コピー完了

記事TOP

中小企業にピッタリな人事評価制度の作り方は?導入方法と評価項目、手法も

公開日時: 2021-03-25 11:39
記事公開時点での情報です。
中小企業に人事評価制度は必要?人事評価制度をを整備することによって解決できる課題やメリットを解説し、実際に人事評価制度を運用する際の作り方や運用方法についても紹介します。また、人事評価制度に役立つおすすめのシステムも紹介します。

中小企業でも人事評価制度の整備は必要?

中小企業診断士協会による「中小企業における人事評価制度の現状」によれば、企業規模の小さい中小企業ほど人事評価制度の整備が進んでいません。つまり、社員の多くが自社の人事評価に対して公平感や納得感を得づらい現状が浮き彫りになっています。

原因は、そもそも人事評価制度の重要性を理解していない、制度自体は導入しているものの形骸化してしまっているなどのケースが考えられます。公正な人事評価制度が定着していなければ、生産性が低下するだけでなく、離職率も高まってしまいます。

これまで評価制度を導入していなかった企業はもちろん、社員の定着率が悪い企業は早急に人事評価制度の整備が必要でしょう。

中小企業が人事評価制度を整備することで解決できる課題

中小企業をはじめ、規模の小さい企業でも人事評価制度の整備によって社員の仕事へのモチベーションを高められ、生産性も向上させられます。働き方改革の実現にも寄与するでしょう。

ボクシルに寄せられた口コミの中にも、人事評価システムを活用した制度の整備により、これまでExcelで進めていた評価プロセスが効率化し、より公平な評価が可能になったと感じる企業が多いようです。さらに人事評価のコストパフォーマンスも改善した企業も少なくありません。

より具体的には、人事評価制度の整備によって次のような課題を解決できます。

人員に関する課題

慢性的な人手不足と離職率の高さに悩んでいる中小企業にとっては、人事評価制度を整備すれば優秀な人材に長く勤めてもらえるようになるでしょう。離職率が低下すれば、常に新しい人材を雇い入れる必要がなくなるため、採用の手間やコストが低減します。

さらに、適切な人事評価がされていなかったり、それによって社員から不満が出ていたりする場合は、公正な評価制度にすることで社員の仕事への満足感が高まり、企業へのエンゲージメントも増大するでしょう。

人事評価の不満を解消する方法についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

業務に関する課題

管理者が部下を公正に評価できるようになれば、各々の社員の強みや能力が明確になるため、結果として生産性の向上につながったり適切な場所に人材を配置できたりするようになります。

加えて、評価制度の整備によって人事考課を素早く行えるメリットもあるでしょう。これまで評価にかかっていた時間をより自社にとって重要な仕事に充てられるようになるため、企業全体の生産性の向上も期待できます。

コミュニケーションに関する課題

人事評価制度の整備によって、社員は管理者から適切な評価やフィードバックを得られるため、上司と部下の信頼関係が築かれるようになります。それゆえおのずとコミュニケーションが活性化していきます。さらに、社内に社員の情報が蓄積されていくので、チームや各々の社員の抱える課題を早期に発見し解決できるようになるメリットもあります。

近年、導入企業が増えているテレワークでは社員同士のコミュニケーションが特に不足しがちで、働きが正当に評価されているか不安を感じている人は少なくありません。そこで人事評価を見直すことで上司と部下とのコミュニケーションを活性化すれば、社員の企業への帰属意識も高まるでしょう。

ボクシルでの評判
4/5
主に人事評価の内容入力のために使っていますが、自動保存で書いた内容もすぐに保存されるので、評価シートでの書き漏らしが減ると思います。コロナ禍において、採用で人が増えるとどうしても顔がわからない、といった事態も起こってしまうので、顔が一覧で確認できるのと、その人の職務内容や所属なども確認できる点が評価できると思います。
投稿者プロフィール
役割 : ユーザー
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : IT/通信/インターネット系

人事評価制度を導入する方法

中小企業が人事評価制度を導入あるいは整備する場合、コンサルティングを依頼する方法と自社で評価制度を作る方法の2つがあります。

人事評価制度のコンサルティングを依頼する

近年、政府の働き方改革の推進や公正に社員を評価する仕組みづくりに関するニーズの高まりによって、人事のプロフェッショナルによるコンサルティングサービスを提供する業者が増えています。自社に人事領域の専門家がいない場合、こういったコンサルティングを利用することによって、効率的に人事評価制度の導入が可能です。

