給与計算の
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
この資料は10ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは給与計算のサービスについてまとめています。
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
freee株式会社,
株式会社マネーフォワード
これらの無料ガイドもよく一緒にダウンロードされています。
文書管理・EDI選び方ガイド
プロジェクト管理・工数管理選び方ガイド
アクセス解析ツール選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。利用規約に同意の上ご利用ください。
選択中の{{checkedIds.length}}件の無料ガイドを

給与計算サービスを選ぶときの3つのポイント!


1
会計ソフト・勤怠管理システムとの連携
給与計算ソフトは、それ単体で利用することはまずありません。利用している会計ソフトや勤怠管理システムと同時に利用することになります。ですからこれらのシステムとの連携が取れているかが、給与計算のみならず連携しているサービスのすべての効率性を左右することになります。給与計算ソフトを比較検討するときは、会計ソフトや勤怠管理システムとの連携、つまりこれらをセットで考える必要があります。
2
サポート体制
給与計算ソフトは、労働保険料や社会保険料の算出、税計算、年末調整など複雑かつ専門知識を必要とする業務が多いのが特徴です。ですから、提供元のサポートは必要不可欠になってきます。このサポート体制がしっかりしていないと、どんなに優れた給与計算ソフトを導入しても宝の持ち腐れになってしまいます。機能が充実しているものでは、かえって使いづらくなってしまいます。対応してくれる時間帯などサポート体制を問い合わせるといいでしょう。
3
セキュリティの高さ
給与計算ソフトには、人事データが不可欠です。この人事データやマイナンバーは個人情報にあたり、しっかり管理しなければなりません。万が一流出しようものなら企業は大きな損失を被ります。給与計算ソフトには、セキュリティの高さが求められ、これをしっかり比較し、できるだけ高いものを選ぶことをおすすめします。

給与計算サービスの一覧


手間なし
費用なし
給与計算
6
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
給与計算
6
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow