コピー完了

記事TOP

ERPの導入に失敗する原因と対策 | 事例あり

最終更新日時:
ERPを導入する際に起こりやすい失敗の原因と対策を解説します。これからERPを導入する企業は、失敗事例を参考にして同じようなミスが起きないように注意しましょう。ERPを導入する際に参考にしたい失敗事例も紹介します。

ERPとは、Enterprise Resources Planningの略であり「統合基幹業務システム」や「基幹系情報システム」「基幹システム」と呼ばれています。ERPの目的は、企業に点在している経営資源、ヒト・モノ・カネ・情報の一元管理です。ERPの概要と導入するメリット・デメリットに関しては次の記事で詳しく解説しています。あわせて参考にしてください。

ERPの導入に失敗する原因

ERPの導入に失敗する原因には、導入目的が明確でないことや影響範囲を特定できていないこと、計画が不十分でないことなどがあげられます。

ERPの導入目的が明確でない

ERPの導入目的を明確に定められていない場合、活用できずに終わる可能性が高まります。導入目的がはっきりしていないと、ERPを導入した後の動きが不明瞭となり成果を出せずに収束しかねません。なんのために導入するのかを明らかにできれば、その目的のために何が必要か何をすべきかが見えてきます。

良い例 悪い例
在庫管理を予実管理や経費精算と連携したい 競合他社がERPを導入したから自社にも取り入れたい

ERPが影響する範囲を特定できていない

ERPが影響を及ぼす範囲を特定しないまま導入してしまい、業務改善が進まないケースは少なくありません。導入によって現場が混乱すれば、かえって業務効率が下がるケースすらあります。ERPを利用する各部署や部門に導入する旨を周知し、要望や懸念点をヒアリングしておきましょう。

良い例 悪い例
経理や総務、営業、経営者など関係者全員に確認をとる 在庫を管理している現場の声のみで導入に踏み切る

運用方法が決まっていない

具体的な運用方法が決まらないままERPを導入しても、現場でうまく活用できません。ERPという名称が独り歩きして導入が目的化しないように注意しましょう。導入前に自社の課題を洗い出し、どのような運用が必要なのか、導入後に必要な経費や人材はどのようなものがあるのか検討しておきます。

良い例 悪い例
導入の目的を達成するためのリソースを検討、スケジュールを関係者に共有 とりあえず導入して現場に使わせる

普及まで考えていない

ERPをどのように普及させるか、詳細を詰めていなくて運用がうまくいかないケースもあります。現場担当者も忙しいため、利用してもらえるよう意図的に設計しなくては使ってくれません。導入した後に誰が利用を促進するのか、誰がメンテナンスするのかなど、導入前に関係のある部署を巻きこみ、計画的に普及させましょう

良い例 悪い例
何ができるのかどのように利用を習慣づけるのかを計画 便利なシステムなので現場担当者が自ら使ってくれるだろうと一任

ERPの導入に失敗しない対策

ERPの導入に失敗しないためには、導入する目的を厳密に定め、導入に向けて関係者と進め方を計画するのが重要です。ERP以外のシステムを導入するときとおおよそ対策は変わらないものの、ERPは影響する事業や関係者がひときわ大きいので細心の注意を払いましょう。

具体的な対策方法は次のとおりです。

  • ERP導入でやりたいことを整理
  • 関係者と事前にすり合わせ
  • 導入から運用までの方法を検討
  • 業務を刷新する覚悟を持つ

それぞれの対策方法について説明します。

ERP導入でやりたいことを整理

ERPの導入目的を、人に説明できるくらいにまで整理しましょう。事前に業務プロセスの見直しを行い、「なにが問題なのか」「なにをERPによって解消できるのか」をまとめます。

目的を取りまとめる際には、明文化でき端的に伝えられるかを確かめるべきです。目的を定めたつもりであっても抽象的であれば参照されない、形骸化した方針となります。途中で変更してもかまいませんが、導入によって誰が何をどれくらい解決したいのか、解決したらどのような成果を得られるのかまとめましょう。

関係者と事前にすり合わせ

導入によって影響を被る部署や担当者と事前に話し合いを行い、方針を調整します。部門間でのすり合わせが不十分だと、導入後に運用方法を巡って対立が発生しかねません。

導入前には、何を解消したいのか、何が問題となりうるのかなどを確認します。導入後には、どのような使用感なのか、何を調整すればより利用してもらえるのかといった改善点を把握しましょう。

導入から運用までの方法を検討

導入から運用までのプロセスを具体的に検討しましょう。導入にあたっては、部門を超えた導入担当者を割り当てるのがおすすめです。各部署の担当者とコミュニケーションをとりながら調整をし、現場へ徐々に浸透させていきます。