コンサルティングにかかる費用は業者によって変わりますが、できるだけ実績やノウハウの多いコンサルタントを選択することが重要です。また、一口に人事コンサルティングといっても分野は多岐にわたるため、事前に人事評価制度の改善したい部分を明確化し、その領域に強みをもつ業者に依頼しましょう。

自社で人事評価制度を作る

自社でも人事評価制度は整備できます。自社のビジネス環境に応じて柔軟に制度を変更したい場合や、ある種の叩き台として制度を設計し、運用しながら改善を重ねたい場合は自社で評価制度を作成するとよいでしょう。

中小企業で人事評価制度を作成するにあたっては、まず社員の評価基準と評価手法を明確にし、十分な猶予をもって導入スケジュールを決めておく必要があります。必要に応じて社員側と相談しながら、自社に合ったものにブラッシュアップすることが重要です。

中小企業が気をつけるべき人事評価制度の運用方法

では、中小企業の人事評価制度を作成・運用する方法を具体的にみていきましょう。大きく分けて紙・Excelによる従来型の手法と、人事評価システムによる運用があります。

紙やエクセルなどの評価シート

紙やエクセル、スプレッドシートなどの人事評価シートを作成する方法は多くの企業で運用されています。導入コストがかからず特別な知識は不要な点はメリットですが、データの共有や確認にどうしても時間がとられてしまい、情報の蓄積・共有がしづらいのがデメリットです。

特に大量の人事データを扱わなければならない大企業の場合、紙やExcelでのデータ管理は非効率といわざるを得ません。過去のデータの確認がしづらかったり、人事評価の進捗が把握できなかったりする弊害も出てきます。評価の集計にも手間がかかるでしょう。

人事評価システムの導入

もう一つの方法として、人事評価システムを導入して人事考課を行うやり方もあります。多くの企業が上記の紙やエクセルでの管理から人事評価システムを活用した評価にシフトしており、シェアも高まっています。導入コストはかかるものの、人事評価の作業量を軽減でき、業務の効率化を図れます。

特に人事担当者は必要な情報を効率的に収集および閲覧でき、評価の進捗状況も把握しやすいので、全体の生産性が大きく向上します。さらに、情報を一元管理できることで各々の社員の強みを見出しやすく、適材適所の人材配置を可能にするメリットもあるでしょう。正当な評価をしてもらえるため、社員の仕事へのモチベーションアップにも寄与します。

中には中小企業向けの人事評価システムもあるため、あわせてチェックするといいでしょう。

中小企業における人事評価制度の作り方

それでは、中小企業における具体的な人事評価制度の作り方をみていきましょう。次の順番で評価制度を構築するのが一般的です。

1. 制度導入の目標設定を行う

闇雲に評価制度を導入するのではなく、まずは自社の賃金形態や企業理念などに基づき、導入後に評価制度がどのような状態で運用されるべきか、理想や目標を設定をすることが重要です。目標とすべき状態を想定し、そこに向かって具体的な運用を考えなければ一貫性のある制度設計はできません。

人事評価制度導入後の目標設定の例を挙げるとすると、次のとおりです。

  • 人事評価を通じていかに自社のビジョンを社員に浸透させるか
  • 最適な人材配置にするために必要な事柄
  • 社員の満足度が上昇るような施策を制度に盛り込むこと

それぞれの項目について、達成すべき具体的な目標を設定しましょう。

2. 評価基準を決める

人事評価制度の運用目的や設定した目標に合わせて、能力評価・成果評価・情意評価を組みあわせて自社の評価基準を決めます。

  • 能力評価:社員の職務遂行能力を評価するもの。日々の業務や問題が発生した場合の対応能力の評価
  • 成果評価:任意の期間における社員の目標達成の度合いや、その過程の評価
  • 情意評価:仕事への向き合い方や姿勢の評価

たとえば営業担当者の場合、成果評価は個人の売り上げ目標をどの程度達成できたかが評価項目となるでしょう。そして、情意評価は日々の業務態度や遅刻・欠勤の状況を評価しますが、上記2つの項目に比べて評価者の主観が入りやすいため、さまざまな角度から可能な限り客観的に評価しなければいけません。

