コピー完了

記事TOP

30代の転職を成功させるポイント | 役立つ資格や求められるスキルを解説

最終更新日:
30代の転職は20代の頃のように将来性だけではなく、業務から培ったスキルや経験、マネジメント能力などが求められます。即戦力性やマネジメント能力さえあれば十分に転職によるキャリアアップが狙えます。30代の転職を成功させるためのポイントをおすすめの転職サイト、転職エージェントとともに紹介します。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

30代の転職成功ポイント

30代の転職は、20代と比べて管理職求人や役員求人、高待遇求人などのハイクラス転職が多いです。

ただその分、これまでの経験・スキルの専門性、職種によってはマネジメント経験も見られます。

また、20代よりもプロジェクトリードする立場が多くなってくるため、論理的思考力、計画性、クロスファンクションでの業務経験などを面接で確認されることがあります。

30代の転職を成功させるためには次の3つがポイントになります。それぞれについて詳しく説明します。

【30代の転職を成功させるポイント】

  • 転職理由を明確にする
  • 職場環境や社風を調査する
  • 転職活動は働きながら進める

転職理由を明確にする

まず、転職理由を明確にしましょう。自分がなぜ現在の仕事に満足できず、転職しようとしているのかを自己分析をして明確にしてください。

自己分析は次の転職先に求めることや現状の自分の問題意識を認識し、自分の希望とマッチした仕事を探しやすくなります。

また、「思っていた仕事と違った」「希望通りのポジションではなかった」など、ミスマッチも少なくなります。

職務経歴をしっかり説明できるようにする

30代の選考においては、20代と同様に次の3点をきちんと説明できるかどうかが重要です。

選考を受ける企業にもよりますが、上から順番で重要度が高いです。

特に職務経歴においては、これまで経験した中で成功体験と失敗体験の2つのエピソードを棚卸しすることが大事です。

そのプロジェクトはなぜ成功したのか、なぜ失敗したのかの理由を振り返ることで、自身の市場価値を再認識できます。この認識を持ったうえで、単に自身の強みだけを説明するのではなく、応募企業のポジションでどう活かせるかをPRしましょう。

職場環境や社風を調査する

職場とのミスマッチをなくすためにもう1つ重要なのは、職場環境や社風を調査することです。

自己分析によって自分の職場に求めることや仕事への価値観を明確にするだけではなく、職場側の社風や仕事内容についてもきちんと分析しないとミスマッチは防げません。

口コミサイトなどを利用してリアルな職場環境や社風をチェックした方が良いでしょう。

また、企業によっては働いているメンバーと話す機会をもらえる制度があるので、利用してみるのも一つの方法です。

一人で情報を集めるのが難しいのならば転職エージェントを利用するのも一つの方法です。

転職活動は働きながら進める

個人差はありますが、一般的に転職活動には1か月〜半年ほどかかります。よって、前職を退職してから就職活動をすると、職歴に空白期間が発生するだけでなく、収入がないため貯金を切りくずさなければなりません。

空白期間をつくらずスムーズに転職するためにも、転職活動は前職に在職中に行った方が良いです。

転職に失敗する人の特徴

転職には「これをすると失敗する」という原因があります。転職に失敗する人にありがちな3つのポイントについて説明します。

【転職に失敗する人の特徴】

  • 市場価値を把握できていない
  • 現状への不満しか言わない
  • 年収や待遇で妥協しない

自己の市場価値を把握できていない

自己の市場価値を把握できないと転職に失敗する傾向があります。

30代の転職では将来性ではなく、現在の経験やスキルを転職市場における価値に基づいて企業は採用・不採用を決定します。

よって、分不相応な待遇を要求したり、自分の価値を活かせない業界・業種へ転職したりするのは不利です。

自己の市場価値を客観的に判断して、価値を高く評価してくれる企業を見定めなければなりません。

現状への不満しか言わない

現状への不満しか言わない人も転職に失敗しやすいです。

不満や愚痴が多いタイプの方は、現状への打開策を持っていない、不満を言うだけで実際に行動には起こせないことが多いので、面接で質問された場合には注意が必要です。

このようなスタンスで就職活動をすると、企業側にも悪い姿勢が伝わり内定がもらえない可能性があります。

年収や待遇で妥協しない

最初から年収や待遇を高望みすると、条件を満たす求人が少なく転職に失敗する場合があります。

入社後に年収や待遇の改善が理由で転職を考える方はたくさん存在しますが、転職していきなり年収アップを狙うのは難しいです。

短期的な視点で年収アップを狙って転職するのではなく、年収アップは長期的な視点から取り組まなければなりません。

30代でも未経験職に転職できる?

