コピー完了

記事TOP

ビジネス拡大につながる持続的な顧客接点を構築 「絶対リーチ!」から見るSMSマーケティングの可能性

公開日時: 2021-05-31 18:03
記事公開時点での情報です。
届かないDM、閲覧されないメールやSNS。顧客とのつながりに課題を抱えている企業は多い。顧客に効率的かつ適切に情報を届けたいのならSMS(ショートメッセージサービス)が有効だ。継続的な顧客接点を構築してビジネス拡大を後押しする「絶対リーチ!」を紹介する。[PR]

デジタルマーケティングの浸透は、マーケティングや営業手法の多様化をもたらした。昨今、顧客接点を構築することの難しさを感じているマーケターや営業担当者は多いだろう。

中長期的な売上アップや事業拡大を実現するためには、顧客獲得コストを最適化するだけでなく、顧客に対する継続的なコミュニケーションも不可欠となる。

最近では、動画や音声などのリッチコンテンツを用いたWeb広告や、SNSを活用したユーザーコミュニケーションが新しいマーケティング手法として注目されているが、業種や業態によっては予算に見合った成果が見込めないケースも少なからずある。

こうした中、顧客へのリーチ力とコストの面から再注目されているのが、SMS(ショートメッセージサービス)を活用したマーケティング戦略だ。

マーケティングでSMSが再注目されている理由

スマートフォンの普及、SNSやECなどを主戦場とする広告プラットフォーマーの台頭、Web広告の配信効率化など、昨今のデジタルマーケティングの変化は目まぐるしい。この進化は、同時に顧客接点の選択肢増加にもつながった。

施策の選択が事業全体に与える影響は大きい。昨今のデジタルマーケティングは、情報発信だけでなく顧客データ取得の役割も担っており、メッセージ反応率やWebサイト閲覧履歴などのあらゆるデータが、営業活動や事業戦略の根拠となる。顧客の同意をもとに、適切かつ正確なメッセージを伝えられる手段を持つことが、事業拡大のポイントといっても過言ではない。

多様なマーケティング施策の中から適切なものを選ぶための基準はさまざまあるが、次の2つは非常に重要だ。
- 1.導入負担が少なく、短期的・長期的な売上アップが期待できる施策
- 2.継続的な顧客接点を作れる施策

SMSマーケティングは、この2つのポイントと照らし合わせたとき、すぐれたマーケティング手法といえる。

SMSマーケティングの特徴と導入メリット

SMSとは、ショートメッセージサービスの略称だ。携帯端末間でメッセージをやり取りする手法で、古くから使われている国際規格のメッセージサービスでもある。SMSによるコミュニケーションといえば個人間のイメージが強いかもしれないが、企業と顧客を結ぶマーケティング手法としての側面も持つ。

SMSマーケティングを導入するメリットのひとつは、到達率の高さにある。

SMSは携帯電話番号に対して送られるため、未達になる可能性が低い。受信拒否の場合を除き、基本的にメッセージはユーザーに届けられる。SMSの開封率は90%程度とされており、メールマガジンの開封率が10-20%程度であることを考えると、SMSの強力なリーチ力がわかる。

また、SMSはユーザー側の手間をかけないのもメリットだ。アプリのインストールやメールアドレスの入力作業などが不要であるため、顧客にとってノンストレスな情報伝達手段といえるだろう。

情報が携帯電話番号に届くため、SMSの本文にURLを挿入することで、文面の内容確認し、情報を理解したユーザーをURL先に誘導できるのもメリットだ。URL先として、LPだけでなく、マイページ、アンケート、アプリ、チャットなどさまざま設定できるサービスもある。

営業活動において、DM(ダイレクトメール)配送を軸に顧客接点を築いてきた企業などは、特にSMSマーケティングの導入を検討するのがよいだろう。SMSは在宅勤務の定着によりリーチ力が弱まってきているDMの代替手段として有力だ。配送料、印刷費、人件費などのコスト削減を実現できるうえ、DMと比較して高頻度な顧客フォローを可能にする。

マーケティング活動においては、キャンペーンの案内やクーポンの告知なども効果的だ。キャンペーンの効果は認知率に大きく左右されるが、SMSは開封率が高いチャネルであるため、告知に活用するのは適している。

最後に、Webリテラシーがそれほど高くない顧客を有する企業にもSMSマーケティングは有効な手法といえる。SMSは、受信するデバイスを問わず、同様のテキストメッセージを送れる。いわゆるガラケーを使用している層にも難なくメッセージを送信できるのだ。

SMSマーケティング成功実例 - Webサイト訪問率がメルマガの7倍以上に

業界大手企業を中心に3,000社以上の導入実績を持つSMSサービス「絶対リーチ!」は、特に営業・マーケティング領域の企業課題を解決し、ビジネスを拡大するためのツールとして多くの企業に導入されている。

その一例として、幼児を対象とした英語教育教材において圧倒的なシェアを持つ教材販売会社の導入事例を紹介する。

国内に12万世帯を超える会員を擁する同社で課題となっていたのは、会員の中にサービス利用をしていないユーザーが一定数いることだった。英語教育は継続的に利用することで成果が生まれるため、非アクティブ状態の会員にアクションを促すメッセージを届ける施策が求められていた。

そこで同社は、SMSサービスとして「絶対リーチ!」を導入。効果検証のため、非アクティブ会員に向けて、既存施策のDMとメールマガジン、そして新施策のSMS(絶対リーチ!)の3つで新サービスについての情報を発信し、それぞれからのWebサイト来訪率を計測した。

