コピー完了

記事TOP

SaaS業界レポート2020発刊 - コロナ影響は?国内外の動向を詳しく解説【カオスマップ】

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
【3,500ダウンロード突破!】約100ページにわたりSaaSの業界動向を徹底解説。今回で4年目となるレポートで、今年初のコンテンツとして、BOXIL SaaSでの資料請求動向やSaaSビジネスのグロース戦略を紐解くスペシャルインタビューを収録しています。カオスマップを含め無料でダウンロードいただけます。

弊メディア「BOXIL MAGAZINE」を運営するスマートキャンプ は11月10日、SaaS業界の市場規模や最新トレンドをまとめた『SaaS業界レポート2020』を発刊しました。新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みて、無料で公開します。

※BOXIL SaaSへの会員登録が必要です(無料)
※2020年11月20日:カオスマップを更新した改訂版をリリースしました

SaaS業界レポートとは

SaaS業界レポートは、SaaS活用を促進するため、定義や特徴、市場規模をはじめとする統計データ、トレンド、SaaSカオスマップなど、国内外のSaaS業界の概況についてまとめたレポートです。2017年に第1刊、2018年に第2刊、2019年に第3刊を公開。大変多くの反響をいただき、2020年も4刊目を制作しました。

昨年は有料としましたが、新型コロナウイルス感染症の情勢を踏まえ、より多くの方に情報を届けられるよう、2020年版は無料で公開します。

SaaS業界レポート2020概要

SaaS(Software as a Service)とは、パッケージソフトとして提供されていたアプリケーションがインターネット経由でクラウドサービスとして提供される形態のことです。国内SaaS市場は年平均成長率約13%の勢いで急成長しており、2024年には約1兆1,200億円へと拡大する見通しです。(*1)

国内SaaS市場規模/「SaaS業界レポート2020」より 国内SaaS市場規模/スマートキャンプ「SaaS業界レポート2020」より

コロナ影響含む最新市場動向

特に2020年は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けてテレワーク導入が進むなど、企業における働き方が大きく変化し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環としてSaaSが注目されるようになりました。
 
『BOXIL SaaS』の資料請求動向を分析すると、急速なテレワークの普及を受けてWeb会議システム、電子契約サービス、電話関連システム、プロジェクト管理ツール、ナレッジ管理ツールなど、オンラインでのコミュニケーションを支援するサービスへの関心が高まったことがわかります。

また、SaaS市場の拡大に合わせて国内SaaSスタートアップによる資金調達金額も増加しており、2017年の約400億円、2018年の約570億円から2019年には約750億円に達しています。(※2)

2019年以降、マーケティングオートメーションSaaSを提供する株式会社フロムスクラッチが100億円、労務管理SaaSを提供する株式会社SmartHRが61.5億円、建設プロジェクト管理SaaSを提供する株式会社アンドパッドが60億円、オンライン商談SaaSを提供するベルフェイス株式会社が52億円の資金調達を行うとなど、大型の資金調達が続いており(※3)、SaaSスタートアップ1社あたりの平均資金調達金額も2018年の3.0億円から2019年には4.8億円へと上昇しました(※2)。

ほか、SaaSビジネス拡大のポイント、ファイナンス動向(資金調達、IPO、M&A)詳細や、SaaS業界における7つのトレンドをまとめています。

SaaS業界の7つのトレンド

1.オンライン営業
新型コロナウイルス感染症を背景として本格的なテレワーク時代へと突入し、これまで対面で商談を行っていた営業先もテレワークへと移行しました。このように新しい時代の営業・マーケティングを支えるツールとして、オンラインイベント、インサイドセールス管理、クラウドCTI、オンライン商談、カスタマーサクセスなどのSaaSの需要が増加しています。

2.オンライン組織
テレワークが一般化し、社員同士が離れた場所で仕事をすることを前提としたオンラインでの組織づくり、採用、タレントマネジメントが当たり前となり、オンラインでの組織コラボレーション活性化を支援するナレッジマネジメント、オンラインでの採用・人材活躍を支援するWeb面接、リファレンスチェック、人事評価、オンボーディング支援、エンゲージメント向上などのSaaSの需要が増加しています。