30歳を超えてくると異業種・異職種への転職がやや難しくなってくるため、20代の転職よりも同業種・同職種への転職事例が多くなります。

ただ数年前に比べると異業種または異職種への転職機会、いわゆる未経験転職が増えてきているため、30代でも職種を選べば未経験職にも転職可能です。

業種特有の知識や専門的な経験がなくても、「仕事の仕方」や 「人との関わり方」といった、30代だからこそ培われているポータブルな能力を評価されることがあります。

未経験職に転職する際のアピールポイントや年収と、女性が未経験職に転職する場合について説明します。

未経験転職でアピールするべきポイント

企業の採用責任者に行った調査では、採用前は「専門的な知識」や「経験」を、採用後は「人柄」や「専門性以外の能力」を求める傾向にあります。

採用時の決め手としては、「業界での知識や経験」「専門職種の知識や経験」などの専門性が上位を占めています。入社後、もっと評価しておけばよかった要素として、「人柄」や「専門性以外の職務遂行能力」が上位となっています。

未経験転職を成功させるためには、自分なりの問題意識に基づいて、目標や課題を自ら設定し、社内外の人たちをいかに巻き込んで推進できたか、という点を表現できると良いでしょう。

未経験の職種に転職したときの年収

【30代男性の平均年収】

月給 賞与 年収
30~34歳 27.4万円 43.0万円 372万円
35~39歳 30.1万円 51.6万円 413万円

【30代女性の平均年収】

月給 賞与 年収
30~34歳 22.2万円 44.3万円 310万円
35~39歳 22.2万円 48.3万円 315万円

厚生労働省の平成29年分賃金構造基本統計調査によると、30代の平均年収は上記のとおりとなっています。ただし、転職をして年収アップが見込める保証はありません。

同業種でのキャリアアップを狙った転職なら年収は上がりやすいですが、未経験職への転職だと30代の平均年収を下回る可能性もあります。

30代女性の未経験職への転職事情

30代を過ぎると未経験職への転職は難しいです。転職できても職種が限られていたり、年収が低くなったりする可能性がおおいにあります。

また、女性の場合は結婚や出産を視野に入れた転職活動を行い、ライフイベントが発生しても安定して仕事が続けられる会社に転職するのが良いでしょう。

>>>女性向け転職エージェントおすすめ比較はこちら

30代で転職しやすい職種

職種 職種未経験歓迎の割合
技能工・設備・配送・農林水産他 85.3%
販売・フード・アミューズメント 83.8%
美容・ブライダル・ホテル・交通 79.2%
営業 77.0%
保育・教育・通訳 75.1%
医療・福祉 74.5%
医薬・食品・化学・素材 73.8%
管理・事務 71.6%
企画・経営 71.2%
コンサルタント・金融・不動産専門職 70.6%
電気・電子・機械・半導体 70.3%
建築・土木 70.0%
クリエイティブ 61.3%
公共サービス 61.2%
ITエンジニア 46.9%
WEB・インターネット・ゲーム 46.2%

マイナビ転職に掲載されている各職種の求人数に対する職種未経験OKの求人の割合を調査したのが上記のデータです。

「販売・フード・アミューズメント」や「美容・ブライダル・ホテル・交通」のようなサービス業が職種未経験でもOKな傾向があることがわかります。

また、営業についても職種未経験OKが多いです。

「WEB・インターネットゲーム」「ITエンジニア」のようなITに関する専門知識が必要な業種では、職種未経験NGになる傾向があることも読み取れます。

30代の転職に役立つ資格・スキル

30代は伸びしろだけではなく、これまでの業務経験から培った、即戦力性やマネジメント能力なども求められます。また、自分の能力を客観的に証明するために資格を持っておいた方が有利です。

30代の転職で保有していると有利な資格は次のとおりです。

【保有していると有利な資格】

  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記

30代におすすめの転職サイト・エージェントTOP5

30代での転職を成功させるためには求人サイト・エージェントを利用した方が良いです。30代の転職でおすすめの転職サイト・エージェントを4つ紹介します。

1位:リクルートエージェント

■Point1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000名以上の転職支援を行っています。

■Point2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人は約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■Point3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方も安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

4位:パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

5位:doda(デューダ)

■Point1:業界2位のエージェントで沖縄求人も多数保有
リクルートエージェントに次ぐ業界2位のエージェントで沖縄の求人も多数保有しています。

■Point2:非公開求人のレベルが高い
扱っている求人の80%~90%は非公開求人で、質が高い求人を保有しているといわれています。

■Point3:3つのサービスが一度に使える
転職サイト・エージェント・スカウトの機能が集約されており、登録するだけで3つのサービスを同時に利用できます。3つを使いわけることによって自身の転職スピードに合わせた活動を行いやすいです。


本記事で紹介しきれなかった、30代におすすめの転職サイト・エージェントはこちらから。

30代の転職で失敗しないために

30代になると20代のように将来性だけでは採用されず、前職で培った即戦力性やマネジメント能力などが求められます。

また、30代前半には未経験職種への転職はまだ可能かもしれませんが、30代後半になると未経験職種の転職は厳しいです。

また、独身の場合はともかく、結婚して子持ちになっていると転職で失敗した際のリスクも高くなります。

確実に転職を成功させるためには転職サイトやエージェントサービスなどを利用した方が良いでしょう。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら


【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
求人・転職おすすめエージェント(30代)の最近更新された記事