コピー完了

記事TOP

薬剤師の初任給は高い?初年度平均年収を看護師・助産師などと比較 - ボーナスはいくら?

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
薬剤師の初任給は25万円程度、年収に換算すると350万円程度で、一般的な職業の初任給よりも高めです。ただし、一口に薬剤師といっても、ドラッグストアから製薬会社までいろいろな勤務先があり、各企業によって待遇も異なります。そんな薬剤師の初任給に関して説明します。

薬剤師の平均的な初任給

平均初任給 年収換算
調剤薬局 22万円~30万円 350万円~400万円
ドラッグストア 30万円前後 400万円前後
病院 20万円~25万円 300万円~350万円
製薬会社 22万円前後 300万円~350万円
国家公務員薬剤師 21万円前後 300万円~350万円

6年制の薬学部を卒業し、薬剤師として就職した場合の初任給は、おおよそこのようになります。ここから社会保険料や税金などが引かれて残ったものが手取りと呼ばれるもので、約8割が手元に残ります。

薬剤師の初任給について、勤務先別などのデータをまとめました。

1位 薬キャリ 2位 リクナビ薬剤師 3位 マイナビ薬剤師
年間2万人が利用し、未経験やブランク有でもOKな案件多数 病院・クリニックへの求人を多く抱え、掲載先の企業を徹底的に調査 平均紹介求人数19件以上!全国各地で面接対応可

勤務先別の薬剤師の平均年収

薬剤師の平均的な初任給について説明します。薬剤師と一口にいっても、調剤薬局から製薬会社までさまざまな勤務先が考えられ、それぞれ給料は異なります。

また諸手当分も込みで記載されている場合と、されていない場合があるので、求人を探す際には注意しましょう。

勤務先ごとの初任給の目安を紹介していきます。

調剤薬局の平均初任給

調剤薬局の初任給は22万円~30万円程度、年収に換算すると350万円~400万円程度です。初任給の幅は大きく設定されているのは、地域の薬剤師の需給バランスや会社の規模によって初任給が異なるためです。

初任給は他の職種と比較しても高めに設定されていますが、昇給幅があまりないため、いずれ他の勤務先の薬剤師に追い越される可能性があります。

ドラッグストアの平均初任給

ドラッグストアの初任給は30万円前後で年収に換算すると400万円前後、薬剤師の初任給としては一番高くなることが多いです。

また、地場のドラッグストアよりも全国チェーンのドラッグストアの方が初任給は高い傾向があります。昇給スピードが早く、評価基準も明確な企業が多いです。

ちなみに、大手ドラッグストアのウェルシア、スギ薬局の初任給は次のとおりです。

企業名 初任給
ウェルシア 355,000円
スギ薬局 調剤薬剤師:293,000円(薬剤師手当等含む)
総合薬剤師:318,000円(薬剤師手当等含む)

※2019年6月に掲載されていた情報です。

病院の平均初任給

病院の初任給は20万円~25万円程度、年収に換算すると300万円~350万円程度です。他の勤務先と比較すると基本給は低く設定されている傾向があります。

しかし、休日出勤や夜勤は発生することも多いので、それらの手当てを加味すれば総合的な初年度の年収は他よりも高い傾向があります。

製薬会社の平均初任給

製薬会社の平均初任給は22万前後で年収に換算すると300万円~350万円程度です。

また、製薬会社でもMRや治験コーディネーターのような職種は高め、研究職は低めに設定されています。初任給は他の業界の企業とほとんど一緒で、他の勤務先と比較すると低い傾向があります。

ただし昇給スピードが早いので、一定以上働き続けると他の勤務先と比較しても高年収が期待できます。

国家公務員薬剤師の初任給

国家公務員薬剤師の初任給は21万円前後で、年収に換算すると300万円~350万円程度です。

国家公務員の基本給は人事院勧告によって決定されており、公務員薬剤師は医療職俸給表(二)が適用され、初任給は2018年の決定で20万9000円となっています。

民間企業と比較すると初任給は低い傾向がありますが、安定して昇給するので40代、50代になると他の勤務先と比較しても高年収となります。

手取りは約16万円以上

各勤務先の給料について説明しましたが、これらは基本給の額面の金額です。給料から、所得税や住民税が差し引かれた金額が実際に振り込まれる給料の金額となります。

だいたい額面の8割位の金額が額面となるので、初任給は手取りで16万円以上はもらえると考えられます。ドラッグストアに勤務すれば初任給でも手取り25万円以上も狙えます。

勤務時間や基本給の注意点

残業・夜間勤務・休日出勤が発生すれば、基本給とは別に手当が発生します。

これらの手当てを含めれば想定される給料はさらに高くなります。実際にどのくらいもらえそうかは、企業の手当の設定にも大きく左右されるので、勤務先の実際の初任給が知りたい場合は個別に調べましょう。

薬剤師の生涯年収はどれくらい?

