標的型攻撃対策ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

Sophos Firewall

BLUE Sphere

攻撃遮断くん

Seculio

Cloudflare

情報なし
情報なし
100,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
100,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
45,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
5.0点
便利なネットワークの裏に隠れているリスクを可視化することで事前に対策を練ることができます。変化し続ける脅威からネットワークを保護して、常に高いパフォーマンスを維持します。
まだ口コミはありません
5.0点
Symantec Endpoint Securityはテレワークなどに特化したセキュリティシステムになっています。通常社内設備では様々なセキュリティホールドがありますが、特殊チームではテレワークにも対応できるSymantec Endpoint Securityが重要です。
3.0点
端末へのインストール、アンインストールにとにかく時間がかかりました。 また、セキュリティアップデートをかけると社内ネットワークが落ちるほど通信を圧迫し、アップデートのタイミングを端末ごとに分けるなどの管理が必要になりました。
5.0点
他社の製品であれば1契約1FQDNが通常であるが、こちらの製品については1契約に複数のFQDNを含められるため管理の簡素化、コスト節約など多大なメリットがあります。 また、月額コストについても他社の場合には直近のIN・OUTの最大値から算出されますが、こちらの製品については3か月間平均OUTのみで算出されます。このあたりの点においても他社の製品と比べ非常に優位を保っていると感じています。
4.0点
導入の簡便さ、トラフィック課金がアウトバウンドのみという課金体系は非常に評価する。 しかしながら、TLS1.2以上への縛り、IPv6への対応ができずセキュリティ設定、次世代プロトコルへの対応面で少々劣るため、
4.0点
規模やオプションなどで柔軟に価格設定がされており、私自身は導入決済者ではないが聞いたところ導入の決め手はチームに合わせて予算設定ができることだったとのこと。セキュリティ性の高さではアタックを受けた際にその元となった箇所や種類など詳しくメールで送付があった。
5.0点
攻撃遮断くんを扱っている会社はプロ集団ですので、ハッキング対策には最適です。今ある会社サイトにそのまま導入できますので、こちらで何かを変更する必要はありません。
4.0点
関連法規のup date、社員教育の素材・テスト、情報セキュリティ事象の最新情報等が充実しており、ISMS事務局業務が、大幅に軽減できて便利です。カスタマイズ機能が、若干弱いですが、人手をかけにくい企業にとっては、助かります。
5.0点
クラウドサービスのため法令台帳など更新が必要な関連法令を追加することが容易であり、教育コンテンツを用意する必要がないため社内のISMS認証の運用負荷が低減できているため
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
Sophos Firewallの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Symantec Endpoint Securityの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
BLUE Sphereの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
攻撃遮断くんの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Seculioの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Cloudflareの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
情報なし
情報なし
情報なし
1人
情報なし
情報なし
情報なし
1年
情報なし
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
1年
情報なし
情報なし