MAツール(BtoB)の口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

MA / Marketing Automation(マーケティングオートメーション)とは、メールの開封状況やWebサイトへの訪問履歴などを基にした顧客のスコアリング、スコアリングに応じたキャンペーンの実施などを自動化し、企業のマーケティングを効率化するシステムです。スコアリングの精度向上必要なデータをインプットするための連携が重要であり、人工知能を活用したキャンペーンの高度化がトレンドのMAツールの、レビュー数・満足度のランキングを紹介します。
続きを読む
MAツール(BtoB)のサービス資料18件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Cloud CMO
SATORI
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)
Kairos3
b→dash
マーケティングオートメーション MAJIN
BowNow by Cloud CIRCUS

MAツール(BtoB)のランキング

条件を指定して絞り込む
23
並び順
HubSpot
インバウンドマーケティングの学習・実践、営業活動の効率化、コンテンツ管理などを統合した、ビジネス成長を後押しするプラットフォームです。世界100か国以上・64,500社に選ばれています。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)
Account Engagementはセールスフォース・ジャパンが提供するMAツールです。見込み顧客のスコアリング(評価)~ナーチャリング(育成)を簡易に、高度に実現します。
料金プラン
150,000円-/月
Adobe Marketo Engage
Adobe Marketo Engageは全世界で5000以上の導入実績を持つMA(マーケティングオートメーション)です。リード管理、顧客体験の自動化、マルチチャネルでのアプローチ、効果測定など、様々な側面から収益増加に貢献します。
料金プラン
-
b→dash
b→dashは、ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、全てのビジネスデータを、ノーコードで一元的に取得・統合・活用・分析することが可能かつ、ツール機能をAll in oneで搭載しているデータマーケティングプラットフォームです。
料金プラン
-
SATORI
「 SATORI」は“見込み顧客を増やす”という特長・強みを持ったMAツールです。個人情報を取得できている“実名”状態の見込み顧客はもちろん、自社のウェブサイトに訪問してくれている“匿名”状態の見込み顧客のデータを管理・活用が可能です。これにより、圧倒的な見込み顧客母集団を形成し、それぞれの興味関心度に合わせて適切なコミュニケーションの実現により、質のよい案件を継続的に創出する仕組みとしてご活用いただけます。
料金プラン
148,000円-/月
Kairos3
Kairos3(カイロス3)は、クラウド型のマーケティングオートメーション(MA)サービスです。
料金プラン
15,000円-/月
マーケティングオートメーション MAJIN
広告や顧客、外部のデータを取得・統合し可視化、分析が可能です。 データを基にcookie状態の匿名顧客から、実名化した見込顧客までコミュニケーションが可能。 シンプルなUIと施策立案を含めたサポート体制で、従来のMAツールの課題を解決する国産のマーケティングオートメーションです。
料金プラン
100,000円-/月
無料トライアルあり
BowNow by Cloud CIRCUS
営業活動を効率化し商談数を最大化する、中小企業が本当に使えるMA(マーケティングオートメーション)ツールです。
料金プラン
0円-/月
Cloud CMO
Cloud CMO(クラウド・シーエムオー)は、企業のホームページ制作やコンテンツ更新、アクセス解析、見込み顧客の「集客・獲得・育成」の3ステップを1つのツールで実現。集客だけではなく、成果につながるWebマーケティングの運用を強力にサポートします。
料金プラン
80,000円-/月
無料トライアルあり
サスケLead
リードデータをサスケLeadで一元管理。インサイドセールスで運用するリードデータの名寄せ・重複チェック機能の充実により、整理されたデータベースが構築できることが特徴です。
料金プラン
-
Oracle Eloqua
デジタル・マーケティングの複雑さを克服・解消!B2Bマーケティングの世界標準「Oracle Eloqua」
料金プラン
-
ホットプロファイル
「名刺管理×営業支援SFA×見込み客発掘」を統合したセールスDX推進ツールです。あらゆる活動をデジタル化し統合企業データベースを自動作成。顧客反応(Webアクセスやメール開封)が分かり、データフル活用の効果的な営業活動を実現可能にします。
料金プラン
75,000円-/月
Oracle Marketing Cloud
Oracle Marketing Cloud(オラクルマーケティングクラウド)は、クラウド型マーケティングプラットフォームです。
料金プラン
-
GoQMieruca
【20日間無料お試し実施中】マーケティングの各プロセスにおけるアクションを自動化する仕組み・プラットフォームです。あなたのサイトへ「いつ」「だれが」アクセスして「どのページ」を「どのくらい」閲覧しているのかを「見える化」します。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Campaign Studio(キャンペーンスタジオ)
Campaign Studioは、新規リード獲得から良質な商談を創出するための、顧客育成に必要な機能が豊富にそろっています。ドラッグ&ドロップで簡単に作れるシナリオ機能が人気です。
料金プラン
-
無料トライアルあり
BALES CLOUD
BALES CLOUDは営業活動を効率化するマーケティング&インサイドセールスの最適化を実現するサービスです。直観的な操作で、フォーム作成、メール配信からリードに対する行動データの蓄積・可視化・分析を行うことができます。
料金プラン
-
いえらぶ顧客管理システム
いえらぶ顧客管理は、不動産専門の顧客管理システムで、 顧客情報の管理と追客を効率化するための機能が詰まったパッケージです。 いえらぶ顧客管理システムによって、手厚い顧客対応を実現し、 データ分析機能によって売上・利益拡大に貢献します。
料金プラン
-
Dr.Marketing
Dr.Marketingは、豊富なテンプレートを利用し、すぐに使い始めることができるマーケティングオートメーションツールです。
料金プラン
30,000円-/月
無料トライアルあり
HCL Campaign
HCL Campaignは、顧客一人ひとりに最適なキャンペーンを実施可能なキャンペーン管理ソリューションです。
料金プラン
-
hachidori plus
hachidoriは、LINE社の公認パートナーです。LINEを使ったMA、CRM領域で多数の実績を持ちます。LINEを使って「CPAを下げたい」「LTVを向上させたい」そんなKPIをお持ちのマーケターの皆様、ぜひ一度ご相談ください。
料金プラン
-
MAツール(BtoB)のサービス資料18件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Cloud CMO
SATORI
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)
Kairos3
b→dash
マーケティングオートメーション MAJIN
BowNow by Cloud CIRCUS
MAツール(BtoB)のお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではLPOツールEFOツールメール配信システムSMS送信サービス動画配信システムコンテンツマーケティングツールCMS・WEB制作ソフトスマホアプリ制作ツールアクセス解析ツールSEOツールNPSデジタルサイネージリードジェネレーションABMメールリレーサービスインフルエンサーマーケティングLTV分析まで含めた一連のMAツール(BtoB)のサービスについてまとめています。

