最新版2019年間
勤怠管理比較ランキング
※2019年年間のBOXILの資料請求数を元に集計しています。
1
KING OF TIME for ビジネスプラス
株式会社NTTドコモ
  • 導入企業数19,000社以上
  • 初めての導入でも安心な親切丁寧な導入サポート
  • 自社環境に合わせて選べる打刻手段
初期費用:0円
無料トライアル:
資料請求リストに追加
資料請求リストから削除
2
勤怠管理システム「jinjer(ジンジャー)勤怠」
株式会社ネオキャリア
  • 利用シーンに合わせて5通りの打刻方法を組合せ可能
  • 管理者ソフトもスマホ・タブレットに対応
  • 最大400パターンのシフトを登録可能
初期費用:100,000円
無料トライアル:
資料請求リストに追加
資料請求リストから削除
3
マネーフォワードクラウド勤怠
株式会社マネーフォワード
  • わかりやすく直感的な操作が可能なデザイン
  • 働き方改革関連法へも即時対応可能、追加料金0円
  • MFクラウド間のデータ連携で業務効率化を実現
初期費用:0円
無料トライアル:
資料請求リストに追加
資料請求リストから削除
4
勤次郎Smart
日通システム株式会社
  • 初期費用・月額費用0円で200円/人から利用可能
  • 労働法に準拠しているのでコンプライアンス強化にも
  • TOPページの表示項目は自由にカスタマイズ可能
初期費用:0円
無料トライアル:
資料請求リストに追加
資料請求リストから削除
5
e-就業ASP
株式会社ニッポンダイナミックシステムズ
  • 導入前も導入後も安心のサポート付で運用の負担軽減
  • 自社の環境に合わせて自由度の高いカスタマイズ可能
  • 勤怠管理と同時にプロジェクト別に工数管理も可能
初期費用:0円
無料トライアル:
資料請求リストに追加
資料請求リストから削除