデザイナー
  • インタラクションデザイナー
  • UXリサーチャー
  • コンテンツストラテジスト/UXライター

ビジネスストラテジー

ビジネスストラテジーはGoogleの経営戦略を担う部署です。

データ分析を行い経営陣が必要としている情報を導き出します。たとえば、買収や投資の判断、プロダクトの収益化戦略、新興市場開拓の戦略策定などGoogleの短期的・長期的成長のための戦略立案を行います。

募集されている職種は次のとおりです。

  • アナリスト
  • ストラテジー/オペレーション
  • プログラムマネージャー

Googleが求めている人材

画像参照元:Google公式サイト採用プロセス

Google公式サイトの採用ページからGoogleが求めている人材を確認できます。

求人内容に自身のスキルや経験が合致していることは最低条件であり、職歴が浅い場合は学生時代に携わった学習課題やプロジェクトなどの実績が考慮されます。

平均年収は高め

日本のGoogleの決算書は公表されていないため公開データからは平均年収は確認できませんが、アメリカの法人は上場していて平均年収は1,000万円代後半です。

日本の法人はアメリカほど年収が高くないと言われていますが、口コミサイトを見ると1,000万円台が多いです。

前述のとおり実力主義の会社なので、成果によって年収は大きく平均から乖離するので、あくまでも目安として考えてください。また現金だけではなく、一部を自社株で受け取れる場合もあるようです。

一般的な日本企業と比較してもかなり高年収が期待できると考えても良いでしょう。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

福利厚生は充実している

Googleは福利厚生が充実していることでも有名です。長期休暇が取りやすく、無料のジムや社員食堂も完備されています。

また、長期休暇も取りやすく、会議などがなければ基本的にフレックスなので自分のペースで働きやすいです。

サークル活動など部署の垣根を超えたプライベートでの活発だと言われており、職場の雰囲気は良いと考えられます。

労働時間の管理がしっかり行われている

Googleの平均残業時間は30時間〜35時間程度であり、IT系の企業でも大手のため労働時間の管理はしっかりしています。外資系なので、限られた時間で高い成果を求められるのが特徴です。

だだし、所属する部署や働く時期によっても残業時間は異なる場合があるので注意しましょう。

Googleへ転職する難易度

世界的企業であり刺激的な仕事を多く行っていることもあり、転職においても人気のある企業の1つです。また、待遇についても日系企業と比較するときわめて良いと言ってもいいでしょう。そして、転職の難易度も非常に高いと言われています。

学歴はあまり関係ないと言われていますが、まず外資系企業で海外とのコミュニケーションも発生しうるのでビジネスレベルの英語力が必要になります。

さらに、経歴や実績などもかなりのレベルが求められるため、社会人になってからただ働いていただけではなく、実績を積まないと内定獲得は厳しいでしょう。


もしGoogle以外の外資系企業に転職をお考えの方は、外資系企業に特化した転職エージェントがおすすめです。

Googleの求人情報と傾向

転職サイト・エージェントで公開されている求人は見つかりませんでした。

そこで、Googleの公式サイトに掲載されている求人を調査したところ、次のような傾向があります。

  • 幅広い職種を募集している
  • 基本的に英語力が必要な求人が多いが、英語力を問われない求人もある
  • 経験年数が2年以上など、第二新卒も対象に含まれているといえる

Googleの公式サイトに掲載されているのは一般公開されている求人であり、このほかに非公開の求人がある可能性もあります。

リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」など非公開求人を豊富に抱えている転職エージェントならば、Googleの求人もある可能性があります。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

Googleの評判・口コミ

Googleの評判・口コミを分析して傾向を調査しました。Googleには良い評判も悪い評判も含めて次の6つの傾向があるようです。

  • 労働環境がしっかりしている
  • 成長の機会に溢れている
  • 上下関係があまりない
  • 成果主義・実力主義である
  • 周りと協力する力が必要
  • 激務の部署もある

労働環境がしっかりしている

まず、労働環境がしっかりしているようです。

残業がほとんどないうえに給料も高く福利厚生がしっかりしているため、働きやすい環境が整っているようです。

育児休暇制度、退職貯蓄制度、死亡給付金などさまざまな制度はもちろんのこと、食事が完全無料だったり、ジムが完備されていたりと変わった福利厚生もあります。

また、オフィスも清潔で明るい雰囲気で快適なようです。

成長の機会に溢れている

成長の機会にも恵まれています。Googleは最先端技術などにも造詣が深く、常に新しいことに挑戦する社風があります。何かに挑戦する際はいろいろなスキルを持った人が周りにいるので挑戦しやすいようです。

それに加えて優秀な社員が豊富なので、自然と成長意欲が高められ、能力も磨かれます。

一方で、結果を出したり挑戦をしたりしないと会社に居づらい雰囲気になってしまいます。

上下関係があまりない

組織としての上司、部下の関係はありますが、たとえば「上司に対して意見を積極的に言いにくい」といったような悪い意味での上下関係はないようです。上下関係に束縛されず、のびのび働けます。

