コピー完了

記事TOP

転職したいと悩んでいる方へ | 理由や活動の流れ・転職先の見つけ方

最終更新日:
転職したいと思ってもすぐに行動するのは危険です。転職理由を明確にし、転職活動の方向性を決めたうえで行動を開始することが転職成功への近道となります。転職先の見つけ方や転職活動の流れなど転職活動の進め方について紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

転職したいと思ったら

転職をする際は、まずはじめに「なぜ転職したいのか」理由を明確にすることが大切です。目的が定まらないまま転職活動を行っても良い結果は望みにくく、後悔する可能性が高くなっています。

また、冷静に考えてみると、転職しなくても今抱えている問題を解決できる場合もあります。判断を誤らないように、転職理由をしっかりと考えてみましょう。

一刻も早く転職したいと考える方もいらっしゃるでしょうが、焦って行動するのは危険です。転職は人生を大きく左右する大事な決断です。

後悔することがないようにしっかりと自分と向き合い、納得したうえで転職活動を開始してください。

転職したい理由 5選

エン転職を運営するエン・ジャパンが行った「退職のきっかけ」調査では、転職したい理由として次のものが挙げられています。

【転職したい理由】

  • 年収・給与が低い
  • 人間関係のストレス
  • 仕事内容や社風が合わない
  • 過度な残業・休日出勤

また、これらの転職理由以外にも、働くこと自体が辛くてなんとか現状を変えたいという思いを持っている方もいます。

それぞれの転職理由について、次の見出しで説明をします。

>>>転職理由の例文と面接での回答ポイントはこちら

年収・給与が低い

給与や福利厚生の充実は、仕事へのモチベーションを保つ大切な要素となります。

  • 成果を出しても給与に反映されない
  • 残業や仕事量が多い割に給与が少ない
  • 残業代が支払われない

上記のように労働に対して納得できる給与が支払われなければ、モチベーションはどんどん低下してしまいます。そして、より良い労働環境を求め、転職したいと考えるようになるのです。

ただし、自分が希望する仕事に就けている方に関しては、仕事に対する満足度が高いため、少々給与が低かったとしても転職には至らないケースが多く転職率は低めの傾向にあります。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

人間関係のストレス

仕事行ううえで、上司や同僚とのコミュニケーションは欠かせません。

「どうしても反りが合わない人がいる」「パワハラしてくる上司がいる」など人間関係がうまくいっていないと、毎日職場で顔をあわせるだけでもストレスになり転職したいと考えるようになります。

ただし、人間関係の問題に関しては、転職しなくても解決できる場合があります。まずは、次に紹介する対処法を試してみてはいかがでしょうか。

  • 部署の異動を希望する
  • 人事部や身近な方に相談をする
  • 関係性の築き方・対人の考え方を変えてみる

部署を異動すれば一緒に仕事をするメンバーも変わるので、人間関係をリセットできます。また、一人で問題を抱え込まず、社内の信頼できる人に相談してみるのも効果的です。

仕事内容や社風が合わない

仕事内容や社風のミスマッチも、転職したいと考える理由の一つとなっています。

  • 配属された部署が当初の希望と違った
  • 入社前に抱いていたイメージと仕事内容にギャップがある
  • 社風がどうしても合わない

一日の大半は会社で仕事をして過ごすことになるため、仕事内容や社風が合わないと大きなストレスになり転職を考えるのも当然です。

仕事にやりがいを見出せずモチベーションが上がらない時は、「仕事をするのはお金のため」と割り切ってしまうのも一つの手でしょう。仕事や会社に対して変に期待を抱かなくて済むため、少しは気分が楽になるかもしれません。

過度な残業

残業による長時間労働は精神的にも肉体的にも辛く、転職をしたいと考える理由の一つとなっています。

会社によっては単に残業が多いだけでなく、残業代がきちんと支払われていないこともあります。残業代の未払いは労働基準法違反であるため、不満がある場合はしっかりと抗議を行い未払いの賃金を支払ってもらってください。

個人で抗議すると会社との関係性が悪化した際に孤立し退職に追い込まれるリスクがあるので、労働組合に相談し大勢で抗議するのが良いでしょう。また、残業代の請求には時効が設けられており、時効期間は残業代の未払いが発生してから2年間となっています。