6年制の薬学部を卒業し、新卒として薬剤師に就職した24歳から59歳までの賃金を計算すると、生涯年収は次のようになります。

男性 女性
約2億2400万 約1億9600万

※賃金構造基本統計調査 職種別第2表 企業規模計より、「各年齢のきまって支給する現金給与額(千円)1,00012か月*5年+年間賞与その他特別給与額」で算出。

薬剤師の初任給は高いのか

薬剤師の初任給(基本給)が高いのかを、他の医療関係の職業、他の職業も含めた初任給と比較します。結論から言えば、薬剤師の初任給は高いです。

職業 初年度年収 初任給
薬剤師 350万円前後 25万円前後
看護婦 300万円前後 20万前後
助産師 300万円前後 18万円~20万円
医師 430万円前後 36万円程度
歯科医師 300万円前後 23万円程度
一般的な新卒 300万円前後 20万円前後

看護師と比較

看護婦の初任給(基本給)は20万円前後となります。これに残業や夜勤などの手当ては加わりトータルで25万円が目安です。薬剤師と比較すると初任給は低めに設定されています。

ただし、仕事の性質上、夜勤などが発生しやすいため働き方によっては看護婦の方が高くなる可能性もあります。

助産師と比較

助産師の初任給は18万円~20万円程度で、やはり薬剤師の方が初任給は高いです。人材が不足しているので、看護婦よりも給料の上がる幅が大きく、平均年収は500万円以上ですが、薬剤師と比較すると年収は同じ位か少し低めになると考えられます。

しかし、職場によっては十分に年収が逆転する傾向があるため、あくまでも目安として捉えてください。

世代別の平均年収は高い

一般的な初任給は20万円前後です。よって、薬剤師の初任給の方が高い傾向があります。医師や一部のIT職と比較すると、初任給は劣るかもしれませんが、総合的には初任給は高いと考えられます。

全世代の平均年収と比較しても薬剤師の平均年収は100万円近く高いので、昇給幅も高いでしょう。

薬剤師に人気の転職サービス

薬剤師として年収を高めるためには、一つの会社で頑張り続けることも必要ですが、転職によって給料を高める方法もあります。

求人は日々変化しており、いつ自分の希望にマッチした求人が現れるかもしれないので、将来を見越して早いうちから転職サイトに登録しておいた方が良いです。薬剤師に人気の転職サービスを3つ紹介します。

薬キャリ

薬キャリ
総求人数 57,000件以上

・ママ薬剤師向け求人に強み
・病院や調剤薬局の求人が多い
・履歴書や職務経歴書の添削も

薬キャリは育児休暇の取得や残業なしなど、子供をもつ女性向けの求人が多数あり、条件を具体的に項目を絞って検索をできます。

エムスリーの子会社である、エムスリーキャリアが運営するからこそ、病院や調剤薬局とのつながりが深く、これらの施設への転職に強いです。求人数はもちろん、質についても実績を重ねてきているため病院への転職を狙う薬剤師におすすめです。

単に求人を紹介するだけでなく、希望すれば履歴書や職務経歴書の添削、面接のアドバイスなどのサポートも受けられます。

▼薬キャリで求人が多い地域
東京 3,700件・神奈川 2,100件・大阪 1,700件・愛知 1,600件・埼玉 1,300件

薬キャリの評判・口コミはこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
総求人数 55,000件以上
・専任キャリアコンサルタントが徹底フォロー
・5万件以上の求人件数
・全国に拠点のある相談会場

数々の転職サイトを運営するマイナビ専任のキャリアコンサルタントが相談会を実施し、転職活動に関する不安や悩みを聞いてフォローしてくれます。履歴書の書き方などもアドバイスしてくれるため、転職が初めての薬剤師の方も安心です。

マイナビ薬剤師は、5万件以上の求人件数と平均紹介求人数も19件以上を誇ります。大手企業とのつながりも深いため、多数の求人のなかから転職希望者にマッチした求人を紹介してもらえます。

全国15か所に拠点があり、東京・大阪・名古屋などの大都市圏だけではなく、北は札幌から南は鹿児島まで、各地での転職活動をサポートしてもらえます。地方の高収入案件もあるため、地方で薬剤師として働きたい方にもおすすめです。

▼マイナビ薬剤師で求人が多い地域
東京 7,500件・神奈川 3,500件・大阪 6,200件・愛知 3,400件・兵庫 2,900件・千葉 2,600件

マイナビ薬剤師の評判・口コミはこちら

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
総求人数 47,000件以上
・総求人数35,000件以上
・勤務先の情報を事前に徹底調査
・たった60秒でカンタン登録

薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院などの求人が豊富。毎日30件以上の求人を更新しており、土日休み・残業なし・地域・雇用形態などから自分に合った求人を検索可能です。もちろん、キャリアアドバイザーがおすすめの転職サイトも紹介してくれます。

リクルートメディカルキャリアが運営するリクナビ薬剤師は、転職に失敗しないように環境や従業員などの情報を徹底調査。転職時の不安を事前になくしてくれます。

会員登録はたったの60秒。転職も最短3日で決まるなど、素早く転職したい方には最適の転職サイトです。もちろん、丁寧なサポートでじっくり転職を考えたい方にもおすすめです。

▼リクナビ薬剤師で求人が多い地域
東京 6,000件・神奈川 3,500件・大阪 3,500件・愛知 2,700件・埼玉 2,700件・千葉 2,000件・福岡 2,000件

リクナビ薬剤師の評判・口コミはこちら


次の記事では、本記事で紹介した薬剤師向けのおすすめ転職サイトをランキング形式で紹介しています。求人数も勤務先ごとで比較表にまとめているので、どれを選んでいいかわからない方はぜひご覧ください。

初任給にとらわれず高収入を目指そう

薬剤師の初任給について説明してきましたが、総じて一般的な職業の初任給よりも高い傾向があります。ただし、一口に薬剤師といってもドラッグストアに勤めるか、製薬会社に勤めるかなど勤務先によって、初任給も昇給スピードも異なります。

初任給はどこの企業でもあまり差はなく、長く働いていると昇給スピードや福利厚生で大きな差が発生しやすいので、初任給だけではなく、福利厚生、平均年収なども含めて企業選びをしましょう。

もしも現在の給料や初任給に満足できないのであれば、転職も一つの手段として考えましょう。

次の記事では、一部新卒の求人を扱う薬剤師向け求人サイトを紹介しているので、薬剤師に就職をお考えの方は登録して損はないでしょう。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(年収)の最近更新された記事