Article square balloon green
2016-01-08

サイバー攻撃の情報をカードゲームで取り入れる新しい試み「KIPS」

セキュリティウイルス対策・不正アクセス対策
Large

サイバー攻撃に注目が集まっている昨今では、サイバー犯罪に関する情報を得る手段は日に日に増え続けています。サイバー攻撃についての情報を取り入れたい方は、セキュリティ講座を受けたり、サイバー犯罪のニュースを見たり、またはセキュリティ関連の本を読んだり、ITILファウンデーション等のセキュリティに関する資格試験を受けたりしているものと思います。そんな中で、また一つ、サイバー犯罪に備える、セキュリティに関する知識を取り入れられる個性的な方法が登場しました。

カスペルスキーの企業向けカードゲーム「KIPS」

「KIPS」はKaspersky Industrial Protection Simulationの略称です。日本語訳するなら、カスペルスキーの産業防御用訓練といったところでしょうか。企業にとって重要な施設や設備をサイバー攻撃から守るシミュレーションをカードゲームで行うことで、標的型サイバー攻撃から企業の施設や設備を守る、具体的な対策をトレーニングして学びましょうというのがこの「KIPS」です。

標的型サイバー攻撃の脅威

数あるサイバー攻撃の中でも、標的型サイバー攻撃と言われるカテゴリに分類されるサイバー攻撃は、最悪ともいえるくらい悪辣で、対処が難しいサイバー攻撃です。サイバー攻撃の標的を絞り、持続的に攻撃を続けられるのが標的型サイバー攻撃ですが、ただ持続的に攻撃を続けるだけではありません。成功するまで何度も何度も、標的の企業を収集しながら、その企業に最も適した手段にアップデートしていくのです。サイバー攻撃は日を追うごとに強力で精巧なものになります。メール攻撃に例えるなら、不特定多数に向けたメールであれば、クリックしてしまうほどに魅力的な文言に感じる人は少ないでしょう。しかし、標的を狭い範囲に絞り、持続的に繰り返される標的型サイバー攻撃によるメールは、その企業の人間ならば、最終的には開けて当然なくらいに自然な偽装が施すことができます。標的型サイバー攻撃は、メール攻撃一つにでも、一筋縄では対応できないくらいに脅威的です。

色々な観点から知識を身に付ける

標的型サイバー攻撃から企業の施設や設備を守るためには、単純な知識を学ぶことも大事ですが、一つでも多くの考え方、見聞を身に付けたいものです。そこで有効なのが、この「KIPS」です。サイバー攻撃を疑似体験するために作られた「KIPS」なら、カードゲームを通して実際に標的型サイバー攻撃に遭った時の演習ができるのです。

Article whitepaper bgS3 0
ウイルス対策・不正アクセス対策
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事