PaaSのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
利用条件
5点
Salesforce の取引先, 取引先責任者オブジェクトを使用する権限が含まれ、カスタムオブジェクトにて自社開発した業務を使用できる点。 Salesforce を営業部門では商談管理と、カスタムオブジェクト上で開発した業務を使用している場合、商談を参照しないが、カスタムオブジェクトでの開発した業務のみを使用する社内ユーザーにSalesforce platform licenseをアサインできる。 Salescloudに比較してLicense料金が数分の一で安価。 「取引先」「取引先責任者」はSales Cloud License User と共有できるので、License費用を抑えて、カスタムオブジェクトで開発した業務を全社で活用できる。 Salesforce Platform user が、後から 商談や、リード、ケース といったSales Cloud Licenseではないと使用できない機能を使用する際には、アサインするlicenseを変更すれば、user にとっては移行も何もなく継続使用できる。Salesforce 社が、Licenseの名称をたびたび変更するので、Platform Licenseの範囲でどこまでできるのか、わかりづらい。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
日本語対応
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
日本語対応
情報なし
初期費用
3,000-
情報なし
利用料
(月)
3,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
Salesforce Platformの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Herokuの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし