コピー完了

記事TOP

[PR]ユーザーとSMSや+メッセージでつながるコミュニケーションサービス – 「KDDI Message Cast」の魅力

公開日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
近年、企業とエンドユーザーのコミュニケーション手法が多様化している。そんななか、改めて注目を集めているのが即時性や開封率が高く、端的な連絡に適したSMSや、SMSをより進化させた「+(プラス)メッセージ」だ。本記事では、SMSや+メッセージによるユーザーコミュニケーションのメリットに加え、エンドユーザーへSMSや+メッセージの配信が可能なKDDIのメッセージ配信サービス「KDDI Message Cast」の魅力を紹介する。

企業がエンドユーザーとの信頼関係を構築するために、双方向コミュニケーションは重要だ。ビジネスにおいては、企業から一方的に情報を発信し続けるだけではなく、ユーザーが抱えているニーズや改善点を把握するためにユーザーから情報を積極的に収集する必要がある。

近年では、企業とユーザーをつなぐコミュニケーションの手法が多様化しており、電話やメール、チャットなどさまざま存在する。そのため、企業はビジネスモデルやユーザー層に応じて、双方向コミュニケーションの手法を選択できる。

そんななか、数あるコミュニケーション手法の中でも携帯電話番号がわかれば送信できる手軽さから高く評価されているのがSMS(ショートメッセージサービス)や「+(プラス)メッセージ」だ。

ビジネスにおいて、企業がSMSや+メッセージを活用するメリットとは

すでにご存じだろうが、SMSは、携帯電話番号情報をもとにメッセージをやり取りするサービスだ。電話番号を活用するメリットとしては、情報取得のしやすさや開封率の高さのほか、メールアドレスのように頻繁に変更されないのも大きい。特に、電話番号はそのままで通信キャリアを乗り換えられるMNP(ナンバーポータビリティ)制度のおかげで、「通信キャリアを変えても電話番号は変わらない」という状況は、SMSの後押しとなっている。

インターネットやスマートフォンの普及に伴い、最近ではユーザーコミュニケーションの手法として、そんなSMSの活用を検討する企業が増えはじめている。従来のEメールはさまざまな企業がキャンペーンやお知らせなどのダイレクトメールに利用していることもあり、開封率はそれほど高くないのが実情だ。また、Eメールはユーザーがメールのフィルタリングを行っている場合、迷惑メールに振り分けられてしまうこともある。

いっぽうSMSは、まだダイレクトメールなどに活用されているケースはそれほど多くない。SMSは受信時にポップアップなどの通知があるため、必然的にユーザーの目に留まりやすくなる。こうした開封率の高さも、SMSが効果的であると考えられている理由のひとつだ。

SMSは、到達率と開封率の高いツールだが、打ち込める文章量は少ない。そのため、SMSを活用する企業は限られた文字数の中でユーザーに本当に届けたい、読んでもらいたい情報を厳選して配信する必要がある。次章では、SMSのメリットに加えて、文字数制限などの表現力の問題を解決した+メッセージの魅力を紹介する。

リッチで表現力豊かなコンテンツ配信が可能な+メッセージの魅力

企業とエンドユーザーのコミュニケーションとして有用なSMSだが、従来は前述した文字数制限のほか、写真や動画の送付ができず、グループメッセージに対応していないなど、機能面に課題があった。SMSの使いやすさはそのままに、そんな機能面の課題を解消したのが、KDDIをはじめとする大手通信会社3社が提供する新コミュニケーションサービスの+メッセージだ。+メッセージはSMSの後継サービスである国際標準化されたRCSを採用し、テキストだけではなく、写真や動画、地図、スタンプなどの送受信を可能としている。

下の比較表で示したとおり、+メッセージは最大全角2,730文字までのメッセージ送信のほか、写真や動画の送付、グループメッセージにも対応。その多機能さや使い勝手のよさが高く評価され、2020年2月には2018年5月のサービス提供開始から2年弱で利用者数が1,500万を突破するほど急速に利用者数を伸ばしている。

「SMS」と「+メッセージ」の比較
※2020年2月度現在のKDDI Message Cast内の機能比較による

SMS +メッセージ
テキスト・絵文字
(他社携帯電話宛)
最大全角70文字 最大全角2,730文字
写真・動画 不可 可(最大100MB)
専用スタンプ 不可
グループメッセージ 不可
音声メッセージ 不可
位置情報(地図) 不可

+メッセージ利用ユーザーと企業間のコミュニケーションを可能にするのが、KDDIが提供する法人向けメッセージ配信サービス「KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)」だ。

「KDDI Message Cast」は、企業の既存システムとAPI連携することにより、+メッセージ、SMSを利用する自社のエンドユーザーへ携帯電話番号でのメッセージ配信や双方向のやり取りが可能。KDDIが提供している入稿ポータルを利用してメッセージ配信を行うこともできる。入稿ポータルを利用する場合は開発が不要なため、手軽にサービスを導入できるのもメリットだ。

「KDDI Message Cast」の活用でユーザーコミュニケーションが変わる

ここからは、「KDDI Message Cast」の特徴や、企業が導入するメリットを確認していこう。ユーザーとの適切なコミュニケーションを実現できれば、企業の業務効率や生産性が向上するだけでなく、顧客満足度の向上も期待できるはずだ。