在職中でも退職後でも請求は可能ですが、時効期間を過ぎると請求はできないため早めに手続きを進めていきましょう。

サービス残業の実態とは|企業の手口と違法行為への対策はこちら

働くこと自体が辛い

転職したいと考えている人の中には、そもそも働くこと自体に嫌気がさしてしまっている人もいます。一時的な感情で仕事へのモチベーションが下がっていることもあるので、感情的に転職を決めてしまうのはやめましょう。転職したとしても、働きたくないという不満は解決できません。

転職したいと考える原因が、単純に働きたくないことから来ていないか今一度考えてみましょう。そして、現職の何に不満を感じているのか考えてください。

転職を成功させるためには現状の不満を明確にしたうえで、不満を解決できる会社を選ぶ必要があります。転職後に後悔することがないように、転職理由を明確にしたうえで転職活動を始めましょう。

転職するためにやるべきこと

問題なく転職を終えられるよう、転職活動の流れと退社までの流れについてしっかりと確認しておきましょう。

転職先を決めるまでの流れ

スムーズに転職活動を行えるよう、転職先を決めるまでの流れを確認していきましょう。なお、転職先の選定は在職中から行えるので、計画的に準備を進めていきましょう。一般的に転職活動は、次の流れで進めていくことになります。

1、転職サービス登録
2、転職エージェントと条件のすり合わせ
3、キャリアカウンセリング・適正判断
4、転職先選定
5、選考準備
6、面接
7、内定

転職を効率よく進めていくためには転職エージェントの利用がおすすめです
転職エージェントでは、求人の紹介から選考対策まで転職活動を一貫してサポートしてもらえます。また、キャリア相談にのってもらうこともできるので、不安を残さず転職活動に挑めます。

また、転職先を選定する際には、必ず事前に自己分析を行いましょう。自分の適性を把握でき、ニーズにマッチした転職先を見つけやすくなります。転職エージェントではキャリアカウンセリングを行い自己分析も手伝ってくれるので、自分では自己分析がうまく進められないという方はプロのエージェントの力を借りましょう。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

退職するまでの流れ

退職は退職の意志を伝えてすぐに行えるわけではありません。円満に退社を迎えられるよう、退職までの流れについても確認していきましょう。

1、直属の上司に退職の意志を伝える
2、上司と話し合い退職日を決める
3、退職届を提出
4、残務処理・仕事の引き継ぎ
5、退職

退職の意思は必ず、一番はじめに上司に伝えてください。他の人に伝え噂で部下の退職を知ってしまうと、上司の面目も保たれなくなってしまいます。トラブルにならないよう、伝える順番にはくれぐれも気をつけてください。

また、退職の意志は退職日の2週間前までに伝える必要があると法律に定められているので、日程に余裕を持って伝えましょう。仕事の引き継ぎなども考慮すると、1か月前ぐらいには伝えるのがベストと言えます。

退職後に会社に迷惑がかからないよう、仕事の引き継ぎもしっかりと終えて退職日を迎えてください。

理想の転職先・企業を見つけるために

自分のニーズにマッチした転職先を見つけるために押さえておきたいポイントを紹介します。転職活動を始める前に確認しておきましょう。

転職へ向けての準備

転職活動は闇雲に行っていても成功しません。転職目的と理由を明確にし、転職の目的をはっきりさせたうえで準備を進めていくことが大切です。

次のようなパターンに当てはまる方は、転職が失敗しやすくなっています。転職活動を始める前に、本当に転職するべきなのか考えてましょう。

現実味のない希望ばかり抱いている人

理想ばかり掲げていても、採用条件に見合ったスキルや経験がなければ採用には至りません。市場価値を的確に把握し、転職すべきか考えてください。

他責間の強い人

他責間の強い人は転職をしても不満があればすぐに会社が悪いと決めつけて再度転職し、何度も何度も転職を繰り返す可能性があります。

転職先に人気の企業一覧

転職サイトdoda(デューダ)が行った「転職人気企業ランキング2019」アンケートとマイナビ転職が行った転職したい企業ランキングでは次の企業が上位に選ばれていました。

