コピー完了

記事TOP

組織マネジメントとは - フレームワーク「7S」 | スキルやメリット

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
組織マネジメントとは、企業の管理職が資源を適切に管理するマネジメント方法を指します。組織マネジメントにおいておさえておくべきフレームワーク「7S」や、身につけるべきスキル、得られるメリットを解説。組織マネジメントをサポートしてくれるツールも紹介します。

組織マネジメントとは

組織マネジメントとは、組織の経営者(代表)をはじめ、部長課長クラスの管理者が組織としての活動を円滑に進め、安定して業績を上げられるように組織の資源を管理することをいいます。

組織マネジメントで考えるべき4つの資源

組織経営に必要な資源は大きく分けて4つあり、それは「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」といわれています。これら経営資源を効率的に活用・運用することが組織マネジメントの目的です。

ヒト

営利企業の場合はそこで働く社員のことであり、商品やサービスを作り出し、それを必要としている顧客に販売することで利益を上げる必要があります。近年は人手不足に陥っている企業が多く、優秀な人材をいかに確保し、育てるかが企業の抱える大きな課題となっています。

モノ

企業の場合は、そこで生み出される製品やサービス、それらを作り出すための設備などが該当します。これらを無駄なく効率的に利用し、社会に価値ある商品を提供して利益を上げるのが企業の目的となります。

カネ

必要な人材を確保し、製品・サービスを生み出す設備を購入するためには資金が必要となります。必要に応じていつでも使える資金(キャッシュフロー)はいわば企業の血液ともいえるもので、たとえ利益が出ていたとしても必要なだけのキャッシュが不足したために倒産してしまう企業も少なくありません。

情報

企業のもつ顧客に関するデータ(顧客リスト)や市場における商品・サービスの情報、あるいは消費者コミュニティとのつながりなどを意味する概念です。

「情報」が重要な経営資源とみなされるようになったのは、実はここ数十年のことです。インターネットの台頭などで情報のもつ価値が飛躍的に高まったため、今では欠かせない経営資源とみなされるようになりました。

下記記事もぜひ参考にしてください。

組織マネジメントのフレームワーク「7S」

組織の資源には「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4つがありますが、組織マネジメントを考える上では、組織の構成要素をさらに厳密に分類したフレームワーク7Sがあります。

これは世界的に有名なコンサルティングファームであるマッキンゼーが提唱したもので、これによってそれぞれの資源が相互に及ぼしあう影響について理解しやすくなり、企業が抱えている問題や課題の洗い出しに役立ちます。

ハードの3S

ハードの3Sは「戦略」「組織」「社内システム」の3つです。

戦略(Strategy)

戦略とは企業戦略をさしており、どのように市場競争で勝ち、どのように利益を伸ばし続けるのか、その方向性を考えることです。戦略によって組織や社内システムのあり方が変わってきます。

たとえ優れた組織や社内システムがあったとしても、確固たる戦略がなければ羅針盤のない航行と同じで、安定して利益を生み続けるビジネスはできません。

組織(Structure)

組織は、企業として利益を生むために構成された構造や形態のことですが、具体的には事業部の統制や管理体制を意味しています。いかに組織として構成メンバーの意思を統一させ、上述の戦略を実行できるかが成功の鍵となります。

社内システム(System)

社内システムとは、組織が円滑に戦略を実行できるようにするための仕組みや体制のことです。より具体的には、基幹系システム会計ソフト人事評価システムなどが挙げられます。

ソフトの4S

ソフトの4Sは「スキル」「人材」「社風やスタイル」「価値観」の4つで構成されます。これらはハードの3Sのように管理者の方針をもってしても簡単に変更することができず、相応の時間とコストがかかるのが一般的です。

スキル(Skill)

7Sにおいてのスキルは、社員それぞれの能力や技術のみならず、チームを組んだ際の営業力や開発力、調査力や宣伝力(マーケティング力)などが該当します。多くの企業が実施している社員の能力開発はこの部分を強化する試みといえます。

人材(Staff)

