コールセンターシステム(インバウンド)のサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
SFA連携
ささやき機能
全通話録音
自動応答機能
着信拒否機能
スクリーンポップアップ機能
コールフロー設定
オペレーター分散機能
分析機能
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

MiiTel

InfiniTalk

CT-e1/SaaS

楽テル

カイクラ

Zendesk

T-Macss

0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
300,000
円(税抜)~
情報なし
150,000
円(税抜)~
情報なし
161,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
50,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
(月)
5,980
円(税抜)~
情報なし
(月)
35,800
円(税抜)~
情報なし
(月)
10,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
21,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
7,480
円(税抜)~
情報なし
情報なし
70,000
円(税抜)~
情報なし
21,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
9,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
5.0点
ケータイや社用電話でのアウトバウンド営業を行なっていたが、ミーテルの導入によって、全ての経験が社員教育と分析に使われるようになった。着電履歴が全て残り、数値化と音声の振り返りが可能なので、すぐに次の電話で改善が出来るようになって助かった。
5.0点
MiiTelの良い所は、顧客対応の品質向上のための仕組みが揃っていることです。トップ営業モデルを軸に、スキルアップするためのAIが搭載され、解析されたテクニックを共有することができます。
4.0点
InfiniTalkはシステムだけの会社ではありません。コールセンター設備を設けても実際働く人間がいなければ回らないのです。クラウドで運用し、会社の電話番号はそのままのInfiniTalkコールセンター代行で、会社は製造に徹することができます。
4.0点
値段と機能を考えるとほぼ満点の費用対効果だと思いますが、各種集計データのみ少し使いづらいので4点とさせていただきました。高くて良いコールセンターシステムはいくらでもあるかと思いますが、安くて使い勝手が良いコールセンターシステムです。
4.0点
CT-e1/SaaSでは、コールセンター業務に必要な設備をクラウドで一括導入できます。コールセンターとしての電話回線の選別など、今ある事務所設備を発展させて業務にあたることができます。
3.0点
マネジメントしやすいサービス。稼働状況が一目でわかるモニタリングサービスやオペレーターへ自動的に着信を振り分けられる機能が充実。 またカスタマイズや設定変更が無料なので組織に合せた変更が可能な点が重宝する。
5.0点
比較してみると、他に比べて安く導入がしやすい価格帯なのが良いです。 CTIを導入したいが、金額面で諦めていた方には非常に良いサービスと思います。 使い勝手もよく、一般的な機能は全て備わっており、今のところ不便を感じた事がないため、評価を5と致しました。
4.0点
楽テルでは、クラウドコールセンターを基本として、事務作業の簡略化が可能になっています。データベースを扱う際も、従来のExelデータではなく、クラウド上に入れ込み、メール対応を迅速に行うことができます。
4.0点
とくかく受電時の無駄作業がなくなります。これによって電話を取ってくれるメンバーの業務効率はものすごく改善できますし、電話をかけてきた相手を無駄に待たせることがなくなり、無駄なストレスがなくなります。 また業務時間外にかかってきた電話もすべて履歴が残るので、翌日に折り返し電話をすることで顧客とのやり取りのスピードが上がります。
5.0点
カイクラでの仕事評価は上がってきます。まずお客様をお待たせしない仕組みがあり、ポップアップ画面での前対応の引継ぎもできます。顧客応対の効率化がカイクラでは可能です。
5.0点
社内ツールに対してのマニュアルと問い合わせや利用に際しての申請などが1つのサイトで可能になり、とても便利です。 ”コミュニティ”で問い合わせを実施することで、内容を検索することができ質問する前に自己解決することができるようになりました。
4.0点
カスタマーからの問い合わせを「チケット」として管理する方法に導入当初は戸惑いもありましたが、慣れれば使いやすく、問い合わせの状況が変化した際入力せずとも自動で更新されていくので入力作業も減ります。
5.0点
MediaCalls(メディアコールズ)のコールセンターシステムは受電側の人員に応じて対応が可能になります。また管理画面からの変更も非常に分かりやすく、センターの人員に非常に優しい設計になっています。
5.0点
フルクラウド型、ハーフクラウド型、オンプレミス型からニーズに合わせて選択できるのが強みです。操作性は高く管理画面も見やすいのでマニュアルがなくても使いこなせます。
4.0点
T-Macssを導入するには、クラウドを会社設備として導入する形になります。スマートフォンでの電話営業も可能になりますので、PC端末で足らない場合は活用できます。録音機能があるので顧客対応がしっかりしてきます。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
4.0点
顧客ごとにデータを蓄積し、架電前にチェックすることで担当者が変わっても最適な対応ができます。また、セールスコールとカスタマーサポートの両方を同時に管理できるので各担当でシームレスに顧客情報を共有することができるようになります。
5.0点
顧客対応を一元化することで人的コストの削減とパフォーマンスの最大化が可能になります。どこからでも顧客をサポートできるのでリモートワークに対応できますし、個別化したやり取りで顧客の満足度を上げます。
MiiTelの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
InfiniTalkの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
CT-e1/SaaSの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
楽テルの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
カイクラの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Zendeskの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
MediaCalls(メディアコールズ)の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
T-Macssの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ぶっかく自動応答の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Salesforce Service Cloudの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1人
情報なし
5人
情報なし
1人
情報なし
情報なし
1人
情報なし
情報なし
1人
情報なし
情報なし
情報なし
1人
情報なし
1ヶ月
情報なし
1ヶ月
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
1年
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1年
情報なし