成果主義・実力主義である

また自分から積極的に行動する姿勢も重要で、実力主義・成果主義のスタンスを取っているようです。実力があれば若いうちから重要な仕事に抜擢されることもあります。

周りと協力する力が必要

Googleはチームで働くことを大切にしている会社です。個人として実力を求められますが、チームのメンバーとして周囲と協力できる力も必要となります。

チームのリーダーが働きやすい環境を構築するのはもちろんのこと、チームメンバーとして周りと意思疎通するコミュニケーション能力や個人としてチームに貢献できるスペシャリティなどが求められます。

激務の部署もある

基本的には残業が無いと言われていますが、営業などの一部の部署では残業が発生し、成果を出すために激務にならざるを得ないようです。

基本的に成果主義なので、求められている成果が出せれば残業する必要はありませんが、達成できていないなら残業が必要になるかもしれません。

ただし、これはGoogle特有の問題ではなく、どこの会社にも一般的に発生しうる問題で、ワークライフバランスを重視するGoogleだからこそ、口コミや評判で注目が集まってしまったと考えられます。


Google以外の企業の評判・口コミは次の記事をご覧ください。

Googleの選考情報

Googleの選考方法や、内定を獲得するために必要な学歴やスキルについて解説します。内定を獲得したいのであれば最低限準備は整えておきましょう。

Googleの選考方法

書類選考から、何回かの面接を経て内定となります。ここまでは通常の転職と変わりません。ただし、面接は和やかに進むことが多いものの、とても頭を使うようです。

過去には面接でいきなり「マンホールのふたはなぜ丸い?」などの、想像力を試す難問を出題していたと言われていますが、近年ではそのような問題は出題されていないようです。

その代わり、実際に仕事の一部を体験させるサンプルテストという形式が採用されています。

Google転職に必要なスキル・経験・条件

一律での採用ではなくポジション毎の採用のため、ポジションによって必要なスキルや経験・条件は異なります。

世界屈指のIT企業だからといって、必ずコンピューターサイエンスの修士・博士号が求められるわけではなく、大卒文系でも転職は可能です。ただし、実務経験は重視されるようなので注意しましょう。

ポジションによって求められるスキル、経験、条件がかなり異なるため、まずは働きたいと思えるポジションがあるか確認してみてください。

Google転職に必要な学歴

Googleに転職する際、あまり学歴自体は問題にならないようです。

ただし、多くのポジションでは学士号を取得していること、あるいは同等の実務経験でも可と記載されているものが多いので、大学は出ておいた方が無難でしょう。

人気の企業なので当然高学歴の方からの応募も多いと考えられます。高学歴の人に見劣りしないようなアピールポイントを考えておくと、より採用に近付きます。

英語はできた方が良い

外資系の企業のため、海外のメンバーとコミュニケーションをとる機会も多いです。よって英語ができなければ業務をこなすのは難しいでしょう。

ただし、エンジニアの場合は英語力よりもスキルが優先されることもあるため、上手く英語が話せないからといって一律不採用になるとは限りません。

Googleの新卒・インターン情報

Googleは新卒採用も積極的に行っています。新卒採用やインターンの情報について紹介します。

Googleの新卒情報

まず2020年卒の採用はすでに募集が終了しているようです。

エンジニアはソフトウェアエンジニア、クラウドエンジニアのように細分化されていて、セールス、マーケティング、カスタマーサポートなどはビジネス職という枠で採用しています。

全採用枠に共通して英語や日本で自然に会話、筆記できる能力が求められます。

求められる人物像やスキルは各ポジションによって異なりますが、優れた分析能力と問題解決能力がどの職種でも求められます。選考はオーソドックスで書類選考のあとグループディスカッションや面接を何回か行い内定となります。

初任給は年収500万円程度のようです。

Googleのインターン情報

Googleでは2種類のインターンを用意しています。

ただし誰でもインターンできるのではなく、選考に落ちると参加できません。インターン選考への応募にあたって英文履歴書の提出が必要になります。インターン中にも英語でのコミュニケーションが求められる可能性があるので、英語は練習しておいた方が良いです。

インターンにはMBAに在籍中の方を対象にしたMBAインターンと全学部を対象にしたビジネスインターンがあります。どちらも3か月程度の長期インターンとなっています。

転職を成功させるにはエージェントを活用する

Googleへの転職を成功させるには、エージェントを活用しましょう。エージェントの活用がおすすめな理由は次のとおりです。

  • 一般公開されていない非公開求人を入手できる場合がある
  • 年収アップやキャリアなど待遇面の交渉を代行してくれる
  • 書類選考や面接などGoogleに特化した対策を受けられる
  • 部署の実態など、企業の詳しい情報を聞ける