トヨタ自動車

転職人気ランキング1位はトヨタ自動車となっています。日本を代表する自動車メーカーであり、さまざまな職種を広く募集しています。

【人気の理由】

  • 日本を代表する企業である
  • グローバルに活躍できる
  • 年収や福利厚生が安定している

トヨタ自動車を転職先に考えている人の多くが「日本を代表する企業」であることを挙げています。

世界各地に拠点があるので、グローバルに活躍することを目指して転職を望むケースもあるようです。安定した年収を得られる点も評価されています。

グーグル(Google)

トヨタ自動車とともに人気の1、2位を争っているのが世界的企業であるグーグル(Google)です。ネームバリューはもちろん、時代の最先端を行く企業であることを評価する声が多いようです。

【人気の理由】

  • 世界的に有名な企業である
  • 時代の最先端を行っている
  • 事業に将来性がある

事業内容も時代の最先端を行き、将来性があることを評価する声が多いです。インターネット関連企業は軒並み人気となっていますが、特にグーグル(Google)はなかでも頭一つ抜け出ているといえるでしょう。

>>>Googleの採用情報・事業内容・口コミ評判はこちら

ソニー(SONY)

第3位はソニーとなっています。こちらも知名度がそのまま人気に結びついており、給与面を期待する声も少なくありません。

【人気の理由】

  • 高い知名度をもっている
  • 給与待遇に期待できる
  • 安定した事業展開が見込める

知名度もさることながら、安定した事業展開や給与面で期待できる点が人気の理由のようです。十年以上前から人気企業の常連となっているので安定度の高さが窺えます。

全日本空輸(ANA)

第4位は航空業界の雄である全日本空輸(ANA)となっています。こちらも十年以上前から人気企業の常連となっており、人気職種であるパイロットはもちろん、総合職も非常に人気があります。

【人気の理由】

  • 日本を代表する航空会社である
  • 憧れの職業に就ける
  • 高い年収や福利厚生が期待できる

日本を代表する航空会社であることや、パイロットやキャビンアテンダントなどの職種を目指す人に人気があります。安定した年収や福利厚生も人気の秘訣のようです。

楽天

第5位は日本を代表するインターネットショッピングモールを運営するIT企業の「楽天」です。安定した事業と高い福利厚生が評価されているようです。

【人気の理由】

  • 日本を代表するインターネット企業である
  • 高い福利厚生
  • 教育制度が充実している

社内にはカフェテリアやリラクゼーションスペースがあるなど、社員一人ひとりが高いパフォーマンスを発揮できるような工夫や高い福利厚生を得られる点が評価されています。

知名度の高さや充実した教育制度も人気の理由です。

>>>楽天の採用情報・事業内容・口コミ評判はこちら

転職に資格取得は有効か

自分のスキルを企業へアピールする手段として、資格は有効です。しかし、資格を持っていれば、必ずしも有利になるというわけではありません。なぜなら、企業によって転職者に求める能力がことなるからです。

たとえば、経理職を目指しているのであれば日商簿記検定の資格は有利に働きますが、社会福祉士の資格を持っていても業務とは無関係のため有利には働きません。資格を保有している場合でも応募する業界と無関係の資格に関しては、選考時にわざわざアピールする必要はありません。

転職のために資格の取得を行う際は、目指している業界で求められる資格を確認したうえで取得を目指しましょう。また、業界によっては応募条件として資格の保有が必須となっている場合もあります。応募の際に困らないよう、事前にしっかりと確認しておいてください。

また、資格を取得するにはたくさんの時間とお金が必要となります。コストとリターンを考えたうえで、資格を取得するべきか決定してください。

転職の際に有利になる可能性のある資格を業界別に紹介しています。こちらも是非参考にしてください。

転職サイト・エージェントを活用する。人気ランキングTOP5

転職をするときはキャリア相談や選考サポートを行ってくれる転職エージェントを活用し、効率よく転職活動を進めていきましょう。おすすめのおすすめの転職サイト・エージェントを紹介するので、参考にしてください。

1位:リクルートエージェント

■Point1:実績No.1。転職成功者累計32万人
年間23,000人以上の転職支援を行っており、転職成功実績は累計32万人に上ります。

■Point2:業界トップクラスの非公開求人を保有
リクルートエージェントでは登録者限定で紹介される非公開求人を業界トップクラスとなる20万件以上も保有しています。求人数が多く希望の求人に出会える確率が高くなっています。

