その他の関連情報

コピー完了

記事TOP

飲食店の感染対策情報をリアルタイムで見える化!日立製作所の衛生管理可視化サービス「T*Plats」

(記事の情報は現在から23日前のものです)
コロナ禍以降、店舗や施設に求められている感染症対策。しかし、対策の実施内容がわからず不安を抱く利用者も少なくないだろう。店舗や施設の感染症対策を可視化し、事業者と利用者双方の感染症対策への意識と安心感を高める日立製作所の「T*Plats」を紹介する。[PR]

高まる感染症対策の需要

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックをきっかけに、飲食店をはじめとする店舗や施設の衛生・感染症対策に対するユーザーの目が厳しさを増している。

2022年6月に日立が実施した「飲食店や施設の利用に関する調査」によると、飲食店利用者の約85%は店舗への感染対策状況を気にしており、特に「室内換気」への関心が高いことがわかる。

また、ユーザーの多くが室内換気の他にアルコール消毒と検温、十分な座席間隔の確保、従業員のマスク着用の徹底など、基本的な感染対策の実施を求めている。

※出典:日立製作所「 飲食店や施設の利用に関する調査結果(2022/6月実施)(https://www.hitachi.co.jp/products/it/tplats/index.html#research)

日立製作所 衛生管理可視化サービス「T*Plats」紹介動画

現在でも多くのユーザーが店舗の感染対策を気にかけており、対策をしないとむしろユーザーの離脱に繋がる要因の一つとなる時代となった。
こうした時代だからこそ、手軽に店舗が導入ができ、ユーザーが知りたい感染対策情報を気軽に把握できる「T*Plats」のようなサービスを積極的に活用するのはどうだろうか。
「T*Plats」は衛生状況の可視化はもちろんだが、混雑状況の把握や集客面での支援なども行っているサービスのため、感染症対策以上の価値があるサービスといえるだろう。(BOXIL:岡本)

・衛生管理可視化サービス「T*Plats」導入店舗「丸の内ハウス 蒸し料理 musmus」を訪問
・衛生管理可視化サービス「T*Plats」をええじゃない課Bizスタジオで使ってみた!
・お店の換気の状況だけでなく騒音、混雑度も可視化し、お客様が安心して来店できる!!

店舗・施設に必要な感染症対策とは?

では、店舗や施設は具体的にどのような対策を講じればよいのだろうか。政府は、前述したアルコール消毒と検温、十分な座席間隔確保や従業員のマスク着用の徹底の他に、感染症対策として換気の実施と湿度40~70%を目安として保湿が望ましいとしている。

また、人の出入りが多い飲食店においては、必要な換気量を確保するためにCO2センサーの設置による二酸化炭素濃度のモニターが効果的だ。なお、二酸化炭素濃度は1,000ppm以下が目安である。

湿度や二酸化炭素濃度を可視化するには

多くの飲食店や施設は、前述したような国・自治体の指針に従い、入念な衛生管理に努めている。

しかし、利用者側からすると「衛生的か」「感染症対策がなされているか」をどのようにして判断すればよいのかわからないのが現状だ。店舗や施設が日々行っている努力は、利用者の目からは見えづらい。特に二酸化炭素濃度は目に見えないことから、信頼できる情報を取得するのが難しい。

そこで必要になるのが、衛生・感染症対策の可視化だ。衛生・感染症対策の可視化は、利用者が安心して店舗・施設を利用するためにも重要な指標である。

本記事では、店舗・施設だけでなく、利用者にも役立つ、日立が開発した衛生管理状況を可視化できるサービス、「T*Plats」を紹介する。

日立製作所 衛生管理可視化サービス「T*Plats」紹介動画

・衛生管理可視化サービス「T*Plats」導入店舗「丸の内ハウス 蒸し料理 musmus」を訪問
・衛生管理可視化サービス「T*Plats」をええじゃない課Bizスタジオで使ってみた!
・お店の換気の状況だけでなく騒音、混雑度も可視化し、お客様が安心して来店できる!!

衛生管理可視化サービス「T*Plats」とは

「T*Plats」とは、IoTセンサーで計測した客観的なデータをもとに、お店や施設の衛生管理状況を可視化する、日立が開発・提供するサービスだ。

T*Platsの「T」は「信頼:TRUST」を、「PLATS」はスウェーデン語で「場所」を意味する言葉である。また、「*」はコンピュータープログラミングにおいて「ワイルドカード」を意味する記号だ。

「T*Plats」というサービス名には、技術力で信頼が世の中に広がる様子を表わすとともに、「可能性は無限大である」という意味が込められている。

「T*Plats」の導入により、店舗・施設が行う衛生・感染症対策を、インターネットを用いてタイムリーに発信できるようになる。利用者は、店舗や施設を訪れる前にホームページなどから感染症対策の実施状況を確認できる。「T*Plats」はインターネットからのタイムリーな情報発信により、店舗・施設に対する利用者の信頼確保をサポートする。

可視化した衛生状況のタイムリーな情報発信

「T*Plats」を導入した店舗・施設では、第三者機関によるチェックを実施した客観的かつ信頼できる衛生・感染症対策情報をホームページやSNSで発信できるようになる。