詳しい転職エージェントの特徴やメリットについては次の記事をご確認ください。

Google転職に人気の転職エージェントTOP5

Google転職におすすめの転職エージェントは、次の条件を満たすエージェントです。

  • Googleの求人(非公開を含む)を保持している可能性が高いか
  • Googleへの転職サポートの充実さや実績があるか
  • 求人の情報量は豊富か

応募や掲載の時期にもよりますが、上記の条件を満たす転職エージェントは次のとおりです。

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント 業界最大手でGoogleへの転職サポート実績も多数あり
doda 提案力が強くGoogleへの転職サポート実績も多数あり
パソナキャリア 業界トップクラスの求人数と手厚いサポート体制が魅力
JACリクルートメント ハイクラス求人が豊富でコンサルタントのサポートが充実
ビズリーチ 豊富なスカウトが届くため、Googleの採用担当から連絡が来る可能性あり

それぞれ転職エージェントのおすすめポイントを3つ紹介します。

1位:リクルートエージェント

■Point1:業界トップクラスの求人数
求人数は約10万件、非公開求人は90%と非常に多いのが特長です。Googleからの信頼もあり、非公開求人も充実しています。

■Point2:転職成功率No.1
約470人のキャリアアドバイザーが面接の受け方や書類の書き方を教えてくれます。Googleへの転職実績も豊富にあります。

■Point3:面接力向上セミナーが効果的
面接力向上セミナーを受けられます。面接が苦手な方におすすめです。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:doda(デューダ)

■ポイント1:業界に詳しいアドバイザーがサポート
さまざまな業界の専門知識を持ったキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、書類や面接対策、企業とのスケジュール調整まで転職活動を徹底サポートしてくれるため、転職に慣れていない20代にはありがたいポイントです。

■ポイント2:10万件以上の求人募集
dodaは平均10万件以上の求人数があり転職者満足度ナンバーワンを誇ります。20代の若手を中心に業界や職種を問わず400万人以上が会員登録しており、限定求人や、サイトには掲載していない非公開求人も数万件あります。

■ポイント3:時間のない20代にもおすすめ
20代は仕事で忙しくなかなか転職活動の時間がとれない場合が多いです。面接対策のアプリやカレンダーアプリもあり、スキマ時間で転職活動ができるように支援してくれるためおすすめです。20代の働き方を特集した「キャリアコンパス」というメディアもあります。

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

3位:パソナキャリア

■Point1:20代の若年層の転職活動におすすめ
どの年代の転職活動にもおすすめですが、特に20代の若年層の転職活動に強みをもち、さまざまなバックアップを受けられます。

■Point2:手厚いサポート体制
転職活動で必須の面接対策から、履歴書の書き方、企業との条件交渉や退職に関するフォローまでを幅広くサポートしてもらえます。

■Point3:女性へのサポートが充実
パソナキャリアは特に女性へのサポートが充実していることで知られています。転職に関する悩みにもエージェントが相談に乗ってくれるのはもちろん、女性のための求人情報も多数あります。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

4位:JACリクルートメント

■Point1:30〜50代の転職者におすすめ
実績があり経験豊富な方におすすめの転職エージェントです。

■Point2:管理職や技術職・専門職に特化
管理職や技術職・専門職に従事している方は、希望に近い求人を紹介してもらいやすいです。

■Point3:外資系企業も担当
国内企業だけでなく外資系企業の求人も所持しています。グローバルな働き方をしたい方に最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントの評判・口コミ | 調査結果からわかる評価と特徴はこちら

5位:ビズリーチ

■Point1:高年収のハイクラス求人
年収1,000万円以上の求人が1/3以上を占めています。

■Point2:スカウトやヘッドハンティングあり
8割以上の転職成功者がスカウトメールやヘッドハンティングを利用しています。

■Point3:経営幹部や管理職の求人が多数
企業の中核を担う経営幹部や管理職の求人がほとんどです。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら


なお、転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は次の記事を参考にしてみてください。

転職エージェントを効率よく活用する方法

転職エージェントを効率よく活用する方法は次のとおりです。

  • 連絡はこまめにする
  • 早めに転職したい意思を伝えておく
  • 合わなければ担当コンサルタントを変える
  • 経歴・スキルに嘘をつかない
  • 推奨文は必ずチェックする
  • 複数の転職エージェントで同じ案件に応募しない
  • 転職エージェントの流れは把握しておく

詳しい利用の流れは次の記事をご確認ください。

転職エージェントを活用してGoogle転職を成功させよう

Googleの採用試験は国内でも屈指の倍率を誇る難易度が高い試験です。

学歴や年齢で制限を設けていませんが、高い能力が求められます。その代わり、Googleで働ければ、高年収や充実した福利厚生を手に入れられます。

転職エージェントの中には非公開求人としてGoogleを取り扱っているエージェントもあります。転職エージェントは年収や待遇面の企業を行ってくれるだけではなく、転職の成功確率もあげてくれます。

転職エージェントと二人三脚でGoogleへの転職を進めることにより、内定をもらうコツや必要な情報が得られるでしょう。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事