これらのうち、どの評価項目を重視するかは企業によって違います。自社の企業理念や経営目標に沿った組み合わせを考えましょう。

3. 評価手法を決める

評価基準を決めたら、実際に社員の評価をする方法を選択します。多くの企業では管理者が部下の評価を行っていますが、最近では管理者に加えて同僚や部下などからの評価も査定に含める360度評価やMBOといった手法を取り入れる企業も増えているようです。代表的な評価手法は次のとおりです。

MBO(目標管理制度)

MBO(目標管理制度)はかつてピーター・F・ドラッカーが提唱した制度で、社員が自ら目標へ向かって行動できるように促す効果があるといわれています。社員が自ら達成すべき目標を設定し、その達成度合いを人事評価に加えることにより、各社員の能力開発やモチベーションの向上が期待できます。

ただし、職種や部門によっては明確な目標設定が難しい場合があるので、できる限り公平・公正な評価ができるように工夫しなければいけません。他の制度と組み合わせて運用し、評価の公平性を担保するのもよいでしょう。

MBOとは何か次の記事で解説しています。

360度評価

360度評価は管理者のみならず、評価対象となる社員の同僚や部下など、さまざまな関係者の意見を人事評価に加える手法です。

360度評価は社員を多角的に評価する方法であり、管理者側は評価にかかる時間を削減できるのに加え、社員側も多面的なフィードバックを得られるので、新たな気づきを得られるメリットがあります。

さまざまな人の評価や意見が加味されるため、個人の主観によらない客観的な評価が得られるのが特徴です。最近では多くの企業が360度評価を採用しており、一定の成果を挙げています。中小企業では、評価する人員が少なかったり制度が整っていなかったりすることで人事への負担も偏りがちなため、360度評価を併用することで公平な成果が得られるでしょう。

360度評価について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

コンピテンシー評価

コンピテンシー評価とは、社内で高いパフォーマンスを発揮している人の行動特性を分析し、それを基準として社員一人ひとりの評価を行う手法です。優秀な成績をあげている社員や、一定の成果を継続してあげている社員をベンチマークとして、実際の行動ベースで評価します。

実際の社員を評価基準とするケースが多いですが、自社の理想の人物像を設定することもあります。

実際に成果を出している社員の行動を評価基準とする場合、他の社員も評価されるポイントをつかみやすいので行動方針を決めやすく、企業側も効率的な人材育成が可能になるのがメリットです。

コンピテンシー評価とは何か、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

4. 実際に評価を行いアップデートを続ける

評価手法を定めたら、実際に評価を行いましょう。導入したばかりの制度は不具合が起こる場合が多く、運用上の課題が明らかになることもあるはずです。常にブラッシュアップを行って評価制度をアップデートし続けなければいけません。

また、評価者の育成や社員へのフィードバックも必要となります。評価基準や評価内容についても社員に開示し、意見を求めるようにしましょう。


人事評価制度の作り方はこちらの記事でも詳しく解説しています。

人事評価制度を定着させるために役立つシステム

担当者も少なく運用が大変な中小企業での人事評価。その評価制度の定着や運営に役立つ代表的な人事評価システムを紹介します。

カオナビ - 株式会社カオナビ

カオナビ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

カオナビは企業の人事評価ワークフローを効率化してくれるタレントマネジメントシステムです。人材情報の見える化・一元化をすることによって人事業務にかかる手間を削減し、社員が自らの強みを活かせる人材配置を実現するとともに、採用のミスマッチを防げます。さらに、社員のモチベーション分析や離職分析などもできるため、採用コストの削減に役立つでしょう。

カオナビの導入事例
株式会社ゼンリン/株式会社サイバーエージェント/株式会社吉野家ホールディングス/日清食品ホールディングス株式会社/株式会社トゥモローランド/株式会社チュチュアンナ/バンドー化学株式会社

HRBrain - 株式会社HRBrain

HRBrain
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

HRBrainは人事データの活用からタレントマネジメントまで幅広く活用できるシステムです。人事評価管理から人事制度の構築、タレントマネジメントなど、さまざまな企業の課題に対応できるクラウドサービスで、スタートアップ企業から大企業まで業界・業種を問わず導入されています。あらゆるデータを自由に掛け合わせて分析できるので、論理的でデータドリブンな人事の実現に寄与します。

