CTIのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

List Navigator.

カイクラ

SimpleConnect

UNIVOICE

CT-e1/SaaS

pickupon

Comdesk Lead

MiiTel

Ever Automation

Zendesk

0
円(税抜)~
情報なし
161,000
円(税抜)~
情報なし
1,980
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
300,000
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
3,000
円(税抜)~
情報なし
21,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
1,980
円(税抜)~
情報なし
1,200
円(税抜)~
情報なし
(月)
10,000
円(税抜)~
情報なし
6,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
6,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
5,980
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
4,500
円(税抜)~
情報なし
21,000
円(税抜)~
情報なし
1,980
円(税抜)~
情報なし
1,200
円(税抜)~
情報なし
情報なし
6,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4.0点
List Navigator.は自社回線とそれに合わせたシステム設計によって高い通話品質が保たれているのでオペレーター側はもちろん顧客にも嫌な思いをさせることがなかった。オペレーターは通話の録音と内容分析で次にかける電話の質を上げることができる。当時は管理者がオフィスにいないことが多かったのだが、必要であれば電話転送機能で外出中の管理者へ電話をつなげるのが便利だった。
4.0点
5名ほどの小規模コールセンターにアウトバウンド機能として導入されました。通話はリアルタイムでモニタリングされ、何かあればささやき機能で上司が状況に合わせた対応を指示してくれるのでテレアポ初心者にも優しい環境ができます。
4.0点
電話番号にお客様会社名・担当者名と自社担当者名を登録することができるため、着信時に取次がスムーズになる。 また、登録されていない電話番号であっても担当者が把握していれば声掛けによって解決できる場面が増える。 一目見てこれらが分かるのが非常に便利。
4.0点
得意先や新規で商談中の相手、クレームの多い電話番号などそれぞれ登録しておくことで着電時に発信元の名前やそれまでに対応履歴などの情報がポップアップ表示されます。全通話録音や文字起こしにも対応しており機能性が高いです。
4.0点
コールセンターといえば大部屋に交換機や各受話器がズラリと並んでいるイメージでしたがSimpleConnectを利用すればパソコンがコールセンターの受話器兼交換機になります。コールセンターの機能としては自動対応や顧客情報管理、対応オペレーター自動振り分けなど実務に十分です。
まだ口コミはありません
5.0点
デバイスフリーなのでデバイスを気にする必要がなくて良いです。現在使っている番号をそのまま引き継げますし、音質が低下するような問題も起きませんでした。導入までは3週間ほどかかりました。
5点
このシステムのすごさは、文字で表現しにくいですが、とにかくよく考えられている、ということに尽きます。例えば、「携帯電話を内線化する」ということを、外部の人には全く感づかせることなくやってのける。誰からの電話なのかを、どんな環境でも通知できる。電話システムはあまりにも普段の生活に溶け込んでしまっていて、環境を変化させるとユーザのクレームを生みます。しかし、このシステムを入れた時だけは、使用方法の問い合わせがあっただけで、クレームは来ませんでした。これはすごいことです。多機能すぎて使いきれてないような気もするので、活用事例をユーザー間で共有したい。
5.0点
コールセンターに求められる基本機能はもちろん、高い拡張性と柔軟性もあります。複数拠点でコールセンター業務を行う際にも活躍してくれるので自由度は高く、セキュリティもしっかりしているので気になる点はありません。
4.0点
CT-e1/SaaSでは、コールセンター業務に必要な設備をクラウドで一括導入できます。コールセンターとしての電話回線の選別など、今ある事務所設備を発展させて業務にあたることができます。
5.0点
営業電話の内容を録音とテキスト形式で記録に残すことが可能です。AIが重要な部分を切り抜いてくれるので、最初から最後まで全部振り返る必要はないです。導入後はすぐに運用できるので1週間、1ヶ月待つ必要はありません。
まだ口コミはありません
5.0点
スマートフォンから顧客への架電ができるので、オペレーターは場所を選ばずテレアポ業務を行うことが可能になる。また、一定の理由から電話をかけてはならない番号を設定しておくことで誤発信やそれに伴うトラブルを避けることができる。
5.0点
ComdeskLeadは通話の料金が定額である事が良い。光回線なので音声がクリアで聞き取りやすい。混線の際も影響をあまり受けなかったです。また080発信が可能な点と データ管理ができる点も良い。
5.0点
・録音されるということで、コールセンターメンバーに意識が格段に上がる ・録音だけではなく、会話の文字起こし、適切なコミュニケーションができているのか、なども可視化されるので、セルフコーチングが進む ・良いコール、改善するべきコールなどを朝会などで広めることができ、底上げにつながる
3.0点
テレアポなどの電話業務が多い場合に、結果にコミットしている人の営業トークや喋り方、話の進め方などを共有できることころがとてもよい機能で活用できるポイントだったため。
5.0点
オートコール機能を顧客へのマーケティングとして利用していますが人間による手動の架電に比べて架電数が圧倒的に多いです。 顧客によって再架電することがありますが、事前に予定を設定することによってリマインダー通知が表示されるので再架電漏れが防止できます。
まだ口コミはありません
4.0点
メール・Chat・Webフォーム・電話からのお問い合わせを一元管理できるため、カスタマーサービス業務が効率的になり、お客様や社員にストレスを感じることなくシームレスなご案内・対応をすることが出来たため。またそれにより副産物として以前より電話での対応も減り、当社側の業務効率化に寄与してくれました。
3.0点
比較的安価、かつ安定した動作で質問対応の仕組みを構築できる。 また、FAQサイトもかんたんに構築することができる。 一方で、サポートの対応が非常に遅く、かつサービス全体が英語中心のため、英語が苦手な方には注意が必要かもしれない。
List Navigator.の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
カイクラの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SimpleConnectの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
UNIVOICEの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
CT-e1/SaaSの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
pickuponの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Comdesk Leadの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
MiiTelの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Ever Automationの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Zendeskの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1人
情報なし
1人
情報なし
1人
情報なし
1人
情報なし
1人
情報なし
1人
情報なし
5人
情報なし
1人
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1年
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
1ヶ月
情報なし
1ヶ月
情報なし
1年
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
情報なし