Article square balloon
2016-12-23

専務と常務の違いとは?会社毎の必要性に応じて設置されるポジション

Large
Article thumbnail cover

専務と常務は、法律などで会社に必要と定められている役職ではありません。上下関係についても決められているわけではなく、会社毎の基準や必要性に合わせて設置されている役職です。

上下の違いは法律で決められていない

専務と常務の上下関係について疑問を持つ人が多くいますが、会社法などの法律において定められていないため、会社毎に異なるのが現状です。とはいえ、一般的に専務を上とする序列のパターンが多く見られます。

専務や常務の種類

専務や常務という名で省略して呼ばれることが多いものの、取締役会を構成するメンバーである専務取締役、常務取締役、執行役としての専務執行役、常務執行役など複数の種類があります。取締役会は、上場した株式会社において法的に設置が義務づけられている業務執行の意思決定を行う機関です。取締役が3名以上必要であり、そのうちの1人である代表取締役が社長であるケースもよく見られます。執行役についても会社法で定められており、業務執行を担う役員のことを言います。

役員の中における序列

執行役は取締役会で決められたことを執行する人であることから、序列としては取締役が上ということになります。そのため、専務取締役は専務執行役よりも上ということになり、常務取締役は常務執行役よりも上ということになります。取締役会は社長や副社長の他に専務や常務で構成されることが一般的ですが、どの役職が必要と具体的に定められているわけではありません。

専務と常務の違いや立場について

専務取締役と常務取締役は、どちらも社長の補佐をする役員であるという意味では同じ立場となります。専務は会社の全体的な業務を管理する役割を担当し、会社の業務で日常的な部分を担当するのが常務です。専務の担当が主に管理の仕事であることから、常務の上に位置づけている会社が多く見られます。そのため、専務取締役と常務取締役では、専務取締役の数の方が少ない傾向もあります。

執行役員は一般的な意味での役員ではない

執行役員の立場である専務執行役員、常務執行役員といった役職も存在することがあります。執行役と執行役員は全く別のものであり、執行役員は法律上の定義がなく、取締役会で決定した業務執行内容を実行する役割を持つ人となっています。名前に役員とつくため紛らわしいのですが、取締役や執行役とは異なり役員ではなく従業員の扱いです。

会社役員は従業員ではない

専務取締役や常務取締役は、社長や副社長などと同様、役員の立場となります。従業員ではありません。会社内を大きく分けると経営側の人と従業員側の人の2つになり、役員は経営側なのです。なお、執行役員は従業員側のトップのポジションということになります。

専務と常務は、共に会社の重要なポジションにいる人ということになります。役員の場合は代表取締役の補佐をするなど会社の経営に影響を与えることのできる立場となりますが、具体的な業務内容や責任の範囲は会社毎に異なります。

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」とは

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