コピー完了

記事TOP

仕事を辞めたいならすべきこと7選 | 兆候や辞め方、転職の進め方とは

最終更新日:
「仕事を辞めたい」と思ってもすぐに退職の道を選ぶのは望ましくありません。気持ちが変わり後悔する可能性があるからです。「仕事を辞めたい」と思った際に、やるべきことを紹介するのでまずは試してください。それでも気持ちが晴れない場合は、転職も視野に入れていきましょう。転職の進め方についても紹介するので、あわせてご確認ください。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>転職サイトランキングはこちら

仕事を続けていると、「仕事を辞めたい」と感じることもあります。一時的な感情ではなく長期的に「仕事を辞めたい」という気持ちがあるのなら、仕事を続けるのか辞めるのかを真剣に考えなくてはいけません。

不満が募ると心身に悪影響がおよぶこともあります。仕事を辞めたいと思ったらどうすれば良いのか、仕事を辞めると決断したときはどうすれば良いのか、など「仕事を辞めたい」と思ったときの対象法を紹介していくので参考にしてください。

仕事を辞めたいならすべき7つのこと

一度仕事を辞めてしまうと元の職場には戻れなくなるため、どれだけ仕事を辞めたいという気持ちが強くてもすぐ退職を決断するのは危険です。

本当に仕事を辞めなければ不満は解消されないのか冷静に考えましょう。

もしそれでも仕事を辞めたいと感じたらすべきことを7つ紹介します。ぜひ試してみてください。

とりあえず休む

仕事を辞めたいと感じたら、ひとまず仕事と距離をおいてみましょう。衝動的に辞めてしまうと仕事に戻りたいと思っても戻れず、後悔することもあります。

ひとまずは有給休暇などの休息をとることがベストです。

もし、有給申請が認められなかった場合は、この出来事を退職するきっかけにしても構わないでしょう。有給休暇は労働者に与えられている権利であり、会社が申請拒否をする権限はありません。

労働時間を短縮してもらう

過酷な労働環境が理由で仕事を辞めたいと考えている方は、労働環境を変える努力をしてみましょう。行動次第で変えられることもあるので、まずは一歩踏み出すことが大事です。

毎日残業が多く悩んでいる方は、労働時間を短縮できないか上司に頼んでみるのも手です。

また、人手不足から仕事が回らず残業につながっている場合は、効率よく仕事を行うために従業員を増やせないのか提案してみましょう。提案が受け入れられ労働環境が大きく変わることもあります。

他部署へ異動させてもらう

仕事を辞めたいと考える理由が、部署異動により解消されそうなら上司に相談してみましょう。

同部署の同僚や上司との相性が悪く人間関係に悩んでいる場合は、部署異動で人間関係を断ち切れる場合も多いです。

また、やりたい仕事ができず、キャリアップのために辞めたいと考えてる場合は、本当にやりたい仕事ができないのか考えてみましょう。部署を変えることで、やりたい仕事が実現できる場合もあります。

給与の交渉をする

給与の低さを理由に仕事を辞めたいと考えている場合は、交渉してみましょう。ただし「給与をあげて」と単純に頼むだけでは納得してもらえる可能性は低いです。

給与は労働者の成果に応じて支払われるものです。日々どれだけ頑張って仕事に取り組んでいるのか伝わるように、しっかりとアピールすることが大切です。目に見える実績がある場合は、それを提示しながら給与交渉に臨むと良い結果を得られる確率が高まります。

仕事内容を変えてもらう

仕事内容に不満がある場合も、部署異動を申し出るときと同様に交渉してみましょう。

ただし交渉する前に、どのような仕事を行いたいのかをしっかりと必ず考えるようにしてください。今の仕事から逃げるためだけに仕事を変えてしまうと、仕事が変わったとしても同じような不満を抱く可能性があります。

本当にやりたい仕事は何なのかをしっかりと考えたうえで、希望する仕事を行えるよう交渉してください。

周囲の人間に相談する

1人で悩んでいると衝動的に退職の道を選んでしまうことがあります。仕事を続けるのか辞めるのか冷静に判断するために、まずは信頼できる人に相談してみましょう。

他人の意見を聞くことで、自分には見えていなかった新たな視点に気づけることもあります。また、上司や同僚に相談を行うなかで、想像していた以上に必要とされていることを感じられるかもしれません。

また既婚の方は家族を困らせることがないよう、家族には必ず相談しましょう。

転職先を探す

上記で紹介した方法を試してもなお退職の意思が消えない場合は転職を考えましょう。

仕事と並行しながらでも転職活動を行うことは十分に可能です。転職先が決まる前に会社を辞めてしまうと、転職活動が長引いた際に金銭的に支障が出るおそれもあるので注意が必要です。

仕事が忙しく転職活動に時間が取れないという方でも、転職エージェントを利用すれば面接日程の調整などを担ってもらえるため短時間で効率よく転職活動を行えます。

仕事を辞めたくなると出る兆候

仕事を辞めたいと思っていると、自然と仕事に対する姿勢に変化が現れ始めます。紹介するパターンに当てはまった場合は、仕事を辞めたいという思いを抱いている可能性があるので、転職を検討してみてもいいかもしれません。

有給を取得して休みたくなる

仕事で疲れたらすぐに有給休暇を取りたいと思うのも、仕事を辞めたいと考えている兆候です。

有給休暇を「ただ休みたい」という気軽な気持ちで申請はしづらいですが、仕事に対する気持ちが切れているため、休みたいと考えることが多い方は、心の中で辞めたい気持ちが増えているかもしれません。

