FAQシステムのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

Tayori

Helpfeel

Zendesk

KotaMi

オトコル

AI-FAQボット

OfficeBot

helpmeee!KEIKO

0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
330,000
円(税抜)~
情報なし
50,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
350,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
3,300
円(税抜)~
情報なし
(月)
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
55,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
29,800
円(税抜)~
情報なし
(月)
30,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
150,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
100,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
55,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
55,000
円(税抜)~
情報なし
29,800
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4.0点
サイトを運営するにあたり問い合わせ業務を効率化できるサービスでFAQ、チャットフォームや問い合わせフォームを作成できますl無料プランで機能を試すことができますが多くのサイトを運営するなら最上級のプラン一択になってしまうので料金プランの選択肢的には狭いですがツールとしては利用価値が高いです。
4.0点
無料でも使える。FAQサイトを簡単に作成することができた。 分かりやすいUIでFAQのページを一つずつ作ることができる。 ただ、FAQの階層を深く作れなかったため利用は途中でやめた。
4.0点
これからwikiを導入しようと検討している場合は、良いと思う。Helpfeelの機能として、wikiのツールであるScrapboxのページを参照して引っ張ってくる作りである為、まずはScrapboxに書くという文化の醸成から始める必要がある。根付けば、かなり高頻度で更新されるFAQツールとして活躍してくれると思う。
5.0点
一般的なFAQシステムとは異なる検索方法が採用されており、従来利用していたシステムと比べて質問のヒット率が平均して30%ほど上がり、検索能力が非常に高いと感じています。質問に対する応答にはスピード感がありFAQ利用中のサイト離脱率が減りました。
5.0点
FAQサイトの中に、質問をする場所があることで そこからお問合せしてくれるお客様が増え、タスク管理の一元化にもつながりました。 また、誰が対応するかを割り振ることができるため、カスタマーサポートチームとしては大変重宝しています。
1.0点
非常に使いづらいです。ナビゲートもしづらく、エラー画面がよくでますが、エラーの原因がわからないので、いちいちサポートに問い合わせる必要がある。また、サポートの返信がおそい(数時間待つのは当たり前)で、業務が止まります。
4.0点
部門内のことで分からないことがあったら検索をして、それでも解消できなければ問合せをして、という一連の流れで日々利用しています。問合せ内容はきちんと蓄積されるので、あれ何だったかな?という時にも素早く探すことができています。
4.0点
新入社員が増える度に、似たような質問や問い合わせを受けることが多く困っていましたが、サービスを導入することによって、改善されているように感じます。 デザインも見やすく、操作性も良く扱いやすい印象です。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
4.0点
直接的に利益を生み出すわけではない問い合わせ業務に対して、いかに解決コストを下げるかがテーマになり導入しました。 スマートフォンを駆使して、何か分からない事があればまずは検索して自己解決に努める若年層を多く持つ事業者は効果を体感しやすいと思います。
5.0点
AI-FAQボットの強みは、チャット画面の画面設計も自由にカスタマイズできる点や質問内容の登録もエクセルに入力するだけで手軽に質問情報を登録することができる点は、非常にユーザーフレンドリーに作られていると感じました。
4.0点
取りまとめの部署のため、交換手からの電話が回ってくることもあり、事務タスクをしている時に手を止めて他の部署に回したりするなど時間が取られていました。AI botの導入により、定型の内容は自動的に返答してもらえるようになったことがよかったです。
4.0点
ユーザーインターフェースがシンプルで使いやすくExcelと連携して使えるので非常に便利です。データの修正や登録も簡単で手軽に使えます。AIが自動学習してくれるので最初のFAQの設定だけで使える。
4.0点
FAQシステムとして優れていると感じるのはやはり検索性能が高いという点です。検索する時のワードは利用者によって必ずしも一致するわけではありませんが、Helpfeel Backdeskでは単語が異なっていても欲しい答えが見つかっている可能性がかなり高く感じます。
4.0点
社内FAQシステムはHelpfeel以外も利用した事がありますが、Helpfeelは初期設定時に必須の入力作業が少なくて楽でした。社内全体での問い合わせが減った事で効率的に他の業務を進められるようになりました。
4.0点
【役立った機能面】 - チケット管理機能でアサイン漏れの解消 - 専門家への問い合わせ窓口 - 自動応答AIによる対応が必要な問い合わせ数の削減 【操作性・他のサービスとの連携面】 - 数多くのツールと連携できるものではないが、導入しているSlackと連携できるため問題なし 【営業担当やサポート面】 - 丁寧。真摯に対応いただけた。 【価格面(他社と比較したとき)】 - 安い
5.0点
初めてチャットボットを導入しました。 最初から汎用的な情報数が多くて助かります。 比較的シンプルな見た目でメンテナンスもしやすいのが良いと思います。 社内からも使いやすいという声を複数頂いています。
5.0点
株式会社NTTドコモ様が提供するサービスなだけあって、システムの使い勝手、信頼性など満足のいく点が多いですが、特にサポート面が手厚く、申込からサービス開始まで迅速に行うことができました。
5.0点
比較的簡単にチャットボットを作成でき、UIも様々なものから選択可能。 オプションメニューが充実しているので、導入からメンテナンスまですべて任せることができる。 費用についても高すぎず安すぎず丁度よい価格帯。
Tayoriの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Helpfeelの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Zendeskの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
KotaMiの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
オトコルの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
AI-FAQボットの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
OfficeBotの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Helpfeel Back Officeの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
helpmeee!KEIKOの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ドコモAIエージェントAPI チャットボットの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1人
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1人
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
0人
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
3ヶ月
情報なし
1年
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし