Article square balloon green

ネット時代にニュースサイト作成は欠かせないものです。ニュースサイトを運営しましょう。

その他その他ビジネス
Large

スピードが求められる時代に

ネットの時代はスピードが大切です。
また、情報の新鮮さや、速度などを大切にしているため、新鮮さのあるニュースサイトは非常に貴重なものがあります。
多くのメディアがニュースサイトに進出し、ニュースを運営しています。
新聞を取る人が少なくなったのは、ニュースサイトを見る人が増えたからで、ニュースのニーズ自体は少なくなっていません。
社会を動かす上で、ニュースは必須のものです。
社会人としてはニュースは欠かせなく、社会を知る上で非常に重要な指標となります。
ニュースサイトの作成は、メディアへの挑戦として必要なものでしょう。
ですがビジネスモデルの点で、注意しておく必要があります。

マネタイズをどこでするか

ニュースサイトの運営の際に、マネタイズをどこでするかという問題があります。
ニュースの集客は、やはりYahooにはかないません。
ですのでニュースはYahooに転載してもらうのが一番だと思います。
ですがYahooの掲載料は一本2000円なので、あまりこれで儲かるということはないでしょう。トラフィックを呼び込み、来てくれたユーザーにたくさん記事を読んでもらうのがメインとなります。
大手の新聞社でも、広告料だけでは運営が成り立たないのが現状です。
トラフィックを集めて、広告費でカバーしていくのが、通常のビジネスモデルとなります。

これはPV市場主義になってしまうので、ついついタイトルが過激になったりなど、弊害が出がちです。ですがこの広告モデルを脱出しようと、mynewsjapanなどは会員制モデルをとっていて、有料会員を集めて見事に黒字化しています。
これは従来の広告モデルではできない、PV至上主義やスポンサー至上主義とは相容れないもので、自由な執筆ができている特筆すべきメディアでしょう。
有料会員モデルであっても黒字がなりたっているのは、中身がちゃんとあってタイトルが過激でないことの証拠でもあります。

ニュースサイトはキャッチーである必要がありますが、過激でスカスカのものも多くあり、何を信用するかは利用者のリテラシーにかかっています。
マネタイズの問題は、そのメディアがどのようなポリシーで運営しているかの指標でもあります。どのような編集姿勢でやっているかが問われているのです。
ニュースサイトは編集が大切です。

Boxilとは

Boxil(ボクシル)とは、クラウドやSaaSを中心としたBtoBサービス検索サイトです。
無料登録することで、サービス資料の閲覧や、詳細情報、問い合わせをすることができます。
もちろん資料のダウンロードも無料です。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
こんなときに、便利なのがBoxilです。
また掲載していない情報についてもサービス担当者にチャットで問い合わせることも可能です!

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事