AppGuard(アップガード)

AppGuard(アップガード)

まだ評価はありません
最終更新日 2019-08-15

ゼロデイ攻撃・未知の攻撃から守る、新世代のサイバー攻撃対策

サービス資料
同じカテゴリのサービス
ウイルス対策・不正アクセス対策の資料10件分を同時に請求できます

説明

AppGuardは、不正なアプリの起動防止やマルウェアの侵入経路とするアプリケーションのプロセスを監視する事で、マルウェアの感染防止に特化した製品です。マルウェアを探し出して駆除する従来型製品とは違い、侵入されても感染させません。

3つのポイント

1.
「検知型」ではなく「OS Protect型(防御型)」製品

AppGuardは、従来のアンチウィルス製品のようにマルウェアを検知し駆除するのではなく、システムへの攻撃を防御する製品です。OSプロテクト型では、理論上OSまですり抜けてきた攻撃を防御可能です。すべての脅威に対して最終的に防御を行う製品であるため、OSを守る最終防衛ラインの位置づけになる製品です。

2.
特許技術の「自動継承」により簡易な設定で利用可能

特許技術“アイソレーションテクノロジー(Isolation Technology)”を用い、感染リスクの高いアプリケーションを起動時にコンテナ化し、プロセスの隔離・監視を行います。
従来型の製品では「マルウェアを探し出して駆除」を行う後追いため、対応が追い付かないのが現状ですが、AppGuardは従来型とは異なった「防御型」のため、未知・既知関係なくシステムを脅威より防御することが可能です。

3.
内閣サイバーセキュリティセンターガイドライン準拠製品

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、平成30年7月25日に「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」を更改しました。不正プログラム対策も明記されており、既知及び未知の不正プログラムの検知及びその実行の防止の機能を有するソフトウェアを導入することが基本対策事項となっています。
AppGuardは上述のNISCガイドラインに「単体製品」で準拠しております。

資料

S3 0
AppGuardカタログ
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

特長

機能・仕様
ウイルス/スパイウェア対策
未知の攻撃対策
動作の軽さ
推奨社員数
無料トライアル利用可能
無料プラン情報なし
モバイル
日本語対応利用可能
連携サービス

口コミ

まだ口コミはありません。

会社概要

会社名大興電子通信株式会社
代表者名松山 晃一郎
資本金19億69百万円
従業員規模501~1000人
所在地東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル
設立年月1953年12月

その他のウイルス対策・不正アクセス対策のサービス

チェコ共和国発のフリーミアムの ウイルス対策ソフトになります。 個人及び中小企業向けには無料で利用できます。
世界で約4億人、日本で250万人に利用されている ドイツ発のウイルス対策ソフトです。
ロシアが本社のセキュリティ会社、カペルスキーが提供する ウイルス対策ソフトになります
トレンドマイクロ社が提供する 高い防御力と軽快さを実現するエンドポイントセキュリティ製品になります。
DIT Security
まだ評価はありません
DIT Securityはエンタープライズ級のセキュリティ対策を安心の価格でご提供しています。 WAF,改ざん検知,IPS/IDS,UTM,エンドポイントセキュリティ,EDR,脆弱性診断など、あらゆるソリューションをご用意しております。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。