ファイル無害化ソリューション:SaniTOX

ファイル無害化ソリューション:SaniTOX

まだ評価はありません
最終更新日 2018-06-29

SaniTOXは、ファイル内の潜在的なセキュリティの脅威を根本的に除去して安全なファイルにする「ファイル無害化」ソリューションです。

サービス資料
4ページ目以降を閲覧するには...
同じカテゴリのサービス
ウイルス対策・不正アクセス対策の資料7件分を同時に請求できます

画面サンプル

NO IMAGE
NO IMAGE

説明

世界的に、日本は悪性メールとランサムウェア攻撃の主なターゲットとなっています。
2017年シマンテックが発表した資料によると、日本は米国に次いでランサムウェアが多く検出される国でした。これは、カナダやイタリアに比べ2倍も高い数値であり、イギリスに比べて3倍も高い数値です。

攻撃者は、悪質なコードをダウンロードするか実行することを目的と絶え間ない研究を行っています。その結果、過去には、ランダムに攻撃対象を選定して、スパムメールを介してマルウェアを配布する形式を取りましたが、最近では、攻撃対象のメールのパターンや社会関係などの情報を収集ベースのソーシャルエンジニアリング手法と従来のセキュリティソリューションのリスク検出機能を回避する技術を融合して、攻撃の成功率を高めており、被害の規模を増加させています。

文書ベースの攻撃は、MS Office、PDFなどのアプリケーションソフトウェアで提供されるアクティブコンテンツを利用して巧みにマルウェアを配布するため、一般的なセキュリティの脅威よりも対応することは困難です。したがって、既存のセキュリティソリューションを補完することができる次世代マルウェア対応技術として、コンテンツマルウェア無害化であるCDR技術が注目されています。

CDRは、Content Disarm&Reconstructionの略で、ファイル内のアクティブコンテンツを根本的に除去した後、組換えて安全なファイルを提供するコンテンツ無害化技術です。グローバル調査会社のガートナーでも「添付ファイル形式の攻撃に対するソリューション」としてCDRを推奨しています。

CDR技術は、メール、Webサーバー、ファイルサーバー、およびストレージデバイスなど、文書が流通することができるすべての流入経路におけるセキュリティの脅威に対して、ファイルフォーマットと拡張子を考慮して、ファイルの構造を分析し、ドキュメント内のアクティブコンテンツの有無を確認します。
このとき、アクティブコンテンツが不正かどうかを判断せずに存在の有無だけを判断します。分析の過程で、アクティブコンテンツが確認されると、その成分を除去した後、元の形式で組み替えて、安全なファイルをユーザーに送信します。

SaniTOXはCDR技術を使用してファイル内の実行可能なアクティブコンテンツ(マクロ、JavaScript、OLEオブジェクト)を根本的に除去した後、安全なファイルに組み替えて未知のセキュリティの脅威に対応するコンテンツ無害化ソリューションです。

SaniTOXはWeb APIを提供して、Webサーバーとの連動をサポートし、SMB、FTP、FTPSなどのファイルサーバとも簡単に連動することができます。単一のアプライアンス機器でさまざまなネットワークをサポートしている点が、サードパーティのソリューションと差別化ポイントです。

SaniTOXは、企業のニーズに応じて、アプライアンスやSDKなど様々な形に導入することができます。アプライアンスの場合、装置だけで様々な環境をカバーすることができ、低コスト、高効率のセキュリティ環境を構築することができます。

サイバーセキュリティの脅威は日増しに高度化されていますが、従来のセキュリティソリューションは、その変化の速度に十分対応できていません。進化するサイバー脅威に対抗するには「防御」より「予防」にセキュリティの観点を変えなければなりません。

あなたの文書ファイルは安全ですか?

SaniTOX Appliance製品の主な機能

1) ファイル無害化(CDR)及びアンチウイルス
- ドキュメントの構造解析による異常フォーマット検出
- ドキュメント内のアクティブコンテンツを完全削除
- ファイルの無害化後に安全なファイルとして提供
- アンチウイルスエンジンで既存脅威に対応

2) 様々な連動方法をサポート
- 連動に必要なインターフェイスを提供
- Webサーバ:API連動をサポート
- ファイルサーバ:FTP、SMB連動をサポート

3)柔軟なポリシー管理
- アンチウイルス、CDRエンジンの選択適用
- 無害化処理及び例外処理の通知設定
- Client中心のインバウンド/アウトバウンドフォルダ設定
- マルチ言語をサポート(日本語、英語、韓国語)

4) ログと統計レポート
- ファイル中心の処理統計を提供
- システムのパフォーマンス統計を提供
- CDRエンジンの処理レポートを提供
- セキュリティイベント及びシステム監査ログを提供

3つのポイント

1.
ファイル内の実行可能なアクティブコンテンツを根本的に除去

SaniTOXはCDR技術を使用してファイル内の実行可能なアクティブコンテンツ(マクロ、JavaScript、OLEオブジェクトなど)を根本的に除去した後、安全なファイルに組み替えて未知のセキュリティの脅威に対応する無害化ソリューションです。

2.
1台のアプライアンスで多様な連動が可能

SaniTOXはWeb APIを提供して、Webサーバーとの連動をサポートし、SMB、FTP、FTPSなどのファイルサーバとも簡単に連動することができます。
単一のアプライアンス機器でさまざまなネットワークをサポートしている点が、サードパーティのソリューションと差別化ポイントです。
また、企業のニーズに応じて、アプライアンスまたは、SDKを利用して導入することができます。

3.
卓越した処理性能と高いコストパフォーマンス

ファイル無害化製品の多くは、ファイルの構造を分析するより、提供されたAPIを利用しています。ファイルの構造分析には長年の経験とノウハウが必要です。
CDRエンジンの独自開発で、他社より5倍‐10倍の処理能力を誇ります(文書の構造が複雑さが増加すると、さらに処理速度の差が出ます)。
処理能力の高さにより、コストパフォーマンスが優れています。

資料

S3 0
SaniTOX カタログ
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

特長

機能・仕様
ウイルス/スパイウェア対策
未知の攻撃対策
動作の軽さ
推奨社員数
無料トライアル利用可能
無料プラン情報なし
モバイル
日本語対応利用可能
連携サービス

口コミ

まだ口コミはありません。

会社概要

会社名株式会社ブリッジーズ
代表者名
資本金
従業員規模2~10人
所在地東京都港区虎ノ門2-7-10
設立年月

その他のウイルス対策・不正アクセス対策のサービス

チェコ共和国発のフリーミアムの ウイルス対策ソフトになります。 個人及び中小企業向けには無料で利用できます。
世界で約4億人、日本で250万人に利用されている ドイツ発のウイルス対策ソフトです。
No.1セキュリティの「i-FILTER」と「m-FILTER」によるまったく新しいソリューションが、標的型攻撃を圧倒します。
トレンドマイクロ社が提供する 高い防御力と軽快さを実現するエンドポイントセキュリティ製品になります。
純国産のウイルス対策ソフトになります。 特に標的型攻撃対策に力を入れているエンドポイントセキュリティ製品です。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。