コピー完了

記事TOP

[PR]支払いをまとめて経費処理業務を効率化 - アメックスのビジネスカードで実現するスマートなワークスタイル

最終更新日:
公開日:
ビジネスにおける支払いを一括にまとめられるとともに、経費処理業務を効率化させるビジネスカード。本記事では、アメックスのビジネスカードが実現するスマートなワークスタイルに迫る。

交通費や資材調達費、公共料金に接待費など、日々の業務の中で経費はさまざま発生する。現金、口座振替、複数枚のクレジットカードなど、支払方法を分散させていると、経費処理業務が複雑化し、経理ミスを誘発する可能性がある。

「もっと経理処理を簡潔にしたい」のなら、アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)のビジネスカードの導入を検討してみてはどうだろうか。毎月の経費処理業務が効率化され、スマートなワークスタイルを実現できるはずだ。

さらに今なら、本記事からの申し込みで初年度年会費が無料になるキャンペーン※を用意。ビジネスカード/ゴールドの場合34,100円(税込)が、ビジネスカード/グリーンの場合13,200円(税込)がお得になるので、下記リンクより詳細をチェックしてみてほしい。

(※)基本カード会員のみ初年度年会費が無料

支払いをアメックスに集約して経費処理の非効率を軽減

皆さんの企業では、交通費・接待費や、業務上の資材調達、オフィスサプライ、通信費、公共料金など経費の支払いをどのように行っているだろうか? 現金払いに口座振替、クレジットカードと、経費に応じて複数の支払い方法を選択しているという企業も少なくないはずだ。

しかし、これでは経費処理や業務の非効率を生んでしまう。たとえば、業務上必要な物品を現金で購入した場合、領収書を発行する必要があり、領収書を受け取る手間と紛失のリスク、保管場所の問題などが伴う。経費処理の中でもっとも手間がかかる方法と言えるだろう。

現金よりも効率的に経費処理を行えるのが口座振替だが、小売店など利用できないことも多い。また、取引先に合わせて複数の銀行口座を所有していると、それぞれの通帳を記帳して支払いを確認し、経理処理を行う非効率が生じる。

その点、すべての支払いをアメックスのビジネスカードに集約すれば、支払いがスマートになるだけでなく、支払情報が一元化され、経費の利用状況が一目でわかるようになる。毎月の経費管理の手間も省け、本業に専念する時間が生まれるだろう。

クラウド会計ソフトfreeeと連携可能

アメックスのビジネスカードは、個人事業主や中小企業向けのクラウド会計ソフトfreeeとの連携が可能だ。ビジネスカードの利用情報を API連携によって安全にfreeeに取り込める。経理業務が効率化されて分析が簡単になるのはもちろん、freeeの管理画面から利用状況の確認や利用明細のダウンロードも可能となる。

複数枚カードの利用状況も一目瞭然

企業によっては役員や経費を頻繁に必要とする社員に対して、個別のビジネスカードを持たせることもあるだろう。この場合でも、アメックスにまとめることで、個々のカード利用状況が把握でき、コストの最適化に役立つ。カードを利用する側の社員としても、現金や仮払い金の精算の手間から解放されるのはメリットだ。

信頼を与えるステータスカード「アメックス」の魅力

このように、経費処理やビジネスの効率化に大きく貢献するアメックスのビジネスカードだが、魅力はまだまだある。ここからは、アメックスを所有するメリットを紹介する。

設立初年度の企業・個人事業主でも取得しやすい

ビジネスカードは個人カードと比べて審査基準が厳しく、 一般的に「設立3年以上かつ、黒字決算2期連続」が基準とされている。しかし、アメックスのビジネスカードは取得しやすいと言われており、設立初年度から審査をパスした事例も多数あるという。

設立したばかりの企業・個人事業主にとって、非常にありがたいポイントだろう。

日本国内でも支払いに困ることは少ない

「アメックスは国内でほとんど使えない」というイメージを持っている人がいるかもしれないが、それは過去の話。アメックスは国内大手カード会社のJCBと加盟店開放契約を結んでいるため、国内にあるほとんどのJCB加盟店でアメックスカードは利用できる。

国内のカード決済導入店でJCBに対応していない店舗は少ないため、アメックスも同様に国内の多くの店舗で利用可能だ。

世界中で利用されているステータス性の高さ

利用しているビジネスカードのブランド力は、所有する企業や個人のイメージにつながる。世界中で利用されており、豊富な付帯特典を持つアメックスのビジネスカードを利用すれば、高いステータス性をアピールできるだろう。

具体的な付帯特典としては、アメックスのビジネスカードの所有者は、「アメリカン・エキスプレス・オンラインモール」にてクーポンの利用が可能。ホテルの宿泊や、本、パソコン・周辺機器、レンタカーなど、さまざまな商品・サービスをお得に購入できる。

また、個人カード・ビジネスカードに共通する、空港ラウンジが無料で利用できるサービスも人気だ。アメックスのカードと搭乗券を提示するだけで、カード所有者と同伴者1名のラウンジ利用が無料となる。

「メンバーシップ・リワード」で複数カードのポイントを合算

アメックスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」では、対象カードの所有者の名義が同一であれば複数カードのポイントを合算して利用できる。個人カードと家族カードや個人カードとビジネスカード、あるいはビジネスカード間のポイントを合算してアイテムやマイルへの交換、ポイント払いに利用できるのだ。