導入後は、PDCAを回しながら調整を繰り返し、自社に合った運用形態に合わせていくようにしましょう。一朝一夕でベストな運用ができるケースはほとんどありません。粘り強く調整を重ねることが重要です。

業務を刷新する覚悟を持つ

ERPの導入にあたって、業務プロセスの刷新が必要な場合もあります。ERPには、多岐にわたる業務を改善できるがゆえに既存のやり方から大きく変わる部分は出てくるでしょう。業務の進め方が変わったとしても効率化させられるほどの資源や計画が必要な点を留意しておくべきです。

そのためには、導入に消極的な社員へも業務を大幅に変更しうる点を伝えなければいけません。何となく便利そうといった理由ではなく、ERPを活用してどのように企業の生産性を向上させるか伝えられるよう整理しておきます。

ERPの失敗事例

ERPを活用すると企業にとって有益なのは間違いありませんが、導入に失敗している企業はいくつもあります。それでは具体的な失敗事例をいくつか紹介します。ERPの導入に成功している事例はこちらからチェックできます。

要件に合わないシステムだった

失敗事例のひとつに、要件に合わないシステムを導入してしまったケースがあります。運用したい管理機能とシステムによって提供されている管理機能にミスマッチが存在すると、導入や普及は難しいです。

システム導入時は、どのような機能を使いたいのかを整理し要件に合ったシステムを選定しましょう。過不足の大きいシステムでは、導入にかかるコストや運用に載せる工数も増大します。

▼実際にボクシルに寄せられた口コミ

ボクシルでの評判
2/5
転職してからERPシステムとしてガリレオを使用していますが、オリジナル性が高く企業ごとの求めている仕様に対応できるのはいいと思います。が、当社がガリレオを有効活用できておらず、経費精算、仕分け業務の一部分のみでの活用のため、データの移行処理などで無駄な工数が結果かかっています。
投稿者プロフィール
役割 : ユーザー
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : メーカー/製造系

操作しづらいUIだった

ERPの操作感が悪く利用されない事例も見られました。多方面のリソースを管理できる反面、使い勝手が良くなければそれだけ悪影響を及ぼす範囲も広いです。

システムを選定する際には、現場の担当者から要望をヒアリングする、デモを操作してもらうといった対策が有効でしょう。営業の担当者が触るなら外出中でも編集しやすいようスマートフォンに対応させたり、ITリテラシーの高くない方が使うならドラッグアンドドロップで操作できたりするなどを検討します。

▼実際にボクシルに寄せられた口コミ

ボクシルでの評判
2/5
ERPパッケージとして、管理向けに作られているせいか、UIが洗練されておらず非常に入力しづらい。 ブラウザもスマホのUIに対応していなかったり、アプリをダウンロードするも営業担当から「そのアプリは使えない」と言われるなど、入力する側のことを考えておらず、その対応者を専任でおくなど、社内業務が非常に非効率になった。
投稿者プロフィール
役割 : ユーザー
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : IT/通信/インターネット系

動作が重かった

ERPでは、操作に対するラグが大きくシステムを普及させられない場合があります。便利な機能があったとしても利用に時間がかかる、あるいは利用できないのであれば、システムは使われません。

対策としては、ERP選定時に導入事例や口コミの確認があげられます。自社に近しい業界や企業規模による事例がないかチェックしましょう。導入時の無料体験を加味するのもよいですが、登録するデータ量が少ないと挙動の検証に適さないので注意が必要です。

▼実際にボクシルに寄せられた口コミ

ボクシルでの評判
2/5
主に経費申請の際に使用しています。機能がシンプルでわかりやすいですが、UI, UXがアナログで動作が非常に重いこと、仕様上手入力の箇所が多くヒューマンエラーが起こりやすいサービスであることから上記評価です(もちろん、自社の運用担当のカスタマイズなどの課題かもしれませんが…)
投稿者プロフィール
役割 : ユーザー
利用アカウント数 : 1000件以上
業界 : コンサルティング・専門サービス

ERPは手順を踏まえて導入

ERPを導入する際には、目的を事前に明確にし全社的に共有しておくのが重要です。関係各所と話し合いをして利害を調整しつつ手順を踏まえて導入しましょう。

導入にあたっては、次のような手順を踏むのがよいと考えられます。詳細は自社のあり方と照らしあわせて調整してください。

  1. 要件定義
  2. 現場をはじめ関係者と調整
  3. 要件にあうERPを選定
  4. 運用方法も含め計画
  5. ERPを試験的に導入
  6. ERPを本導入
  7. 運用状況を見直し

どのようなERPがあるのか確認したい方や改善したい業務を整理できている方は、次のボタンよりサービス資料をダウンロードしてさっそく選定に移りましょう。

ERPをより多く比較したい方は、次の記事をチェックするのもおすすめです。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

ERP(基幹システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ERP(基幹システム)の最近更新された記事