信頼できる情報の発信は、利用者増加のためのプロモーションに役立てられる利点がある。利用者側にとっては、店舗や施設を探す際の信頼できる判断材料として活用できるだろう。

「T*Plats」が提供する情報には、リアルタイムでの数値だけでなく、「3hours」「1week」と、時間・期間を選択できるデータも含まれている。たとえば、店舗・施設を予約したい利用者が、過去のデータから混雑具合やCO2濃度を事前に確認して予約日時を調整することも可能だ。

「T*Plats」の活用により、利用者側は安心して店舗・施設を利用できるようになる。店舗・施設と利用者双方にとってメリットのあるサービスといえる。

「T*Plats」は利用者の安心につながる各種情報を提供

ここからは、「T*Plats」が提供する情報について紹介する。

IoTセンサー情報

「T*Plats」では、IoTセンサーから取得したCO2濃度、温度・湿度、騒音、混雑度を表示する。

新型コロナ感染防止のポイントには、「大声を出さない」「室温18℃以上、湿度40%以上を保つ」「二酸化炭素濃度1,000ppm以下を保つ」ことが重要だ。

※出典:厚生労働省「寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント」
(https://www.mhlw.go.jp/content/000695178.pdf))

これらの指標に達してるかどうかを、常時IoTセンサーで測定して表示し、店舗・施設が適切な感染症対策を行っていることを示してくれる。

換気

店舗・施設の換気設備の運転状況や、定期的な窓開放の実施について表示する。表示されている二酸化炭素濃度から、店内の換気が適切であるかをすぐに把握できる。

店舗・施設側はこまめな換気を意識付けられるようになり、利用者は安心できる環境かを判断できるという利点がある。

店内消毒

店舗・施設の設備や利用者の退席後の消毒の実施状況を表示できる。飲食店においては、テーブルクロス交換の実施についてなど、利用者のさらなる安心につながる衛生対策状況の表示が可能だ。

顧客の安全

利用者の安全に関する情報として、入り口に設置する来店者用消毒液や検温の実施状況を表示する。

テーブル間距離

店舗・施設内で、感染症対策としてソーシャルディスタンスが図られている状況であることを表示できる。テーブル間の距離に1メートル以上の間隔があること、またはパーティションを設置していることを表示する。

従業員の安全、衛生管理

「T*Plats」では、従業員に行っている検温や体調管理の実施についても表示できる。さらには、従業員のマスク・フェイスガードについても表示。利用者側にとっては店舗・施設が従業員に対してどのような感染症対策を実施しているのかを事前に確認できる利点がある。

トイレ消毒

トイレの定期清掃と消毒の実施状況および消毒液の設置について表示する。多くの利用者が気にするであろうトイレの衛生管理状況の可視化は、集客においても重要だ。

第三者チェック

第三者チェックの実施について表示できる。第三者が衛生・感染症対策の実施をチェックしている店舗・施設であることを示すことにより、利用者の安心感をさらに向上できるのが特徴だ。

利用者は「T*Plats」をどう活用できる?

「T*Plats」の導入により、利用者は「T*Plats」のホームページにスマートフォンやタブレット、PCからアクセスし、目的の店舗・施設を検索することで衛生・感染症対策の状況をいつでも確認できるようになる。

また、一部の店舗・施設では、各店舗・施設のホームページ上に衛生管理状況を表示しており、店舗・施設の各種情報とあわせて衛生管理状況も確認できるようになっている。

リアルタイムの数値だけでなく、「3hours」「1week」と期間別データもチェックできるため、利用者は予約時に混雑状況や二酸化炭素濃度を予測し、より安心できる日時を設定できるようになるのも特徴だ。

さらには、目的の店舗・施設の利用中においても、設置されたタブレットやスマートフォンの画面から、IoTセンサーが収集したリアルタイムな情報を確認できる。

まとめ

ここまで紹介してきたとおり、日立製作所の衛生管理可視化サービス「T*Plats」は、利用者の安心感を向上させてくれるサービスといえる。

「T*Plats」は、飲食店だけでなく、人が集まるさまざまな場所で効果を発揮してくれる。たとえば、保育園や学校、病院、体育館、美術館、テーマパーク、スーパー、カフェなど、人の往来が多く密集しやすい店舗・施設での導入をおすすめしたい。これらの店舗・施設での従業員における衛生管理・感染症対策の意識向上にも貢献してくれる。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大以降、衛生に対する安心感は、店舗・施設選びにおいて重要な指標の一つとなった。より多くの利用者に選ばれる店舗・施設を目指している事業者は利用をぜひ検討してほしい。

日立製作所 衛生管理可視化サービス「T*Plats」紹介動画

・衛生管理可視化サービス「T*Plats」導入店舗「丸の内ハウス 蒸し料理 musmus」を訪問
・衛生管理可視化サービス「T*Plats」をええじゃない課Bizスタジオで使ってみた!
・お店の換気の状況だけでなく騒音、混雑度も可視化し、お客様が安心して来店できる!!

サービスに関する問い合わせはこちら
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/it/security/form.jsp

[Sponsored by 株式会社日立製作所]

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超