この結果、SMS(絶対リーチ!)から新サービス専用Webページへの来訪率はメールマガジンの7倍を超える35%以上に達し、配信成功率も95.2%と非常に高い成果が出た。

さらに、サービス登録1件あたりのプロモーションコストの観点でも、SMSはDMの10分の1以下のコストでユーザー登録を獲得できた。非アクティブな会員に対する情報訴求として、SMSは極めて有効であることが証明されたのだ。

同社はこうした成果を受けて、SMSを新たなマーケティングチャネルとして選択した。非アクティブユーザーに対してはSMSでメッセージを訴求し、アクティブユーザーに対してはInstagramをはじめとするSNSで接点を作る。目的に応じてチャネルを分け、メッセージを整理することでより効果的な施策を生み出すことに成功した。

この事例からわかるように、SMSは高い到達率とシンプルなメッセージングで、効果的に顧客のアクションを促せるのだ。

「絶対リーチ!」では導入企業の施策立案までサポート

「絶対リーチ!」の強みは、SMS機能の提供だけでなく、最大限にSMSの特徴を生かすための施策立案までサポートすることにある。

SMSマーケティングは、基本的には文字数が制限された短いテキストで訴求メッセージを作る必要がある。昨今のマーケティング手法の主流となりつつあるリッチコンテンツとは真逆の発想と工夫が必要だ。

また、各社の課題に応じてSMSが担う役割は異なる。先ほど挙げた事例のような非アクティブユーザーへのメッセージ訴求のほか、継続的な顧客フォロー、キャンペーン情報発信など、多くのシーンでSMSが役立つ。「絶対リーチ!」では、これらの事例を熟知し、SMSマーケティングの価値を引き出せる担当者が、個々の企業課題に向き合ったうえで最適解を提案する。SMS配信準備から配信作業、結果データの収集、振り返り、改善などの運用に伴走するサービスも提供している。

双方向コミュニケーションに対応しているのも「絶対リーチ!」の強みだ。SMS活用はこれまで、企業側からの案内など、一方向の送信用途がメインだったが、顧客とインタラクティブにやりとりをするケースも増えてきた。

SMSサービスのなかには双方向コミュニケーションに対応していないものも多いが、「絶対リーチ!」は、「双方向SMS配信装置及び双方向SMS配信方法」で特許を取得(*特許第6114866号)しつつ、次世代SMS「+メッセージ」の配信にも対応。SMSや「+メッセージ」を介して、国内すべてのキャリアで企業とユーザーが双方向にコミュニケーションができるサービスを実現している。

さらに、SMS本文内に挿入するURLの遷移先としてLP、マイページ、アプリなどを指定できるのもメリットだ。アンケート、チャット、決済などの誘導先についてもオプションとしてサービス提供されている。顧客とのコミュニケーション用途や実運用形態に合わせて幅広い訴求ができるため、さまざまな業種、部門の業務改善に役立てられる。

上記のとおり、「絶対リーチ!」は、幅広いマーケティング施策に対応する柔軟性と、わかりやすさ双方を備えている。個別配信と一斉送信に対応するため、ユーザーコミュニケーションが柔軟に行える。メッセージを送信したり、送信結果を確認したりするダッシュボードは、初心者でも直感的に操作しやすい。

SMSマーケティングに一度も取り組んだことがない人でも安心して取り組めるよう、人的サポートと多彩な機能、ユーザーインターフェースの観点から配慮されている。これが「絶対リーチ!」の強みである。

AIによる分析、リアクション最適化機能をリリース予定

「絶対リーチ!」は、業界大手を中心に4,000社以上の導入実績があり、豊富なSMS送信・返信データを保有するだけでなく、顧客へのコンサルティング、伴走サービスによってさまざまなマーケティングの成功実績を生み出してきた。

そんな「絶対リーチ!」が蓄積してきた顧客の成功実績をもとにした新機能がリリースされる。具体的には、「いつ、どんな内容を送れば、もっともメッセージを見てもらえるか、URLにアクセスしてもらえるか、URLの先にある手続きをしてもらえるか」という、SMS送信後に企業が期待する顧客のリアクションを最適化して提案するAI機能だ。

SMSサービスの効果を最大化するためには、配信時間や内容など、さまざまな知見が必要となるが、成功事例をもとに、サービスから適切に提案してくれるのはありがたい。これからSMSマーケティングに取り組み企業にとっても、この新機能は朗報だろう。

SMSマーケティングの不安を解消する「絶対リーチ!」

SMSマーケティングの有効性について、「絶対リーチ!」の実例を交えながら解説してきた。顧客接点について課題を感じており、確実に効率的に顧客にメッセージを届けたいと考えている企業は、ぜひSMSを活用したマーケティングに挑戦してほしい。

サポートが手厚く、成果につながるSMSソリューションを有する「絶対リーチ!」は、これからSMSマーケティングを始めようとする企業に適したサービスといえる。

デジタルマーケティングの表現や戦略の可能性は、今後さらに広がっていくだろう。いっぽうで、顧客が求める情報量や、社内マーケターが対応できるリソースは限られている。シンプルかつ持続性の高い顧客接点を作れるSMSマーケティングは、これからの時代こそ注目したい手法である。

[Sponsored by AI CROSS]

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上