FileforceとAmazon Web Serviceのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
国内データセンター
転送上限5GB以上
容量無制限
コールセンター受付
サポート体制
マルチデバイス
バックアップ
通信経路の暗号化
ワンタイムパス
ファイル暗号化(保存時)
ログ機能
アクセス制限
ユーザ個別権限
アクセス統計・解析
ウイルス対策
ファイルアップロード
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
900
円(税抜)~
情報なし
情報なし
900
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4.0点
クラウドのFileforceを利用することで、必要十分なディスク容量が確保でき、日々の運用管理はほぼ必要なくなりました。オンプレミス時代の機能を受け継ぎながら、モダンなインターフェースに変わったことでシームレスに移行することができました。
5.0点
場所に捉われることなく安全にファイル管理、ファイル共有を可能にします。全プラン初期費用は無料ですし、企業規模や用途に応じてプランを選べます。ストレージ容量を無駄なく使えるのもメリットです。
5.0点
今までサーバーが社内にありましたが、全社的にファイル共有サーバーやサービスを提供しているサーバーをAWSに切り替えました。切り替え後も切り替えたのがわからないくらい今まで通り使えています。そしてコストが安くなるそうなのでユーザー的には問題ありません。
5.0点
Amazon Web Services(AWS)はクラウドとして世界一の規模を誇っており、会社内はもちろん他企業との間のサービス開発でもスムーズに進めることができます。VPSからIoTや機械学習まで、ITと呼ばれるものは一通り揃っています。また、スケールメリットを生かし利用料金を安くしているので、時にはオンプレミスで運用するよりも、費用削減の面でも非常に助かっています。
Fileforceの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Amazon Web Serviceの資料
10人
情報なし
情報なし
1年
情報なし
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。