■Point3:業界に精通したアドバイザーが徹底サポート
アドバイザーは業界や企業情報に精通しており、ニーズにあった企業を見つけやすくなっています。キャリアカウンセリングを行い、プロのアドバイザーから適性の高い企業を紹介してもらえます。

リクルートエージェントの評判・口コミ|サービスの詳細と特徴はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:若年層の求人に強み
マイナビエージェントでは第二新卒向けの求人も多く、経験の浅い若年層の転職サポートにも定評があります。20代から信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれた実績もあります。

■Point2:求人の種類が豊富
マイナビエージェントでは幅広い業界の求人を保有しているうえ、女性向けの求人も多くなっています。ニーズや性別を問わずニーズにあった求人を見つけやすくなっています。

■Point3:夜間や土曜日も相談可能
サービスを利用しやすいように、相談の受付は平日の夜間や土曜日にも行われています。在職中の方でも仕事終わりや休日に利用でき、スムーズに転職活動を進められます。

マイナビエージェントの評判・口コミ|サービスの詳細と特徴はこちら

3位:パソナキャリア

■Point1:手厚いサポートで年収アップ率67.1%を実現
年収アップ率は67.1%と高い数字をマークしており、多くの転職者が年収アップを成功させています。パソナキャリアでは給与などの条件交渉もアドバイザーが担当しており、高い年収アップ率につながっています。

■Point2:女性へのサポートが充実
女性の転職支援に力を入れており、女性転職者のための専門チームを編成しキャリア相談に応じています。女性ならではの悩みも相談しやすく、不安なく転職活動を行えます。

■Point3:求人の質が高い
幅広い業界の求人を扱っており、一つひとつの求人の質も高くなっています。また、企業から直接スカウトが届くこともあり、思いがけない形でニーズにあった求人に出会えることもあります。

パソナキャリアの評判・口コミ|サービスの詳細と特徴はこちら

4位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:ハイクラス・高収入求人が豊富
掲載求人の3分の1以上が、年収1,000万円超と高収入求人の多数保有しています。管理職や経営幹部などハイクラス求人も多数保有しており、スキルを生かして高収入を目指したいという方には最適です。

■Point2:優秀なヘッドハンターによるサポート
ビズリーチに登録しているヘッドハンターは独自の審査を通過した、優秀者ばかりです。また、成果に応じてランクづけされており、ランクはサイト上で確認できます。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性向けサービスとして「ビズリーチ・ウーマン」も展開されています。ビズリーチと同じアカウントで利用できるので、あわせて利用すれば転職成功確率を高められます。

ビズリーチの評判・口コミ|サービスの詳細と特徴はこちら

5位:doda(デューダ)

■Point1:業界トップクラスとなる約10万件の求人を保有
dodaは非常に求人数が多く、約10万件もの求人を保有しています。公開されている求人の他に、限定求人や非公開求人も保有しており、幅広い選択肢の中から転職先を探せます。

■Point2:スカウトサービスが充実
企業からオファーが届くスカウトサービスがあり、中には面接が確約されているスカウトもあります。dodaに登録するだけで、面接に進めるチャンスが得られることもあります。

■Point3:アプリで効率よく転職活動ができる
dodaではアプリを使って求人検索や選考状況の確認を行え、外出中でもスマートフォンを使って転職活動を進めていけます。また、新着求人があればプッシュ通知で知らせてくれるので、大切な求人を見逃すこともありません。

dodaの評判・口コミ|サービスの詳細と特徴はこちら

自分と向き合って転職を成功させよう

転職をする際はしっかりと自己分析を行い「なぜ転職したいのか」理由を明らかにしたうえで、転職先を選定していく必要があります。目的を明確にすることでニーズにあった転職先を見つけやすくなり、転職後に後悔することもなくなります。

転職エージェントの活用も、転職を成功させるためには効果的です。キャリア相談から求人紹介、選考対策まですべてフォローしてもらえるので、安心して転職活動を行えます。

周囲のサポートも得ながら自分の気持ちとしっかりと向き合い、納得のできる転職を実現させましょう。
>>>転職サイトランキングはこちら

転職活動への準備も万全にしておこう

転職活動では、転職サイトを選ぶだけでなく入念な事前準備をしておくことがおすすめです

まずは転職に最適な時期を把握し、自身の年齢や職業に合わせたサイトに登録、履歴書や職務経歴書の準備をして、面接マナーなどを知っておきましょう。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】