人材を獲得する際に注意すべきは、たんに優秀な人材を確保するのではなく、その組織がもつ価値観に共感でき、しっかりと価値を提供できる人材を集め、育てることです。

社風やスタイル(Style)

社風やスタイルは、職場の雰囲気や環境、あるいは社風や組織文化などが該当し、日々の仕事の進め方などもここに含まれます。企業が戦略を実行に移し、目標を達成するためには優れたシステムや優秀な人材が必要ですが、社風や企業文化も大きな影響を与えます。

価値観(Shared Value)

価値観とは、なぜその企業が存在しているのかといった存在意義や企業理念などです。経営者のもつ哲学などもここに含まれます。組織が意思決定する際の指針や拠り所となるのがこの価値観です。7Sの中でも中心的な位置づけとなり、組織のもつ価値観の如何によってとるべき戦略やスタイルが変わってきます。

組織マネジメントに必要なスキル

続いて、組織マネジメントを実践するうえ必要となる管理者のスキルについて解説します。

リーダーシップスキル

リーダーシップとは、組織のなかで目標や優先順位を決定し、それを責任をもって維持することをいいます。管理者は企業の経営理念を周囲に示し、組織として達成すべき目標を明確化して、メンバーを導いていく必要があります。適切な組織マネジメントのためには管理者のリーダーシップスキルが欠かせません。

下記では統率力・リーダーシップ・マネジメント力の違いについて解説しています。

問題解決スキル

組織運営における問題(ボトルネック)を把握し、それを効率的に解決できるスキルが求められます。ただし、組織の問題解決は管理職一人で解決できるものばかりではないので、周囲のコンセンサスを得つつ、優先順位を決めて実行するスキルも必要です。

人材をマネジメントするスキル

それぞれの部下の特性や強みを理解し、適材適所に人材を配置するスキルが必要になります。それに付随して社員一人ひとりの指導や動機付けモチベーションの管理も大切です。

コミュニケーションスキル

組織の目標を達成すべく社員を導くため、あるいは人材を効率的にマネジメントするためには、現場の声を聞くだけではなく、自分の上司にあたる人物との調整も必要になります。信頼関係を築き、組織を円滑に動かすためには高いコミュニケーションスキルが求められます。

【関連記事】
コミュニケーションを活性化させた事例
コミュニケーションツールの比較

人材評価スキル

社員一人ひとりを成長させ、集団における個人のパフォーマンスを上げるために人材を正しく評価するスキルが求められます。人材の適性評価が組織全体のパフォーマンスに多大な影響を与えるため、組織マネジメントに求められる数々のスキルのなかでも、特に重要なスキルといえるでしょう。

【関連記事】
タレントマネジメントシステムの比較
人事評価システムの比較
目標管理システムの比較

組織マネジメントの成功で得られるメリット

次に組織マネジメントの成功によって得られるメリットについて説明します。

組織の特性に合わせた管理が可能になる

マネジメントの概念を導入することによって、それぞれの組織の特性や強みに合わせて柔軟な管理が可能になります。

特に経営資源の一つである「ヒト」はさまざまな影響を受けやすいため、各々の強みや価値観に合った仕事を配分するなどの工夫をすることが重要です。それによって、他の要素の改善以上に企業として大きなリターンが得られます。

管理者が重要な仕事にフォーカスできる

適切に組織をマネジメントできれば、管理者の負担が軽減されるため、企業の利益に直結するような本当に重要な仕事に自分の時間を充てられるようになり、結果として企業全体の業績が向上します。

長期的な事業計画が実現できる

マネジメントによって組織全体のパフォーマンスが向上するため、企業の長期的な事業計画が実現しやすくなります。

企業の利益はさまざまな要因によって上下しますが、たとえ自社にとってマイナスの環境要因が生じたとしても、組織マネジメントがしっかりしていれば、それに応じた施策も柔軟に実行できるため、安定した経営が可能になります。

