Sales Force AssistantとSalesforce Essentialsのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
名刺管理
ワークフロー
目標予算管理
商品管理
案件管理
訪問管理
ダッシュボード
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間
50,000
円(税抜)~
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
4,000
円(税抜)~
情報なし
3,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
3.0点
商談した客先の情報や、客先の担当者名の入力などを行い売上の管理を行う。 管理者側からすると部下を一括で管理できるので良いと思いますが、 管理される側からするとここまでガチガチにやられるとあんまりいい気分はしません。
4.0点
自社の使用状況や、ユーザーの管理ニーズに応じて自由にカスタマイズできること ハイパフォーマーの商談行動履歴が残り参考にできること まだ個々の細かなニーズに対応しきれていないが現状は可視化できより組織がまとまってきた
5.0点
小規模企業やスタートアップ向けに機能を絞った提案。Salesforce と聞くと、有名大企業が営業力強化を図るために全社導入するもの、という印象を持ちがちだが、Salesforce Essentials であれば導入コストは予測より下げられれる。
3.0点
当時、通信系の会社でエンジニアをしていた際に、BPOの企画でクライアントに勧奨しアカウント毎に3000円でイニシャルコスト、ランニングコストが安価になる事をおすすめしました。5段階中に3にした理由はチャットやメールの機能だけで CTIと言われるインターネット機能を利用した電話機能が外部ツールから利用不可な点では、CRMの統一感がなく、また クライアント毎の営業案件を終わる毎の納金が確認不可な点で3点。
Sales Force Assistantの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Salesforce Essentialsの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1人
情報なし
1人
情報なし
6ヶ月
情報なし
1年
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。