インシデント管理ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間
情報なし
50,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
35,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
35,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4点
トライアル版を試してみたが、使いやすさやユーザーインターフェースの見やすさはかなりのものであった。また、設定が簡単ですぐに使用できる点も評価できる。他にも、外部アプリとの連携にも力を入れており、様々なところからサービスデスクとしてのパフォーマンスを強化できると思う。トライアル期間が終わっても使用を続けたいと思う。外部アプリとの連携用にマーケットプレイスが公開されているが、すべて英語で記述されているので人によってはその点注意すべきかもしれない(尤も、推奨ブラウザがGoogleChromeなので翻訳機能を使えば済むかもしれないが…)。
4点
ナレッジベース用に導入してみましたが,他の機能も使いやすいと思いました。ナレッジベースで対応できない問題もチケット化することで見失ったりすっぽかしたりしないよう管理することができ,その問題が解決すれば一つの事例としてナレッジベースに掲載することもできます。それによってより良いナレッジベースを作ることができ,結果的に顧客満足度を上げることにつながっている気がします。
4.0点
新着の問い合わせや継続対応中など顧客対応の状況によりメールがフォルダ分けされるので今対応すべき案件が把握しやすい。メールボックスが共有されたことで単純な案件であれば誰でも即時対応可能とし、イレギュラーな案件は責任者に回す体制が構築できた。
4.0点
メディア運営の問い合わせ、通報処理を管理するために使用しています。 「新着(未対応メール)」、「返信処理中」、「対応完了(送信済み)」などステータスが簡単に選べ、対応者もわかるので、数人でCS管理する場合になくてはならないツールになっています。一括送信の手順が最初はわからなかったですが、サポートもしっかりしています。 ログイン、管理者追加に対するサポートで問い合わせたときも対応は早かったです。
Freshdesk Support Deskの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
メールディーラーの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1人
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
3ヶ月
情報なし