組織マネジメントのサポートツール

効率的な組織マネジメントを後押ししてくれるツールを紹介します。

カオナビ - 株式会社カオナビ

カオナビ - 株式会社カオナビ 画像提供:カオナビ

  • アンケート機能で従業員の本音をキャッチ
  • 面談記録を蓄積しモチベーション変化を"見える化"
  • パルスサーベイ機能で離職予兆や組織課題を早期に発見

カオナビは、従業員の本音や思考を可視化する従業員満足度調査機能を備えた、人材管理システムです。

収集したアンケート結果を元に従業員の本音を可視化。また従業員のスキルや評価履歴、面談記録を蓄積し一元管理できるため、モチベーション変化を可視化しよりよい組織へ。有料オプションのパルスサーベイ機能では、定期的に短いアンケートを実施し結果を蓄積することで、組織課題の発見につながります。早期に対策し離職防止、エンゲージメント向上が期待できるツールです。

Well(ウェル) - 株式会社Boulder

Well(ウェル) - 株式会社Boulder 画像出典:Well(ウェル)公式サイト

  • Slack上のデータをAIが自動分析
  • 従業員の本音をリアルタイムで分析できる
  • 働きやすい環境を作り、従業員満足度を向上させる

Well(ウェル)は、Slack上の行動データをAIで自動分析できる従業員満足度調査ツールです。従来では時間を要していた従業員データの収集と分析をAIが行うことで、課題の早期発見が可能です。Slack上の投稿内容や投稿時間、レスポンスの早さなどから、組織と従業員の潜在的な課題を自動で分析します。リモートワークや在宅勤務といった、オフィス外の環境にいる従業員の残業過多の防止にもつながります。

モチベーションサーベイ - 株式会社トランストラクチャ

モチベーションサーベイ - 株式会社トランストラクチャ 画像出典:モチベーションサーベイ公式サイト

  • 目には見えないモチベーションを数値化
  • 高い意識を維持し続ける環境を実現
  • 自社にマッチした設問や分析の設定が可能

モチベーションサーベイは、社員のモチベーション高低を測定し、組織の現状を可視化できる従業員満足度調査ツールです。外から判断しづらい従業員のモチベーションを、アンケート通じて可視化できます。さまざまな角度から分析した結果に基づき、目標達成に向けて高い意識を維持し続ける環境をつくることで、経営戦略の実現が期待できます。オプションで、各社員の課題分析や組織全体の要因分析といった組織改善に必要な分析機能を備えています。

Talknote(トークノート) - Talknote株式会社

Talknote(トークノート) - Talknote株式会社 画像出典:Talknote(トークノート)公式サイト

  • メッセージ利用数を社員ごとに把握
  • 利用データを元に離職兆候がわかる
  • 組織状況の活性化度合いを可視化

Talknote(トークノート)は、コミュニケーションを活性化させて、仕事に対するモチベーションを向上させるエンゲージメントクラウドです。

コメント共有やメッセージ機能を通じて社内コミュニケーションの課題を解決するツールです。メンバー間のメッセージ送受信数から、コミュニケーション改善施策の実施が可能。またアクセス時間や投稿量といった利用量から意欲低下アラートを出すなど、離職兆候の早期発見も可能に。組織の状況を定量的に把握できるので、改善が必要な要因を特定し具体的な施策に結び付けられます。

jinjer(ジンジャー)ワークバイタル


  • 離職フラブをリアルタイムでキャッチアップ
  • 社員のモチベーションの推移を可視化
  • 定点モニタリングで状況の変化を瞬時に発見

jinjer(ジンジャー)ワークバイタルは、社員のコンディションを可視化して管理・解析し、リアルタイムで状況の変化を察知できる人事評価システムです。

離職懸念対象者をリアルタイムで把握し、事前に退職防止の対策を行うことにより離職率を低下させます。また、従業員のモチベーションが可視化されるので、組織内の新しい課題発見が見込めます。定点観測も可能で、コンディション変化が一目で瞬時にわかりやすく表示されます。

