最新版
2020年間
経費精算比較ランキング
※第1位・・・2020年9月実施 株式会社ショッパーズアイ「SaaS比較メディアに関するイメージ調査」より
※2020年のBOXILの資料請求数を元に集計しています。
1
株式会社コンカー
4.52
97件の口コミ
初期費用:0円
無料トライアル:
  • 国内売上6年連続No.1。世界中で使われている経費精算クラウドシステム
  • 世界で6,600万人が利用し、多言語・多通貨対応、外部サービスとの連携も豊富
初期費用:0円
無料トライアル:
  • 領収書の自動入力精度99.9%。OCR入力とオペレータチェックで高精度を実現
  • ユーザー数に関わらず料金一定で電子帳簿保存法に対応したタイムスタンプも標準搭載
初期費用:0円
無料トライアル:
  • 申請者の負担を軽減し、現場での使いやすさにこだわったクラウド経費精算システム
  • 会計をはじめとしたマネーフォワードクラウドシリーズをまとめたパックプランが便利
4
株式会社ソウルウェア
4.21
48件の口コミ
初期費用:0円
無料トライアル:
  • ICカードのタッチで打刻と同時に交通費生産も記録可能
  • 他社サービスとの連携が豊富GoogleやOffice365と連携し精算業務効率
初期費用:300,000円
無料トライアル:
  • 社労士や専属スタッフがサポートするオプションもあり、初めてのシステム導入もご安心
  • 必要に応じて、経費以外にも勤怠や給与、人事といった様々な機能をカスタマイズ可能
初期費用:100,000円
無料トライアル:
  • 導入実績7,000社。基本機能をしっかり搭載し高コストパフォーマンスを実現
  • サポート満足度94%で導入に不安な方もご安心
初期費用:100,000円
無料トライアル:
  • 交通費精算はICカードを専用アプリにかざすだけで大幅な時間削減を実現
  • 既存のワークフロー、会計システム各種と連携することでかんたん導入可能
sc-expense
選び方でお困りの方へ | 経費精算のおすすめ記事 ▼
【2022年】経費精算システム比較18選 - 機能比較表
【2022年】経費精算システム比較18選 - 機能比較表
楽楽精算やConcur Expense、マネーフォワードクラウド経費など、人気のクラウド経費精算システムにおける機能や料金を徹底比較。「正しく申請してくれない」「会計ソフトと連携できない」といった課題に対応する機能やサービス選定の方法を紹介します。
チェックしたサービス{{checkedIds.length}}件を
または