動画・映像制作の
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

動画・映像制作サービスを選ぶときの3つのポイント!


1
納期
1つ目は納期です。動画・映像制作サービスは、他のサービスに比べて納品されるまでの期間が長く、修正を依頼することが多いです。ですから、計画を立てる際には、納期や制作期間をしっかり確認する必要があります。また、途中の進捗状況を確認できるようにしておくことも大切です。
2
質の高さ
2つ目は質の高さです。これは制作実績を見て比較するのが一番です。多くの動画・映像制作サービスでは、制作実績を見れるようにしているので、必ずチェックしましょう。やはり実際に作品を見てみることで、完成度の高さを把握するのに役立ちます。
3
コスト
料金体系がわかりづらいのが、動画・映像制作サービスの特徴です。大きく分けると、アニメーション作品か実写作品かでまず異なります。アニメーション作品は、ある程度料金がベンダーのサイトでわかります。しかし、実写作品の場合、出演者の人件費や制作期間の長さによって費用が異なるので、多くは問い合わせないとわかりません。ですから、作りたい作品は、アニメーションなのか実写なのか、実写の場合、費用はいくらかかるのかを事前に、比較段階で問い合わせる必要があります。

動画・映像制作サービスの一覧


手間なし
費用なし
動画・映像制作
4
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
動画・映像制作
4
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow


動画・映像制作の基礎知識


1
動画・映像制作とは

動画・映像制作とは、文字通り映像・動画を作成するためのサービスであり、自分で動画制作ソフトを利用して制作する場合とクラウドソーシングで制作代行してくれる動画・映像制作会社も存在します。最近は、動画マーケティングが盛んになっており、CMを初めとして、YouTube広告やサービス紹介動画など、多種多様な動画・映像が作成されています。そういうわけで、制作会社が増えており、どこを選べば良いか選択しにくい状況にあります。

2
基本的な動画・映像制作サービス

・ヒアリングから納品までを行う
・表現の多様性
・プロのクリエイターによる作成
動画・映像制作の目的や要望、予算などをヒアリングして見積もりできる会社がほとんどです。納品まで一貫してサポートしてくれるので思った通りの動画・映像ができます。実写による撮影やCG、アニメーションなど様々な表現方法を揃えており、プロのクリエイターが質の高い動画・映像をお客様の要望に応えて制作してくれます。

3
動画・映像制作のサービスがなぜ必要か

・自分で制作すると時間がかかる
・プロのクリエイターは動画・映像制作のノウハウを持っている
高品質の動画・映像を一から制作するのは、思った以上に時間がかかります。効率性を考えても、プロにお任せする方が宜しいかと思います。自分が作成してしまうと、動画マーケティングのノウハウを取り入れることが難しく、伝えたいことが伝わらなかったりとコンバージョンにも影響してきます。

4
動画・映像制作のメリット

・情報が伝わりやすい
・時間の削減
・サイト内の滞在時間がUP
動画というのは、文章と違って、話し手の表情であったり、熱意をくみ取ることができ、視覚的に把握しやすくなり、情報伝達力が高くなります。そして制作に掛ける時間を他の業務に費やすこともかのうとなります。また、SEO上の効果として動画の再生時間に合わせて、サイト内の滞在時間を伸ばすことができます。

5
動画・映像制作サービスで起こりえるデメリット

・制作のコストがかかる
・依頼者側の提案が伝わらないことがある
動画・映像制作会社にクラウドソーシングしてもらうということは、もちろんのことですが、自分で制作するよりもコストがかかってしまうことになります。柔軟な料金体系を導入しているサービスがほとんどですので、お見積りとその費用対効果はしっかり確認しておくと良いでしょう。また、依頼者と受注者との間で思っていたのとは異なる動画ができたり、アマチュアでもできそうな低クオリティーの作品であったりすることもあります。サポート体制や実績も確認すべきでしょう。

6
動画・映像制作のサービスで比較するべきポイント

・納期
・質の高さ
・コスト
1つ目は納期です。会社によっては、納期予定の日になっても、連絡が来ず、完成できていない場合があります。納期が発注してからどれほどかかるかを確認しましょう。また、途中の進捗状況を確認できるようにしておくことも大切です。2つ目は質の高さです。これは制作実績を見て比較するのが一番です。やはり実際に作品を見てみることで、完成度の高さを把握するのに役立ちます。3つ目がコスト面です。作業ごとに追加の請求をされる会社も存在しますので、あらかじめ料金体系の調査をしておくべきです。

7
動画・映像制作のサービスで成功するため、失敗しないためのポイント

・クリエイターの数
・制作実績
・制作工程の確認
業界ごとに動画・映像制作の目的は異なると思います。そのため、クリエイターが得意とする分野の動画を制作したほうが、動画マーケティングの効果は増大します。そう考えると数多いクリエイターが控える制作会社だと失敗は少なくなります。そして同じ業界の実績があれば、自社の完成イメージしやすくなり成功への道も見えてくると思います。最後はお客様の意見がしっかりと反映されているかを都度チェックできる体制であるかも進捗を確認するのに大切です。