3.ノーコード・ローコード
SaaSをはじめとしたITシステム活用において複雑な開発の必要性がハードルになっていましたが、プログラミング不要で現場でも簡単にITシステムを活用できるノーコード・ローコードが世界的な潮流となっています。Webサイトやモバイルアプリの制作、業務の自動化、システム連携などを実現するSaaSに注目が集まっています。

4.APIエコノミー
SaaSの利用が進んだことでAPI(Application Program Interface:アプリケーションプログラムの機能を呼び出し、その実行結果を戻り値として受け取る仕組み)連携の重要性が高まっており、APIによる連携を前提として活用されるサービス、また連携を進めるサービスが増加しています。

5.セキュリティ
SaaSをはじめとしたITサービスが増加しており、ID・パスワードの漏えいやサイバー攻撃などのセキュリティリスクも増大しています。このようなリスクに対してSSO(Single Sign On)やID管理、WAF(Web Application Firewall)、脆弱性診断などのSaaSが登場しており、今後さらに増加していくと予想されます。

6.トランザクション
BtoC領域(小売、サービス、飲食など)を中心に、販売や予約などのトランザクション機能を提供するSaaSにも注目が集まっています。海外のトレンドを踏まえると、今後BtoB領域でも増加していくことが予想されます。

7.IoT
テクノロジーの進化、デバイスや通信環境の整備を背景として、農業や建設、介護などの現場業務やオフィスのIoT化が進んでおり、SaaSによってハードウェアの操作やデータの収集・活用、業務の自動化が行われています。

SaaS業界レポート2020表紙

SaaS業界レポート2020コンテンツ一覧

01 SaaSとは
02 SaaSの市場規模
03 SaaSの種類・カオスマップ
04 BOXIL SaaS資料請求動向
05 SaaS業界の資金調達・IPO・M&A動向
06 SaaSビジネスの立ち上げとグロース
(特集)SaaS Startupスペシャルインタビュー Vol.1 マネーフォワード クラウドの歴史から学ぶ SaaSスタートアップのグロース戦略
07 SaaS業界の7つのトレンド

問い合わせ:media@smartcamp.co.jp(SaaS業界レポート制作担当)

SaaS業界レポート2020著者

阿部慎平 スマートキャンプ株式会社 取締役COO
新卒でデロイトトーマツコンサルティングに入社後、大手企業の戦略案件に多数従事。2017年3月にスマートキャンプに入社。事業戦略・組織戦略の策定、SaaS業界・インサイドセールス業界レポートの執筆、SaaSカンファレンスの主催、インサイドセールス代行・コンサルティング『BALES』、インサイドセールスマネジメントシステム『BALES CLOUD』、オンライン展示会『BOXIL EXPO』の立ち上げなどを推進。

岸本美里 
BOXIL MAGAZINE編集/ライター。IT系ニュースメディアのライターを4年務めた後、Web雑誌編集を経て、スマートキャンプへ。速報から取材ものまでSaaS情報を発信する記事を執筆しつつ、ディレクションを担当している。「BOXILマンスリーレポート」連載中。

森重湧太
著書に『一生使える見やすい資料のデザイン入門』(インプレス)。SlideShare『見やすいプレゼン資料の作り方』(累計500万PV)をきっかけにスマートキャンプ創業メンバーとしてジョイン。 資料、グラフィック、Webなどデザイン業務を中心に務める。2018年よりSaaS業界レポートのデザイン、グラフィックを担当。

※1 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2020年版」
※2 INITIAL “Japan Startup Finance 2019”「SaaSスタートアップの動向」
※3 INITIAL 企業情報

SaaS業界レポート概要バックナンバー

過去のSaaS業界レポート概要は次の記事からもご覧いただけます。

SaaS業界レポート by ボクシル
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
資料請求数ランキング
※この記事で紹介したサービスの資料請求数順
編集部のおすすめ記事
SaaS業界レポート by ボクシルの最近更新された記事
SaaS業界レポート2020 by BOXIL SaaS
CLOSE
SaaS業界レポート2020 by BOXIL SaaS: スマートキャンプ株式会社