Anti Phishing Mail GatewayとFENCEメール誤送信対策サービスのサービス比較【メールセキュリティ】

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
ファイルのwebダウンロード
ランダムパスワードの生成
固定パスワードの利用生成
office365との連携
Google Appsとの連携
一時保留機能
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間
情報なし
情報なし
3,600,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
5.0点
メールに自動で電子署名を付与できるので、フィッシング詐欺を防止できる。 内容が置き換えらえたりしていないかも検知できるので、機密情報であっても安全にやり取りが可能。
4.0点
紙文書のセキュアな電子化で業務効率化を実現するAnti Phishing Mail Gatewayの特徴は電子署名に必要なタイムスタンプ、秘密鍵の管理、電子証明書の一式全てがクラウド上でパッケージ化されています。
5.0点
メール誤送信を防止するためのダブルチェック機能がシステムを通さないとメールが送信できないシステムになっており、システム上での確認作業も容易であるため、確認者の負担が最小限に抑えられていると感じる。
4.0点
メールの誤送信機能が充実しているので誤送信を減らす時には効果的です。状況に応じて暗号化方式を選べるので確実にセキュリティレベルが上がります。個人情報の監査機能もあるので間違いの予防になります。
Anti Phishing Mail Gatewayの資料
FENCEメール誤送信対策サービスの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。