MAツール(BtoB)の基礎知識

1
マーケティングオートメーションツール(MAツール)とは
マーケティングオートメーションツール(MAツール)とは、マーケティングに関するプロセスを自動化するというコンセプトのツールです。
大衆に対して画一的な方法でマーケティングを行うマスマーケティングとは異なり、興味や関心が異なる顧客それぞれに対して、それぞれ異なるマーケティング方法を採るデジタルマーケティングをサポートするものです。見込み顧客を選別し、育成するところまでをITによって自動化します。
具体的にはITにより、顧客の興味・関心を把握し、その興味・関心に合った商品・サービスをレコメンドし、購買行動までつなげます。興味・関心の高い消費者に対して効率的に購買を促すことが可能です。
2
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の基本性能
・リード管理・セグメンテーション
・Webランディングページ・登録フォーム
・メール配信機能
・SNS連携
・キャンペーンや施策の管理
・レポート作成・分析
マーケティングオートメーションツール(MAツール)はマーケティング活動の効率化をサポートするための機能が搭載されています。その中でもリード管理がメインの機能と言うことが出来ます。そもそもリードとは自社の商品やサービスに興味・関心を持つ消費者を指します。マーケティング活動ではこのリードを顧客に転換させることが重要です。そのためにリードごとの自社サイト上での行動履歴などを適切に把握・管理することで、消費者の興味・関心に沿ったマーケティング活動を行うことが可能になります。
セグメンテーション別にメールを送信したり、消費者の行動に応じてメールを送信するなどのメールマーケティングも行うことが出来ます。 現在、リード獲得のための大きな手段となったSNSとの連携も可能です。
また、自社で行ったキャンペーンや施策の状況・結果を管理することが出来ます。また、それらの結果などに関するレポートを作成することができ、分析も可能です。 DMPというデータを蓄積・セグメント化するシステムと相性が良く、DMPと併用することで、マーケティングオートメーションツールを効率的に運用することが出来ます。
3
マーケティングオートメーションツール(MAツール)が必要とされている理由
・営業効率の向上
・見込み顧客への効率的アプローチ
インターネットが普及するまでは、BtoBのマーケティング活動において、営業マンが見込み顧客に定期的に営業に行っていました。しかし、これでは営業マンの力量に頼る部分が大きく、社内全体の営業効率を上げるのは難しいという問題がありました。しかし、インターネットが普及してマーケティングの在り方が変化しました。
見込み顧客は営業がなくとも、インターネット上で資料をダウンロードできるようになり、競合他社との製品・サービス比較も簡単にできるようになりました。この結果、他社との競争が激しくなりました。企業はインターネット上の見込み顧客に効率的にアプローチする必要が出てきました。このような時代だからこそ、Webマーケティングを自動化するマーケティングオートメーションツール(MAツール)は必要とされます。
また、マーケティングオートメーションツールを導入前は、営業リストを作成しても、興味・関心が分からなかったので、闇雲に営業を仕掛けることしか出来ず、営業漏れも多かったようです。マーケティングオートメーションツールを導入することによって、興味・関心に応じて、効率的に営業を行うことが可能になりました。
4
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入によるメリット
・収益性の向上
・キャンペーンの効果向上
・業務負担の軽減
・マーケティング担当者の人材不足の補てん
・新しいリード育成チャンネルが手に入る
見込み顧客の行動履歴を管理・分析することが出来ます。このような行動履歴を分析することで、今まで見えなかった見込み客のニーズが見えてきます。ニーズが分かれば、効果的な営業活動が可能となり、売り上げにつなげやすくなります。また、見込み顧客のニーズを分析し、その結果を反映したキャンペーンを行えば、キャンペーンによる効果を上げることができます。