遅刻が増える

仕事を辞めたいという思いが強くなると露骨に身の回りのことがないがしろになりがちです。遅刻の回数も増え、明らかに勤務態度に変化が生じます。

転職してしまえば今の会社の評価はまったく重要ではなくなります。

意見しない・無口になる

企画や業務の遂行に対して意見しなくなることも、仕事を辞めたいと思っている前兆の一つです。意見をしなくなるのは、頭のどこかに「自分はもうすぐ仕事を辞めるので仕事に関わることはなくなる」という思いがあるからです。

今の会社で努力をしてもしなくても関係ないという意識が芽生えてしまい、仕事の成否に無関心になってしまっているのです。また、関わりの少ないプロジェクトに関しても、意見をしなくなる傾向が強くなっています。

私用の電話が増える

通常、勤務中に私用の電話をするのはマナー違反です。

しかし、仕事を辞めたいという思いが強くなると、業務に関係ない電話が増加していきます。そして転職活動を始めると、日中に企業やエージェントから電話がかかってくることも多くなり自然と電話の回数がさらに増えていきます。

自分の気持ちがどんな状態でも、業務に支障がないように私用の電話は業務の前後にのみ行う方もいます。しかし、退職願望が強くなると業務に対するやる気が失せ、業務中でも普通に私用の電話を受け始める傾向がみられます。

業務に興味がなくなる

仕事を辞めたいという思いがあると、自然と今の仕事に興味がなくなってきます。会社を辞めることや転職することに気が捉われがちで、仕事に身が入らなくなってくるためです。

この先会社で長く仕事を続ける気がないので、新しい仕事が舞い込んでも仕事を覚える姿勢を見せず毎日淡々と仕事をこなすようになります。

やる気のなさを改善しようという気が起きないということは、すでに転職したいという思いが強くなっている可能性があります。


仕事を辞めたくなる代表的な理由は次の記事を確認してください。

仕事を辞めたい場合の転職の進め方

転職の進め方は1つではありません。3パターンの転職の進め方を紹介するので、自分にあった方法を見つけてを転職活動を行ってください。

転職までの具体的な流れは下記の記事を参考にしてください。

現職で働きながら転職

転職活動は現職を続けながらでも取り組めます。

退職してしまうと転職が決まるまで収入が途絶えてしまい、転職活動が長引くほど金銭的に苦しくなります。

また、転職活動がうまくいかず、失業期間だけが伸びていく恐れもあります。仕事を続けているとこのような心配をせず、気持ちに余裕を持って転職活動ができます。

ただし、仕事と並行する場合は限られた時間で転職活動を行わないといけないため、余裕を持ったスケジュールは組めません。

退職後にゆっくり転職

退職してからゆっくりと転職活動を行う場合は、スケジュールを気にせず進められます。時間に余裕があるのでじっくり転職先を探せますし、資格を取得するための勉強時間も確保できます。

ただし、転職活動が長引くとやはり金銭的に苦しくなる可能性があるので、計画性を持って取り組むことが重要です。

退職後に急いで転職

退職してから短期間で転職先を探す方法もあります。しかし、短い期間で転職活動を成功させるのは簡単なことではありません。

転職活動のプロである転職エージェントに頼るなど、工夫しながら進めていく必要があります。転職エージェントを利用すれば求人の紹介や選考対策、企業との条件交渉などさまざまな形でサポートを受けられます。

1人で転職活動を行うより効率よく転職活動が行え、内定獲得に近づきやすくなります。

仕事を辞めたい人が転職時に使うべきサービス

仕事を辞めたい場合、転職サービスを利用して転職先を見つけておくことが大切になってきます。おすすめの転職サービスを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

■Point1:転職支援実績No.1
リクルートエージェントは豊富な求人数と手厚いコンサルタントのサポートを武器に多くの転職を成功させており、転職支援実績No.1(転職市場定点調査)となっています。

■Point2:土日祝日・平日20時以降も転職相談可能
利用者が直接転職相談を行えるよう全国15か所に拠点が設けられています。また、土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえるので、仕事で忙しい方も利用しやすくなっています。

■Point3:求人数が豊富。非公開求人は20万件以上
運営会社であるリクルートキャリアは人材関連事業で豊富な実績を残しています。企業との深いつながりがあるため、求人を確保しやすく豊富な求人数を抱えています。公開求人以外に、2018年3月時点で20万件以上の非公開求人もあります。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

マイナビエージェント

■Point1:20代の信頼度No.1!若手の転職に強い
マイナビエージェントは20代の転職支援にも力を入れており、キャリアドバイザーによるサポートに加えサイトでも役立つコンテンツを掲載しています。楽天リサーチの調査で「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」にも選ばれており、高い信頼を集めています。

■Point2:キャリアアドバイザーによる丁寧なサポート
マイナビエージェントは人材関連会社大手のマイナビにより運営されており、長年の実績で培ったノウハウを生かし転職者に寄り添った丁寧なサポートを行っています。

■Point3:求人数が豊富。80%以上の非公開求人
求人数は非常に多く非公開求人も80%以上で、すぐに求人を紹介してもらうことも可能です。また業種を問わず求人が豊富にあるので、自分のニーズにマッチした求人と出会いやすくなっています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら


その他のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

仕事を辞めたいときは辞めるべき

「仕事を辞めたい」と思ったら、まずは本当に辞めて後悔はないのか冷静になって考えてみましょう。衝動的に退職の道を選んでしまい後で後悔しても、元には戻れません。

考えたうえで辞めるという決断になったのなら、退職の道を選んでも問題はありません。不満を抱えたまま無理して仕事を続けていると、心身に悪影響を及ぼしてしまいます。

周囲に相談することももちろん大事ですが、最終的に判断するのは自分自身です。自分の気持ちと向き合い、後悔のない決断をしてください。


転職すると決断したのなら、転職活動の準備を進めましょう。

その他のおすすめ記事一覧

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】