ラフールサーベイ - 株式会社ラフール

ラフールサーベイ -  株式会社ラフール 画像出典:ラフール公式サイト

  • 3,000社以上(※)の支援実績と18万人(※)のデータ蓄積
  • さまざまな角度から組織課題を分析できる
  • 離職防止と組織の生産性向上を実現

ラフールサーベイは、組織課題の調査・分析・対策までをトータルサポートし、離職防止や生産性向上につなげられるサービスです。

支援実績は3,000社以上、約18万人のデータ蓄積を誇ります。個人と組織を多角的に分析し、どの部署に課題があり、どのような対策を打つべきかを個別に報告・提案してくれます。経営リスクを事前に回避することで、離職防止と組織の生産性向上、魅力的な企業ブランドの構築を可能にします。

(※ ともにラフールサーベイ「ラフールサーベイの特徴」における2020/07/15時点の数値)

専門家のオンラインサポート付き組織サーベイ - INSIDES


  • 社員が抱える問題や悩みを可視化
  • その情報をもとに管理者のすべきアクションをアドバイス
  • リクルートの専門家に相談もできる

INSIDESは、現場管理者のすべきアクションや行動改善を後押ししてくれるマネジメントツールです。社員の抱える悩みや問題を可視化し、それをレポートとして配信してくれるため、上司と部下の対話を促し、人材育成や組織が抱える問題の解消をはかれます。

社員それぞれの強みや特性をもとに「どのような声がけをすべきか?」といった具体的なアドバイスがもらえるため、特に1on1など上司と部下との対話を重視する企業にとってはおすすめのツールです。

Wistant

Wistant

  • 1on1の運用と改善が簡単にできる
  • 従業員エンゲージメントの向上を実現
  • 無料デモあり

Wistantは、組織のパフォーマンスとエンゲージメントを高めるマネジメントツールで、特に1on1の運用と改善が効率的に行えるのが特徴です。

社員の目標達成や成長支援に悩む企業や、自社ミッションの理解度が低いと感じている企業に適しており、従業員エンゲージメントを継続的に高めることにより、マネジメントの課題解決を支援します。

wevox

wevox

  • 回答時間は3分
  • 回答を自動集計して課題も自動抽出
  • 手軽に始められる料金設定

wevox(ウィボックス)は、スマートフォンにて3分で回答可能なサービスです。初期費用・最低利用年数などがない安価な料金設定で、無理なく継続して利用できます。面倒な回答の集計作業や分析作業も自動でやってくれるため、組織改善を効率的に行えます。

組織マネジメントを支援する研修サービス

プロジェクトマネジメント・エッセンシャル - フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

プロジェクトマネジメント・エッセンシャル - フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 画像出典:プロジェクトマネジメント・エッセンシャル公式サイト

  • チームメンバー全員にマネージャー意識を持たせる
  • モチベーションの高いチームを育成
  • プロジェクトを通した学習と成長を最大化

プロジェクトマネジメント・エッセンシャルは、チームメンバー全員にマネージャー意識を持たせて、実務を通して成果を最大化する研修プログラムです。メンバー全員が率先してプロジェクトに取り組み、プロジェクトへの貢献を通して学びを得ることで、実務を通した継続的な成長が期待できます。全プロジェクト業務を経験することで、より強いチームの構築を目指せます。

組織マネジメントの重要性を理解する

組織マネジメントの概要とメリット、そして特にリーダーに求められるスキルについて解説しました。多くのビジネスパーソンが日常的にマネジメントについて意見を交わしていますが、それを実際に組織運営に反映するには、必要なスキルを理解して磨く必要があります。

特に管理者の方はマネジメントに必要な資源を適切に配分する役割を担っているので、効率的でスムーズな組織運営を実行するためにも、今自分に必要なスキルを理解し、向上させる努力をしましょう。

【関連記事】
チームビルディングとは
人材育成の手法や課題

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
経営者・経営幹部の最近更新された記事
経営者・経営幹部のサービスに興味がありますか?
CLOSE
アラームボックス モニタリング
サーキュレーション
スピード・オブ・トラスト リーダー
アラームボックス モニタリング: アラームボックス株式会社、サーキュレーション: 株式会社サーキュレーション、スピード・オブ・トラスト リーダー: フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社