(1)安心感を与える公式アカウント
近年、SMSでもなりすましメッセージが問題視されているが、「KDDI Message Cast」では、企業の公式アカウントや通信キャリアによる「認証済みマーク」付きのメッセージを送信できる。これにより、なりすましを疑われることなく情報を届けられ、ユーザーの信頼感が高まり開封や返答率の向上に貢献するだろう。

(2)携帯電話番号があれば利用可能
企業はユーザーの携帯電話番号だけで送信可能なため、新たな情報取得が必要ない。コールセンターの場合、電話に出てもらえずかけなおしの工数やコストがかかることはないため、業務の運用効率は向上するだろう。

(3)情報更新促進や督促業務の削減
郵送物が返送されたユーザーに対して住所変更依頼を通知する、引き落とし不可が続くユーザーに対して口座引き落としの日をあらかじめ通知するなど、情報更新や督促業務においても、「KDDI Message Cast」は活躍する。

(4)+メッセージアプリ未DLユーザーへも配信可能
+メッセージアプリをダウンロードしていないユーザーに対しては、SMSに自動変更する機能を利用することでSMSでの配信が可能なため、ユーザーに必要な情報を届けられる。

ほかにも、「KDDI Message Cast」には、複数の宛先への一斉送信、位置情報を活用したユーザーの現在位置・状況確認、リッチなリマインダー・情報共有発信など、ユーザーコミュニケーションを円滑にするための機能が数多く搭載されており、使い勝手は非常に高い。

各業界における「KDDI Message Cast」の適切な活用方法とは

最後は、金融機関、保険会社、クレジットカード会社、人材関連会社、不動産会社、航空会社、旅行代理店・ホテル、運送業、レンタカー会社の各業界における「KDDI Message Cast」の適切な活用方法を確認していこう。

金融機関


金融機関では、口座に関連した重要な連絡をSMSや+メッセージで送信できる。取引完了報告や不正利用の通知、残高照会、利用明細書の送付も可能だ。さらに、+メッセージなら企業の公式アカウントから送信できるため、信頼性の向上や回収率のアップにつながるだろう。

保険会社

保険会社では、保険料の引き落としの事前連絡や手続き完了の連絡、保険金の支払い通知、満期通知や契約更新の連絡などでSMSや+メッセージの利用が考えられる。+メッセージのチャット形式での相互のやりとりで既存契約者の興味・関心などを聞き、リッチコンテンツによる適した新プラン・新商品の提案が可能となる。

クレジットカード会社

督促通知やカード利用通知、利用明細書の送付などに対応できる。+メッセージなら高い開封率に加え、信頼性も高く、回収率の改善にもつながり、不正利用があった場合のカード所有者に対する連絡においても、不正内容の詳細を知らせることが可能となる。

人材関連会社


求人エントリーの完了連絡から、会社説明会・試験・面接日の連絡、採用の合否連絡などに利用できる。また、+メッセージなら、集合時間・場所などについて地図を用いることで、より正確な情報を伝えることが可能だ。

不動産会社

資料請求後のフォローから、完成見学会やモデルハウス見学会など、各種イベントの来場促進、来場予約の確認などに利用できる。さらに、+メッセージであれば、地図情報を送信することで、内覧住宅の場所もわかりやすく伝えられたり、事前に部屋の間取りや雰囲気、建物などの写真や画像を送ることで興味・関心を高めることもできる。

航空会社

空席の確認、予約完了通知、予約した便の遅延や欠航の案内、マイルの通知でSMSや+メッセージの利用が可能。また、+メッセージならチェックインカウンターや搭乗口の場所などを写真・動画、地図などを用いて分かりやすく表示できる。さらに設定された期日に予約リマインダーを送信することで、スムーズな搭乗を促せるだろう。

旅行代理店・ホテル


空室確認連絡や予約完了通知、予約の確認通知やホテルの場所案内などの連絡が可能。+メッセージを活用して、地図を用いたバスターミナルの搭乗番号や時刻表情報、駅から宿泊先までの詳細な行き方を案内することも可能だ。また、チェックアウト後に画像・動画付きのキャンペーン情報や、アンケートを送付することで、CS向上を図れるだろう。

運送業

配達予定日の連絡や不在連絡、再配達の受付完了連絡もSMSや+メッセージから通知できる。何度も再配達を行うなどの不在時の課題を解消できるだろう。さらに、+メッセージは、なりすましの心配がなく既読率が高いことで、当日キャンセルのリスクを低減できるとともに、アクションボタンを付与することで簡単ワンクリックでの再配達依頼が可能なため、効率的な配送を実現できるだろう。

「KDDI Message Cast」でユーザーコミュニケーションが広がる、深まる

以上、SMS、+メッセージによるユーザーコミュニケーションのメリットや、KDDIの法人向けメッセージ配信サービス「KDDI Message Cast」の魅力を紹介してきた。「KDDI Message Cast」は、顧客コミュニケーションを改善したい、確実にユーザーに情報を届けたい、エンドユーザーが安心して開封確認できる方法でメッセージを送りたいといった、企業の要望に応えてくれるサービスであることがおわかりいただけただろう。

エンドユーザーとのコミュニケーションを深めるとともに、顧客満足度を向上するサービスとして、「KDDI Message Cast」の導入をぜひ検討してみてほしい。

[Sponsored by KDDI]

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上