コピー完了

記事TOP

楽天と西友、国内初となる離島の一般利用者へのドローン商用配送サービスを開始

公開日:
楽天と西友は、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から、東京湾唯一の無人島で人気の観光地である猿島を訪問している一般利用者へ、商品を届けるドローン配送サービスを開始した。一般利用者を対象とした離島へのドローンによる商用配送サービスは、国内初の取り組みになるという。

「楽天ドローン」がバーベキュー食材を配送

2019年7月4日、楽天と西友は、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から横須賀沖の猿島まで、商品を届けるドローン配送サービスを開始した。

猿島は東京湾唯一の離島で、年間20万人が来島する人気の観光地。特に夏場には、バーベキューや海水浴、釣りなどのレジャーを楽しむため、多くの観光客が訪れるという。

今回のドローン配送サービスでは、「楽天ドローン」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使って、「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱う約400品目の商品から注文。予め選択した受取時間になると、ドローンが猿島内に設置したドローン着陸ポートへと商品を配送してくれる。

バーベキュー用の精肉や野菜といった生鮮食品のほか、酒や飲料、絆創膏などの救急用品なども取り揃えた。主な配送ルートは海上になるため、夏の日差しが気になるが、要冷商品は西友が新たに開発した専用の保冷バッグを使用して衛生管理につとめる。

配送ステータスをアプリ上で確認できるほか、商品到着時のプッシュ通知、楽天ペイでのオンライン決済など、新たなショッピングにおける利便性にも配慮した。

「レベル3」から「レベル4」へ

楽天は2016年以降、ゴルフ場やコンビニなど、ドローン物流の実用性拡大に挑んできた。2018年には、日本初となる個人宅への配送にも成功し話題になった。ドローン配送専用の機体からアプリまで、ハードウェアとソフトウェアを両輪で開発し、「レベル3(無人地帯における、補助者なしでの目視外自律飛行)」での飛行実績を着々と積み上げている。

一方の西友側も、ネットスーパーでのドローン配送を検討してきたという。今後は楽天と共同運営をする「楽天西友ネットスーパー」への発展も視野に入るだろう。

実は6月21日、「空の産業革命に向けたロードマップ2019」が発表された。2018年度まではこの「レベル3」の実現に向け、官民あげて尽力してきたが、次なる目標は「レベル4」だ。いよいよ有人地帯における、補助者なしでの目視外自律飛行の制度設計および運用を目指す。

ポイントは、これまでは2020年代前半とされていた運用開始時期について、2022年度を目処に実現を目指すと明記された点だ。「レベル3」での飛行実績を着々と積み上げてきた企業は、楽天のほかにも日本郵政やANAホールディングスなどがある。今後のさらなる取り組みには要注目だ。

買い物弱者救済、災害支援を視野に

また横須賀市では、「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」を推進している。スマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用し、新規ビジネス創出や社会的課題解決を目的とした取り組みだ。夏のレジャーを楽しむための来訪者が増える夏季期間中に、一般利用者が気軽にドローンを活用した新たなショッピングを体験できる機会となる。同市では、将来的には買い物弱者救済や災害支援を視野に入れるという。

「横須賀市の離島へのドローン配送サービス」概要

  • 実施期間: 2019年7月 〜 2019年9月の木・金・土曜日(注文受付開始:各実施日の0時)
  • 配送料: 500円(税込)※商品代金とは別途加算。
  • 実施日についての注意事項 (1)運用都合上変更となる可能性がある。(変更の場合は、楽天ドローンHPおよびアプリ上で案内) (2)雨天や強風などの悪天候時には運用を中止。(当日の実施可否は、アプリ上で案内)
  • 実施主体: 楽天、西友
  • 実施協力: トライアングル
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事