また、マーケティング業務をサポートするための機能が搭載されており、細かい作業を必要とするマーケティング業務を効率化することが出来ます。煩雑な作業が多いために、人材不足に陥りがちなマーケティング部門の負担軽減にもつながります。
見込み顧客の獲得方法に行き詰っている方も多いのではないでしょうか。マーケティングオートメーションツールの導入によって、見込み顧客のニーズに合せて、適切なアプロ―チを行い、見込み顧客を効果的・効率的に育成できるようになります。
5
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入によるデメリット
・機能が複雑で、ユーザーのスキルが追い付かない
・効果が出るまでの時間を要する
マーケティングオートメーションツール(MAツール)を導入すると、ユーザーのスキルがマーケティングオートメーションツールの機能に追いつかないという状況に陥りがちです。中でも、よく取りざたされるのはスコアリングです。顧客を正しくセグメントするために重要な作業ですが、どのようにスコアをつけていけばいいのか分からないことは多いようです。
即効性は低いと言えます。マーケティング活動は、計画と改善を繰り返しながら行うものですが、マーケティングオートメーションツールを導入してもそこは変わりません。ツールはマーケティング活動を効率化するものの、マーケティング自体を自動化するわけではありません。よって、ユーザーの能力は問われますし、効果が出るまでに時間もかかります。
6
マーケティングオートメーションツール(MAツール)を導入する際に比較するべきポイント
・自社が必要とする機能を搭載しているか
・簡単に操作できるか
・長期的に行動履歴を管理できるか
・サポート体制が充実しているかどうか
・初期費用が抑えられるかどうか
当然のことですが、どのようなツールを導入する際でも、そのツールにどのような機能を求めて、どのような結果を出したいのかを社内で決めることは効率的運用のためには避けられません。社内で求める機能を搭載しているか確かめたうえで、費用面を考慮しましょう。
そして、マーケティングオートメーションツールは、マーケティング活動全般において、営業部門などが利用することになるツールなので、実際に利用するユーザーにとって操作しやすいものでなくてはなりません。そのために選定の際には営業部門など実際の利用者が主導するべきでしょう。
行動履歴の管理が長期間出来るかどうかも重要なポイントです。リード管理が中枢機能とご紹介しましたが、その管理を長期間行えることが重要です。BtoBのビジネスにおいては取引や交渉が長期間行われますが、その期間にもマーケティング施策を打ち続けなければなりません。企業ごとに長期間、情報を管理できるということは重要です。
7
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・コンテンツ量が十分でない
・豊富な機能に振り回されて終わる
・スコアリングのブラックボックス化
・スコアリングの基準のの間違い
マーケティングオートメーションツール(MAツール)は、機能が豊富でどのツールを利用するべきか迷う方も多いかと思います。もし、たくさんの機能を搭載しているほうがいいだろうと考え、導入してしまったら、全てを使いこなせず、むしろ運用に無駄が生じることになります。社内でマーケティングオートメーションツールに対して求める機能を検討することが重要です。
マーケティングオートメーションツールはリード管理して、セグメント別に興味・関心を持ってもらえるようなコンテンツを配信して、見込み顧客を育てるツールです。そのため、自社に適量のコンテンツが蓄積されていなければ、適切なコンテンツを配布することすらできません。導入前に自社のコンテンツ量を確認する必要があります。
マーケティングオートメーションツールにおいて、リードの興味・関心度を示すスコアリングは非常に重要です。スコアリングが適切でないと、興味・関心の高い見込み顧客に効率的にアプローチすることが出来ません。スコアリングも確認必須の項目です。

