最新版
2020年間
勤怠管理比較ランキング
※第1位・・・2020年9月実施 株式会社ショッパーズアイ「SaaS比較メディアに関するイメージ調査」より
※2020年のBOXILの資料請求数を元に集計しています。
1
株式会社ヒューマンテクノロジーズ
4.1
104件の口コミ
初期費用:0円
無料トライアル:
  • 導入企業数24,500社。打刻1人あたり300円で中小企業にも利用しやすい料金
  • 残業管理や申請承認機能も備わっているため、業務改善を検討してる企業にもおすすめ
初期費用:0円
無料トライアル:
  • 様々な働き方に対応し、働き方改革をサポートするクラウド勤怠管理システム
  • 他のマネーフォワードクラウドシステムと非常にスムーズな連携・利用開始が可能
3
株式会社ネオキャリア
3.36
22件の口コミ
初期費用:300,000円
無料トライアル:
  • マルチデバイスに対応、専用端末は不要で使いやすさを追求した勤怠管理システム
  • 必要に応じて、勤怠以外にも給与や経費、人事といった様々な機能をカスタマイズ可能
4
株式会社ソウルウェア
4.17
35件の口コミ
初期費用:0円
無料トライアル:
  • ICカードのタッチで打刻と同時に交通費生産も記録可能
  • 他社サービスとの連携が豊富。SlackやChatworkと連携しチャットで打刻
5
株式会社チームスピリット
4.15
53件の口コミ
初期費用:150,000円
無料トライアル:
  • 勤怠管理・工数管理・経費精算等、複数の機能を一つに融合したプラットフォーム
  • 1ユーザーあたり600円で数多くの機能が使えるコスパの高さが最大の特徴
sc-attendance
選び方でお困りの方へ | 勤怠管理のおすすめ記事 ▼
勤怠管理システムを徹底比較!機能やメリット・選び方を解説【2021年最新】
勤怠管理システムを徹底比較!機能やメリット・選び方を解説【2021年最新】
従業員の出退勤や休暇などの記録を管理する「勤怠管理システム」。勤怠管理システムを活用すれば、自社の労務管理体制を強化し業務の効率化を図れます。本記事では、勤怠管理システムの機能やメリット、選び方を紹介し、人気おすすめサービスの料金・価格や特徴を比較しています。
チェックしたサービス{{checkedIds.length}}件を
または