安否確認システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間
200,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
100,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
100,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
48,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
11,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
6,800
円(税抜)~
情報なし
(月)
100,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
300
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
500
円(税抜)~
情報なし
11
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
300
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
3.0点
csvで取り込んだ番号リストに自動で発信してくれ、発信業務を自動化できるので効率化が可能です。 デメリットを上げると、発信時の番号が050番号になってしまうことです。 また、以前までは営業担当の方が臨機応変に対応して下さり、依頼するとすぐに設定構築して下さりましたが、その方が退職されてからはレスポンスが悪く、設定ミスも増えたので、自社で引き取り対応することにしました。
3.0点
営業担当のレスポンスが悪い 050番号のみしか利用ができない 既存のPBXに転送することができ、新規でPBXを購入する必要はない システム利用料は全体的に低コスト 利用しない月は最低料金のみ
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
4.0点
・震災時の安否確認は正確かつスピーディに行えます。 ・スマホアプリで安否の応答が行えます ・気象情報のお知らせも確認できます ・管理者画面へのアクセスも簡単で使いやすいです。
5.0点
以前はWebで使えなかったが、アプリのダウンロードが可能になってから格段に操作性が増した。誰でも直感的に操作が可能で、簡単に安否確認を行うことができる。シンプルでとても使いやすい。
4.0点
東北震災以降、BCP(事業継続計画) が問題視されLINEなどで防災訓練の度に安否確認を行っていた。 実際に災害があった場合には全国組織の場合地域ごとで災害地との距離で温度差が生じ連絡が遅くなる。 トヨクモは地域の被害状況に応じてメールが来るのでより現実的な安否確認となっている。
3.0点
改善点にも記載したが、出張や旅行で長距離移動中でもない限り同一災害(台風や広域豪雨)で時間経過と共に別地域で次々と災害に巻き込まれる事はないだろうから何度も回答を求められるのは頂けないのでこの様な評価とした。
5.0点
時間を取られがちな電話対応業務を自動化することで負担を大幅に減らすことができる。またクラウド型サービスなので数日で導入することも可能、AI技術の最先端の力を発揮したサービスである。
5.0点
高齢者がスマートフォンを扱えない時など、また電話連絡で対応できない時間帯など、AI音声で対応できるのは非常に楽です。ユーザーの使用感も確実に反映されますので安心です。
4.0点
タスク機能やコメントを装飾するタグの利用などトークを効率よく伝える機能が多く使っているうちに慣れるとコミュニケーション効率が飛躍的に上がっていることに気が付きます。スタンプのようなリアクションも便利で返事を出来ない時の仮の承認などの対応に大変良いと思います。
4.0点
チャットワークのおかげでスムーズに連絡を取れるようになりました。資料が共有できる点も便利です。操作性もシンプルでわかりやすくスマホを使える人ならすぐになれるところも好感が持てます。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
4.0点
関連法規のup date、社員教育の素材・テスト、情報セキュリティ事象の最新情報等が充実しており、ISMS事務局業務が、大幅に軽減できて便利です。カスタマイズ機能が、若干弱いですが、人手をかけにくい企業にとっては、助かります。
5.0点
クラウドサービスのため法令台帳など更新が必要な関連法令を追加することが容易であり、教育コンテンツを用意する必要がないため社内のISMS認証の運用負荷が低減できているため
telmeeの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Linkit Mapsの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Biz安否確認/一斉通報の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
トヨクモ安否確認サービス2の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
AI電話サービスの資料
Chatworkの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Solaポータルサービス(SPS)	の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Seculioの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
情報なし
10人
情報なし
1人
情報なし
50人
情報なし
情報なし
情報なし
1人
情報なし
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1年
情報なし