ビジネスチャットのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

Chatwork

LINE WORKS

Microsoft Teams

direct

ChatLuck

WowTalk

TAGS

Slack

情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
399
円(税抜)~
情報なし
(月)
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
300
円(税抜)~
情報なし
180
円(税抜)~
情報なし
(月)
850
円(税抜)~
情報なし
(月)
475
円(税抜)~
情報なし
(年)
3,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
399
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
300
円(税抜)~
情報なし
300
円(税抜)~
情報なし
180
円(税抜)~
情報なし
850
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4.0点
Slackと比較してUIは少しゴチャゴチャしています。一方でSlackはシンプルで直観的な操作を可能としている分、初めて使う方は戸惑うことが多いと思います。Chatworkはその点、UIが多少ごちゃついても、これまでの日本的なUIで誰にとっても使い方がわかるようなツールです。チャットツールを社内に入れる際、使われなければ意味がないと思うので、誰が使っても使い方に迷わないChatworkはGood。
5.0点
チャットを使って気楽に仕事のやり取りができます。個人またはグループでスレッドを作成でき、連絡事項の伝達も簡単、簡単な返信ならスタンプやリアクションを使えば定型文を記載する作業も要りません。連絡スピードが上がることでプロジェクト全体のスピードも大きく変化します。
4.0点
LINEと同じように使えるスタンプ付きのビジネスチャット機能に加えてファイル送信ではアクセス権限の振り分けや個人ごとの細かい編集の可否設定ができて人為的なミスを未然に防いでくれます。無料プランの通話に加えて有料プランではビデオ通話も追加されるのでオンラインミーティングにも一役買ってくれます。
4.0点
まず普段使っているLINEと同じ容量で使えるので会話しやすく伝達事項をよりダイレクトに、リアルタイムに発信できる。簡単な返事ならスタンプや絵文字だけで済ませることもできて、文章のみに比べて気持ちも伝えやすい。
4.0点
Microsoft製品なので、Officeソフトにそれぞれ連携されているのが何よりも強みかと思います。ただし、テレビ会議システム・チャットシステム単体として評価する場合には、より使いやすいソフトがあるのは事実だと思います。
4.0点
社外との打ち合わせの際に使用するときがあるが、URLが長過ぎてなにかと使い勝手が悪い点と、最初の操作方法がよく分からないという点から、あまり高い評価にはならない。
4.0点
国産アプリという安心感、フリー版でのお試し、小規模チームにも優しいことをふくめての評価となります。 海外製はセキュリティが不安、一応試したい、だけど大規模用途ではコストが気になるという担当者様にうってつけなツールです。
5.0点
テレワークをより便利に、より楽しくしてくれるツールです。トークや通話機能に加えてスタンプやボイスメッセージ機能などがあるのでビジネス上のコミュニケーション手段が増えます。
5.0点
クラウド版とパッケージ版があり、目的に応じて好きな方を選べます。セキュリティ対策は万全ですし、オンとオフを明確に分けることでコンプライアンス対策にもつながります。ビジネスで求められる安全性や信頼性を担保するコミュニケーションツールです。
4.0点
LINEと同時にメッセージに未読/既読が表示するので、使い方に馴染みがあります。 投稿したメッセージの編集可能時間を管理者が設定できる点が新しいと思いました。 ルームに参加しているメンバー全員宛に送信できるのも便利です。
5.0点
無料のビジネスチャットが増えましたが、やはり有料サービスは違うと思わせる機能が多いです。仕事で外国人とのやりとりをする場合もあるのですが、翻訳機能がとても役立っています。また、電話とメールのやり取りよりも気軽にレスポンスしやすいのも魅力です。
4.0点
社内外問わずチャット感覚でやりとりできるので例えば電話がつながらないときでもWowTalkで必要事項をパッと送ることができて、メールのように挨拶の定型文なども必要ないのでメールより使いやすい。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
4.0点
大きなくくりがワークスペース(WS)、その中にチャンネル(Ch)があり、チャンネルは参加メンバーのみに公開するか選ぶことができます。プロジェクトが多数走っている現場では欠かせない存在です。 ただしスレッドになれるまでは多少使いづらいと感じることがあったので、5段階中4にしました。
5.0点
社内や社外でのチャットや情報共有にとても便利。 グループ化が出来るので、社内でもプロジェクトごとに管理できるし、社外においても会社毎(案件ごと)に分けられることがとても便利。
5.0点
Skypeを使い始めたきっかけは海外への電話代を削減するためでした。電話代は仮にメジャーな携帯会社や固定電話からの値段と比べると圧倒的な安さで、相手がSkypeに登録してくれれば海外への通話代を無料にすることも可能でした。オンラインMTGツールとしての認識はあまり浸透していませんが使える用途が多いアプリです。
4.0点
ファイル共有の最大サイズが小さいことや過去ログ検索ができないなどビジネスツールとしては弱い所もありますが、固定電話に通話ができたり、海外に格安で発信できたりと便利な通話ツールです。
4.0点
利用するまでは、各自がプライベートで利用していたLINEを業務で使うことも多かったので、公私混同し、業務上の機密情報が社外に漏れる不安があった。 本製品を導入することでその不安が無くなったのと、セキュリティに不安を持つ社員の利用が増えたこと、災害が当時多かったが、安否確認ツールとしても使えたのが良かった。
3.0点
価格が安く、サポートのオンラインミーティングもわかりやすく説明していただいた。 UIはシンプルでわかりやすく、スマートフォンの操作も簡単で社内教育が必要ないレベルです。
Chatworkの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
LINE WORKSの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Microsoft Teamsの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
directの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ChatLuckの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
WowTalkの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
TAGSの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Slackの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Skypeの資料
WowTalk for ビジネスプラスの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
情報なし
1人
情報なし
1人
情報なし
1人
情報なし
5人
情報なし
30人
情報なし
30人
情報なし
1人
情報なし
情報なし
10人
情報なし
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
情報なし
3ヶ月
情報なし
情報なし
1年
情報なし
情報なし
1年
情報なし