HRBrainの導入事例
株式会社サイバーエージェント/株式会社アドウェイズ/三谷産業株式会社/学校法人上智学院/株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド/RIZAPグループ株式会社/株式会社クリーク・アンド・リバー社

HRMOS - 株式会社ビズリーチ

HRMOS
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

HRMOSは社員の入社から活躍まで、さまざまな人事データを連携させて評価を行える人材活用プラットフォームです。データに基づいた客観的な人事判断が可能になるため、組織の継続的な成長に役立ちます。従業員管理・人事評価に活用できる「人材管理クラウド」と人材採用のための「採用管理クラウド」の2つが利用でき、どちらも使いやすいUIなので、どんな業種でもスムーズに導入・運用できるのが特徴です。

HRMOSの導入事例
SCSKサービスウェア株式会社/エイベックス株式会社/マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社/ウイングアーク1st株式会社/株式会社オープンロジ/株式会社メグラス

スキルナビ - 株式会社ワン・オー・ワン

スキルナビ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

スキルナビはデータの入力負担が少なく、長期的に使いやすいタレントマネジメントシステムです。マネジメント層と社員側のそれぞれの立場に向けたマネジメント機能が揃っているので、全社的に人材の適正化・効率化を実現できます。360度評価やBSCベースの評価などにも対応可能。数あるタレントマネジメントシステムの中でも導入費用が安く、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

スキルナビの導入事例
株式会社クロスキャット/ソフトバンク株式会社/三井住友トラスト・システム&サービス株式会社/日産トレーデイング株式会社

あしたのクラウドHR - 株式会社あしたのチーム

あしたのクラウドHR
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

あしたのクラウドHRは、社員のデータベースから目標設定・人事評価・給与管理まで一元的に行えるクラウドシステムです。すでに3,500社以上の導入実績があり、人事ワークフローの改善を中心に、人事評価と給与の適切な調整やビッグデータを活用した人事課題の解決に活用できます。現状の評価制度を効率化して再現するのはもちろん、新しい人事評価制度の導入にも役立ちます。

あしたのクラウドの導入事例
レタープレス株式会社/株式会社串カツ田中ホールディングス/株式会社 PLAN-B/医療法人社団 平成医会/株式会社幸楽苑ホールディングス

ゼッタイ!評価 - 株式会社あしたのチーム

ゼッタイ!評価
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

ゼッタイ!評価は12か月間で評価制度を自社運用できるように支援するクラウド型の人事評価制度運用サポートサービスです。社員数に基づいたリーズナブルな価格設定で利用でき、飲食や人材・製造、卸売・小売、住宅業界まで幅広く導入されています。新しい人事評価制度を導入したい企業におすすめです。

ゼッタイ!評価の導入事例
株式会社ブレイントラスト/株式会社千葉ジェッツふなばし/医療法人社団 平成医会

CYDAS PEOPLE - 株式会社サイダス

CYDAS PEOPLE
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

CYDAS PEOPLEは社員のパーソナルプロファイルの管理や人材情報収集機能など、人材管理に必要なアプリケーションを選択して利用できるクラウドサービスです。GoogleドライブやSlackなど、さまざまなアプリケーションとのAPI連携も可能で、自社の既存の人材管理システムに組み込むことで人事領域の業務を効率化できます。導入から活用まで丁寧なサポートも受けられます。

CYDAS PEOPLEの導入事例
株式会社浅野製版所/株式会社大分銀行


本記事で紹介した人事評価システムも含め、こちらの記事ではおすすめの人事評価システムを比較しています。

人事評価制度の整備で適切な評価を実施しよう

人事評価制度は企業の規模に関わらず必ず導入すべきもので、社員の公正な評価には欠かせません。

自社で人事評価制度を作る場合には、まず制度がどのように運用されるべきか、理念や目標をもとに設定する必要があります。その後に評価基準を決め、自社に合った評価方法を選択しましょう。評価制度の定着には人事評価システムの導入がおすすめです。うまくシステムを活用することで、人事部門の手間を削減し、効率的かつ正確な人事評価が可能になります。

注目の人事評価システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめ人事評価システムをまとめてチェック!
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

人事評価システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。人材育成、人材配置、スキルの可視化などさまざまな目的で導入されるタレントマネジメントシステムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

人事評価システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
人事評価システムの最近更新された記事