コールセンター(アウトバウンド)の
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
この資料は15ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではコールセンター(アウトバウンド)のサービスについてまとめています。
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
これらの無料ガイドもよく一緒にダウンロードされています。
マーケティングオートメーション選び方ガイド
プロジェクト管理・工数管理選び方ガイド
グループウェア選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
選択中の{{checkedIds.length}}件の無料ガイドを

コールセンター(アウトバウンド)サービスを選ぶときの3つのポイント!


1
荷電リスト作成
アウトバウンドのコールセンターは主に、自社から見込客に荷電するものです。したがって、荷電リストを作る必要があります。最初は、既存のリストをインポートすることが可能です。しかし、大切なのはコールセンターを運用し始めてからのリスト作成のしやすさです。どのアウトバウンド型のコールセンターシステムもリストをインポートする機能は必ず搭載しています。だからこそ、導入してからのリスト作りが重要になってきます。
2
管理者機能
アウトバウンド型コールセンターシステムでの課題は、荷電の重複や、NG先へ荷電してしまうことなどが挙げられます。荷電の重複は業務効率の低下を招き、NG先への荷電はクレームと企業イメージの低下を引き起こします。これを防ぐためにリストの整理を行える管理者機能は比較する上で大きなポイントになってきます。また、見込客から獲得できたアポイントメントなどをまとめてSFAなどに出力できると、管理者の業務効率を向上させることが可能になります。
3
モチベーションアップの工夫
往々にしてアウトバウンドのコールセンター勤務は、モチベーションの維持が難しくなりがちです。コールセンターシステムによってはこのモチベーション維持への工夫が施されている機能があります。これによって成果が変わってくるので、必須ではありませんが、あると力になってくれる機能でしょう。

コールセンター(アウトバウンド)サービスの一覧


手間なし
費用なし
コールセンター(アウトバウンド)
9
サービス分の資料
※ 資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
Download for free yellow
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
手間なし
費用なし
コールセンター(アウトバウンド)
9
サービス分の資料
※ 資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
Download for free yellow