また、アメックスは利用代金100円ごとに1ポイント付与。毎日の買い物から出張費、公共料金まで、すべての支払いがポイントの対象となる(一部ポイント加算対象外の加盟店もあり)。さらに、「メンバーシップ・リワード」に登録すると、ANAマイルの還元率が2倍(登録者:1,000ポイント・1,000マイル/非登録者:2,000ポイント・1,000マイル)になるため、ぜひ活用してみてほしい。

メンバーシップ・リワード対象カード

利用限度額の制限がなく高額支払いにも柔軟に対応

アメックスはほかのビジネスカードと同じく審査を経て利用限度額が決まるが、その際の利用限度額に一律の制限を設けていない。そのため、審査によって返済能力が認められれば、500万円や1,000万円など、ほかのビジネスカードでは実現できない利用限度額を与えられることがある。

高額の支払いにもフレキシブルに対応できる点は、会社の支払いをまとめるうえで心強いポイントとなるだろう。

アメックスのビジネスカード/ゴールドを徹底チェック

ここからは、アメックスのビジネスカード/ゴールドの特徴について解説する。充実の補償とサービスが付帯する、ビジネスに最適なクレジットカードだ。

基本情報
加入資格 法人/個人事業主
年会費 34,100円(税込)/追加カード13,200円(税込)
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)
付帯補償 キャンセルプロテクション、ショッピングプロテクション、リターンプロテクション、国内航空機遅延費用

アメックスのビジネスカード/ゴールドは旅行傷害保険適応で、国内出張の際、公共交通機関や宿泊先の利用代金をカードで支払うと、カード会員・追加会員ともに最高5,000万円までの補償に対応する。海外への出張・旅行の場合にはカード会員を対象に、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯する。

さらに、病気やケガで出張や接待をキャンセルした場合にキャンセル料を補償するキャンセルプロテクションや、第三者のインターネット上でのカードを不正利用を補償するオンライン・プロテクション、商品の破損・盗難を補償するショッピングプロテクションなどが付帯する。

このほか、次のサービスにも対応している。

サービス名 内容
ミーティング・スクエア 帝国ホテル東京の限定ビジネスラウンジを月会費制で利用可
ビジネス・ダイニング エリア、予算、人数に合わせて接待用のレストランをコンシェルジュが提案・予約
ジー・サーチ 入札・落札広告情報、企業情報などのデータベースサービスを無料で利用可
ヘルスケア無料電話相談 健康維持に関する相談、医療機関の紹介
アメリカン・エキスプレス JALオンライン 国内線法人専用運賃をオンラインで予約
オーバーシーズ・アシスト 海外出張先で24時間日本語サポート
ビジネス・カード会員限定イベント ビジネスが広がる会員限定のイベントを開催
ゴールド・ワインクラブ ワインに関するさまざまなサービスを提供
空港ラウンジ カードと搭乗券の提示で国内外の指定空港でラウンジの利用無料
メンバーシップ・リワード 利用代金100円=1ポイント換算。使用するごとにポイントが貯まる

アメックスのビジネスカード/グリーンを徹底チェック

続いて、アメックスのビジネスカード/グリーンの特徴をチェックする。付帯サービスはゴールドカードよりも少ないが、福利厚生プログラムや空港ラウンジの利用は可能。ゴールドカードの半分以下の年会費で、必要十分なサービスが付帯されたカードと言えるだろう。

基本情報
加入資格 法人/個人事業主
年会費 13,200円(税込)/追加カード6,600円(税込)
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)
付帯補償 ショッピング・プロテクション、オンライン・プロテクション、リターン・プロテクション

アメックスのビジネスカード/グリーンの旅行傷害保険は、国内・海外ともに最高5,000万円の補償に対応。このほか、ショッピング・プロテクション、オンライン・プロテクション・リターン・プロテクションも付帯する。

サービス名 内容
ジー・サーチ年会費無料 入札・落札広告情報、企業情報などのデータベースサービスを無料で利用可
クラブオフ 75,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム
アメリカン・エキスプレス JALオンライン 国内線法人専用運賃をオンラインで予約
オーバーシーズ・アシスト 海外出張先で24時間日本語サポート
空港ラウンジ カードと搭乗券の提示で国内外の指定空港でラウンジの利用無料
メンバーシップ・リワード 利用代金100円=1ポイント換算。使用するごとにポイントが貯まる

アメックスのビジネスカードの利用でビジネスが加速する

ここまで紹介してきたとおり、分散している支払いをアメックスのビジネスカードに一元化することで、経費の管理や処理業務を効率化できる。さらに、クラウド会計ソフトfreeeとの連携により、経理業務の生産性はさらに向上する。

また、アメックスのビジネスカードの豊富な付帯サービスにも注目だ。国内出張・海外出張の際には空港ラウンジを無料で利用できるほか、ゴールドなら海外から日本語サポートが受けられるオーバーシーズ・アシスト(24時間日本語で対応)なども利用できる。

各種付帯サービスで、あらゆる面からビジネスをサポートしてくれるアメックスのビジネスカード。経費業務やビジネスのさらなる効率化を実現したいなら、ぜひ導入を検討してみてほしい。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上