コピー完了

記事TOP

会員限定記事

「変化を恐れず、本質を見失わず」ニューノーマルをDXで生き抜くヒント - BOXIL EXPO特別対談

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
日本でDXが進まない理由は日本型組織にある。以前から指摘されてきたことだが、コロナ禍により“DX待ったなし”となったいま、避けて通れない課題となった。複数の肩書きを持ち日米両企業の特徴を知る2人が、ニューノーマル時代の組織課題について意見を交わす。オンライン展示会「BOXIL EXPO 2020 IT・SaaS・テレワーク展」より、北野唯我氏、山本康正氏による対談をレポートする。

本記事は、2020年9月に開催したオンライン展示会「BOXIL EXPO 2020 IT・SaaS・テレワーク展」のスペシャルプログラム「ニューノーマル時代の組織課題への向き合い方 」をまとめたものです。

次回「BOXIL EXPO 2020 人事総合展」12月開催決定!


【登壇者プロフィール】

北野唯我 氏 『天才を殺す凡人』『転職の思考法』『これからの生き方。』著者
ワンキャリア取締役兼著述家。 1987年生まれ、兵庫県出身。新卒で博報堂の経営企画局・経理財務局に入社しボストンコンサルティンググループを経験したのち、2016年ワンキャリアに参画。子会社代表取締役、社外IT企業の戦略顧問の兼務などを経て、同社の取締役として戦略領域・人事領域・広報クリエイティブ領域を統括する。30歳時のデビュー作『転職の思考法』(ダイヤモンド社)が20万部、のちの『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)、『分断を生むエジソン』(講談社)、『オープネス』(ダイヤモンド社)で累計35万部発行。最新作に『これからの生き方。』(世界文化社)。

山本康正 氏 『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』『シリコンバレーのVCは何を見ているのか』著者  
東京大学で修士号取得後、ニューヨークの金融機関に就職。ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。 卒業後グーグルに入社し、フィンテックや人工知能(AI)などで日本企業のデジタル活用を推進。 ハーバード大学客員研究員。日米のリーダー間にネットワークを構築するプログラム 「US-Japan Leadership Program」諮問機関委員、 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構事業カタライザー。 2018年よりDNX Venturesインダストリーパートナー。 京都大学大学院総合生存学館特任准教授。 著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)、『シリコンバレーのVC=ベンチャーキャピタリストは何を見ているのか』(東洋経済新報社)、『2025年を制覇する破壊的企業』(SB新書)などがある。

DXにおける日本企業の組織課題と向き合い方

戦略、人事、広報クリエイティブ領域を統括するワンキャリアの取締役であり、作家活動も行う北野唯我氏と、ベンチャーキャピタルとして投資に携わり、京都大学の特任准教授、作家など多方面で活躍する山本康正氏。さまざまな方向から企業と向き合う彼らの目には、日本企業が推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)がどのように映っているのだろうか。

大論点として、「大企業がどうすればDXできるのか」を据えて、セッションを展開する。

日本に伝わっていない“シリコンバレーの真実”

北野氏:山本さんの著書『シリコンバレーのVC=ベンチャーキャピタリストは何を見ているのか』、とても面白かったです。『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』を読んで面白いと感じた人は興味を持つと思います。これのシリコンバレー版というか。なぜこのような本を書かれたのですか?

『アフターデジタル』著者、藤井氏、尾原氏による対談記事はこちら

山本氏:日本とアメリカの両方を見ていると、「日本にはアメリカのまともな情報がほとんど入っていない」と気が付きました。これまでにもシリコンバレーに関する本は数多く出版されていますが、ほとんどが「シリコンバレーは素晴らしい」というような表面的な話に終始しており、実際の内情とは異なると感じました。

シリコンバレーは実はとても閉鎖的で、中に入るのが大変。誰かの紹介がないと会いたい人にも会えません。既存の本は、日本の大企業の方がツアーで来て見学しても成田空港を離れると忘れてしまう、そんな表面的な内容が多いと感じています。これは少し違うのではないかと思い、なるべく中立的な立場で悪い面もあわせてきちんと発信していこうと本を出版するに至りました。

北野氏:確かに、アメリカでの成功事例から表面的な部分のみをコピーして本質にフォーカスしないというのはよくありそうです。DXも同じ構造かもしれませんね。そのあたり、山本さんが著書で言及しているテスラのお話がわかりやすいのかなと思います。

※この記事はBOXIL会員限定記事です。無料会員に登録またはログインすると、記事の続きおよびアーカイブ動画をご覧いただけます

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ニュース・特集の最近更新された記事
「BOXIL SaaS AWARD 2021」を2021年3月4日に開催決定! - 口コミ投稿も募集中
2020年10月、ボクシルで資料ダウンロード数が最も増加したカテゴリは?【BOXILマンスリーレポート】
クラウドサービスとは?種類別に徹底解説・比較・関連記事一覧【最新業界動向あり】
IT導入補助金2020、コロナで追加「特別枠(C類型)」とは? 最終締切12月18日
ピンチはチャンス! 獺祭が挑戦を続ける理由「昨日と同じ今日を繰り返さない」- BOXIL EXPO基調講演
最強のセールスチームを支えるDX リクルートキャリア流デジタル改革の真意 - BOXIL EXPO特別講演
DXの今とSaaSが創る未来 ラクスル松本×マネーフォワード辻 - BOXIL EXPO基調講演
「非常時こそ変革のチャンス」企業再生のプロ冨山氏が語る、AfterコロナのCX経営 - BOXIL EXPO特別講演
スタートアップCFOが考えるニューノーマルの成長戦略 挑戦への基盤づくりを - BOXIL EXPO特別対談
人生はオプションフリー「個の力」でニューノーマルを生き抜くために - BOXIL EXPO特別対談