MAツール(BtoB)の口コミ

GoQMierucaの口コミ
匿名のユーザー
コンサルタント
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2022/08/14
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています

訪問者の動向やニーズを徹底的に可視化

訪問者の動向やニーズを徹底的に可視化することで、WEBサイトやマーケティングの課題を見つけることができます。顧客リストを作成して、優先順位を決めれば顧客アプローチの効果もアップします。

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

自社サイトの訪問者を数字だけで見るのではなく、詳細まで可視化するためにGoQMierucaを導入しました。「誰がどのページをどのくらい見たのか」まで分かるので見込み度の高い顧客を選別できますし、顧客のニーズと結び付けた関連度の高いアプローチが可能になりました。
サービスの5段階評価
使いやすさ
4
お役立ち度
5
カスタマイズ性
4
機能満足度
5
サービスの安定性
5
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
小売/流通/商社系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:31件〜50件
投稿日:2022/08/08
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています

DX化にお勧めのツール

他のSalesforceの連携でより使いやすくなります。データ連携はもちろんの事ですが、Salesforceのレポート機能を使う事が出来る点が良い。メール作成、フォーム作成、オートメーション機能などMAに必要な機能はほとんど揃っています。  

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

イベントを行った時のデータ測定や、メルマガのプロモーション効果の数値化が出来るようになりました。そのスコアリングにより特定リードに向けたアプローチが可能となったので、営業活動の効率化や顧客獲得率の上昇に役立っています。
サービスの5段階評価
使いやすさ
5
お役立ち度
5
カスタマイズ性
3
機能満足度
4
サービスの安定性
5
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。